« ぽんかん | Main | 魔の薄暗埃地帯 »

December 27, 2003

ドンツ・ルック・バック

ドンツ・ルック・バック
 昨夜,東京は雪が降りました。この冬はじめてじゃないかな。 今は晴れているけれど,外は冷蔵庫のようです。ビールがよく冷える。今朝の新聞の一面にはイランで起きた地震の記事。その死者の数に愕然としてしまう。

 さて,写真は若かりし日のボブ・ディラン。ボブ・ディランの歌が好きです。飽きないね。 90年代に来日した折,数回コンサートにいった。連日の時もあった。 ディランのライブは毎日アレンジが違ったり,歌う歌が違うことで有名だ。 ぼくがいった時もそうだった。1曲目が前日とは違う。 どうも本人のその日の気分や体調で選曲がなされるよーだ。バックも大変だろう。 バンドの完成度も含め,こんなコトをやれるのはボブ・ディランぐらいではないかな,と思っている。
 タイトルにした『ドンツ・ルック・バック』(和訳すると“振り返らない”) というのは60年代に撮影されたドキュメント映画のタイトルです。この中でオープニングに歌われる「サブタレニアン・ホームシック・ブルース」の映像は必見ですゾ。(K)

|

« ぽんかん | Main | 魔の薄暗埃地帯 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1773/53017

Listed below are links to weblogs that reference ドンツ・ルック・バック:

« ぽんかん | Main | 魔の薄暗埃地帯 »