« ちゃぶ台の昭和 | Main | 太陽への旅路 »

January 18, 2004

梅ヶ枝餅

梅ヶ枝餅
 昨日は「大雪になる」という予報だった。なるほど寒かった。けれども雪と呼べるような降りにはならずオワリ。
 一夜明けた本日は快晴で,日光がなかなか暖かい一日だ。午前中行った近くの公園の梅の木に花が咲いていた。いっぱい咲いていたわけではないが,早熟なのがチラホラ,後発組は蕾みを大きく膨らませて今か今かと刻を待つ。といったふうであった。
 酒を飲むようになって甘いモノは敬遠ぎみだけれど,福岡は大宰府の銘菓? 梅ヶ枝餅(うめがえもち)は一回チャレンジしようかと思っている。どちらかというと思い出づくりだ。聞いた話しでは,梅ヶ枝餅一個でお腹が膨れるらしいのだがどうだろうか。 ♪梅ヶ枝餅をたべた… という歌詞の歌があったが,あれは“さだまさし”の歌ではなかったか。
 その公園の梅の花も来週はもっと咲くだろう。天候は,もうしばらくは「花寒」を繰り返すのでしょうが,春はすぐそこのようです。(K)

|

« ちゃぶ台の昭和 | Main | 太陽への旅路 »

Comments

梅ケ枝餅、確かに大宰府銘菓?です。
一個で腹が膨れるかどうかは人次第でしょうね。
参道脇の多くの土産物屋で売ってますが、長い行列の出来ている店とそうでも無い店があって、味が違うらしいけど、真相は良く分かりません。
大宰府は学業の神様ということで、受験生の参拝が多いので有名ですが、小子化で定員割れする学校も多い昨今でも、正月はやっぱり賑わっておりました。

Posted by: しゅうじ | January 19, 2004 at 12:59 PM

梅ヶ枝餅って食ったのかい? ナニ味? ショーユ? アンコ? してお味は?
大宰府のあの辺は来年国立博物館ができるね。東京,京都,奈良に続いて日本で四番目の国立博物館よ。ご存知でした?

Posted by: たはら | January 20, 2004 at 11:46 PM

大宰府に博物館出来ます。(よく知ってるね)
一緒に、JRの鹿児島本線の駅も出来るらしいです。
梅ヶ枝餅の味はねぇ、あんこです。(味があんこ?)
皮が独特でね、饅頭みたいに気泡が含まれた皮と、餅やお団子みたいにもっちりした皮の中間っぽい薄い皮ですね。
焼く前は(焼いてるんです客から見える店先で)何だろうあれは、生地の表面がパールホワイトっぽい色に輝いてるんです。
何なんだろ?
焼くときは、一個一個鉄製のうーんホットサンドメーカみたいな器具にはさんで焼いてます。

Posted by: しゅうじ | January 24, 2004 at 11:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1773/112907

Listed below are links to weblogs that reference 梅ヶ枝餅:

« ちゃぶ台の昭和 | Main | 太陽への旅路 »