« February 2004 | Main | April 2004 »

March 30, 2004

風車のある風景

風車のある風景
 東京から新幹線“はやて”に乗って3時間で八戸着。そこからバスで2時間ほど行くと風車が回っている風景がみられます。巨大な風車がくるくると回っている風景は壮観。羽ひとつの長さは30メートルあるので,直径60メートルの円周を3秒で回っている訳で意外にスピードは速い。バスの中からケータイでパチリ。後ろの山は八甲田連山。
 この風車からいくらも離れていないところに,核燃料のサイクル施設があります。原子力発電で発生した廃棄物や使用済みエネルギーを処理する施設です。どちらも化石燃料を使わないエネルギーながらイメージは随分違うものがあるでしょうね。イメージの違うものが近くに2つ。そのコントラストが面白かった。(F)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2004

愛しいしと

愛しいしと

 本日ようやく『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』を観てきました。かねてから,ふささん,(S)くんが言っていたように3時間と23分は長い。くたびれる。ちょっと指輪を放り込んでから長くないか?
 いちばん魅せられたのはゴラムの前身のオトコ(スメアゴル)が,ゴラムになりかけたときナマズを食う場面。いやあ肉のプリプリ感がリアルでした。
 不満足も少々。アニメのバビル2世にでてくる怪鳥ロプロスのような鳥のバケモノと,それに乗っている魔王(ナズグル)。その怪鳥ロプロスは剣の二振りで首がちょん切れてしまった。案外もろいのね。そして魔王。シリーズ1と2であれだけ脅威となり,威嚇しておきながら,女子どもに負けるとはなにごとか。弱すぎるんじゃあないか。おじさんは,もっと壮絶なタタカイが見たかったぞ。
 まあでも無事話しは完結したようだ。登場キャラの中で一番いいのはケイト・ブランシェットさん演ずるガラドリエル。あのソフトフォーカスがかかった画面の中での含み笑い。おそらく原作には「ふふふふふ」と書いてあることだろう。(K)

| | TrackBack (0)

« February 2004 | Main | April 2004 »