« おいでやす京都の晩飯問題 | Main | チックとタック »

September 12, 2004

キムチの語源

 日曜日の午後、久しぶりに散歩をした。散歩の途中で近所の焼肉屋を通りかかったとき、ウィンドウに陳列した「キムチ」が目に飛び込んできたのだった。

 最初のギモン、「何故キムチと言うのであるか」。

 家に帰ってインターネットで調べると「唐辛子が普及する17世紀までは、塩漬けの漬物が中心で、「沈菜」と呼ばれていたものがキムチの語源であるとされています。(沈菜は「チムチェ」というように読みます。)」とある。ほほう、恐らく韓国の「チムチェ」が訛って「キムチ」となったのだな、と納得。

 二つ目のギモン、「オイキムチ」の「オイ」とは何か?

 「オイキムチ」はご存知であろう、胡瓜のキムチだ。しかし、なぜ「オイ」なのかがよくわからないのだ。これも家に帰ってインターネットで調べると、なんのことはない韓国で胡瓜のことを「オイ」を呼ぶんだそうだ、知ってたかい。胡瓜が二本で「オイオイ」になるな。

 ん~、なんか白いメシが食いたくなったぞ。(K)

|

« おいでやす京都の晩飯問題 | Main | チックとタック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1773/1419227

Listed below are links to weblogs that reference キムチの語源:

« おいでやす京都の晩飯問題 | Main | チックとタック »