« 稲作漁労民として生きる | Main | 浅い眠り »

October 02, 2005

エコプロ始動

 今年もエコプロダクツ展(エコプロ)がやってくる。これは毎年12月に東京はビッグサイトで催されている環境展だ。
仕事柄、第1回の開催から展示内容をみてきたが、年々規模は大きく、また内容は一般向けになっている。

 昨年から縁あってエコプロに出展者側としてかかわることになった。その一環として、高校生に環境教育なるものを授業する機会にも恵まれた。↓
http://homepage3.nifty.com/inmylife/seikatsu/jugyou.html

 今年は早くから取り掛かったものの、テーマを何にしようかとか、いろいろ気を揉むばかりでなかなか進まなかったのであるが、リーダーの方の統率力のおかげか、本日の打ち合わせで随分、前進したように思う。

 昨年に引き続き、買い物をする時のマイルールに「環境の視点」を取り入れることを高校生に伝えることになった。なにしろ学生時代はお金がない。あってもケータイや食べ物、化粧品なのに化けるのだから、日用品や文房具に「環境配慮したものを買おう!」なんて視点はフツーもっていない。

 そんな彼らに「買い物をする時には、リデュース、リユース、リサイクルを考えるンだよ。」などと言う話しを眠らないような、無視されないような授業をしなくてはいけない。授業まであと2ヶ月。また今年も前進あるのみ!(F)

|

« 稲作漁労民として生きる | Main | 浅い眠り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1773/6219436

Listed below are links to weblogs that reference エコプロ始動:

» 弁当箱もリユース [娑婆に出る]
早稲田大学(東京都新宿区)の学生たちが、大学構内で毎日大量に出る弁当箱のごみを減らそうと、近くの弁当店や飲食店の協力を得て、洗えば何度でも使える「リユース弁当箱」を流通させる実験をしている。リサイクルよりも一歩進んだ取り組みで、学生らは「大学で食べられる....... [Read More]

Tracked on November 01, 2005 at 05:55 AM

« 稲作漁労民として生きる | Main | 浅い眠り »