« 本日はENEXへ | Main | ちょっと贅沢してしまった »

February 03, 2006

二百年の子供

200  大江健三郎のしかも少し難しい部類を本を続けて読んだ。あんまり難しいのが続いたので、ちょっとめげそうになったところで、この本に出会った。ファンタジー。大江氏の本は初期の短編くらいしか読んでいなく、たまたま別の本の書評を日経新聞で読んだ。面白そうなので・・・と思って「取替え子」を読むと氏の義理の兄である伊丹十三監督のことが書かれていて、一気に引き込まれてしまった。次に「憂い顔の童子」を読む。

 ところが氏の本は難しい。両方とも図書館の本なので延長を申し込んでようやく読んだ。だから、この本を手にとったところ正直いってほっとした。今度も難しかったら途中で投げちゃうかも・・・と心配していたから。

 大江氏の本には大きな特徴がある。自分や家族のことや本当にあった出来事があちこちに登場する。しかし、それらは事実ではなく明らかに小説となっているのだが、読者は小説であることを忘れて大江氏やその家族のことを小説の登場人物を重ねてしまう。この本もそう。

 「3人組」が木のうろで眠り、「夢を見る人」と呼ばれるタイムマシンで過去へ行く。私にはとても小説とは思えない。この本を読んで木のうろを探しだす「昔、子供だった大人」が大勢出てくるのではないか? 私もその一人になってしまった。 子供向けに書いたという 『「自分の木」に下で』 を読んでから読むとさらにいい。 あっ、3部作の残りも読まなくちゃ・・・。

|

« 本日はENEXへ | Main | ちょっと贅沢してしまった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1773/8486121

Listed below are links to weblogs that reference 二百年の子供:

« 本日はENEXへ | Main | ちょっと贅沢してしまった »