« 中一最後の保護者会 | Main | 初めてのディズニー・シー »

March 22, 2006

綾瀬川の悲しみ

ayase  個人会員になっている 「環境文明21」 の会報が届いた。パラパラと読んでいると、 ”データで見る持続可能な社会 ~昭和40年頃と現在の比較~”  という特集が目に入った。

 水質ワースト河川の第一位として、私の勤務先付近を流れる 「綾瀬川」 が40年前と現在の両方に載っている。ただし、水質は随分改善されていた。40年前はBOD値(生物的酸素要求量) 55mg/L、現在は5.7mg/Lであるという。数値が大きいほど水質が汚れている。イメージとしてはもっと汚い気がするが、40年前は今よりもっと汚れていたのか…。

 先日は市の説明会で大気汚染と水質汚染の資料をもらった。これがまたひどい。会社近くの公園で測定した大気は有害物質の基準を超えているし、水質データでは川の底にダイオキシンがたまっているというデータだった。公園で子供を遊ばせている親は顔が青くなるだろうし、うっかり、川に落ちたりしたら溺れるよりも気分が悪い気がする。

 ここ数日、強い風が吹き、汚れた大気が飛ばされて通勤電車から見る富士山がきれいだ。私がここに越してきた頃に比べると1年間の内で、富士山が見える日が増えているように思う。少しずつ空気はきれいになったようだけど、データで見るとまだまだなンだな。

|

« 中一最後の保護者会 | Main | 初めてのディズニー・シー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1773/9193117

Listed below are links to weblogs that reference 綾瀬川の悲しみ:

« 中一最後の保護者会 | Main | 初めてのディズニー・シー »