« ドル建保険 | Main | 久々の眼科 »

March 14, 2006

外来語の言い換え

 本日3月14日付けの日経新聞に載っていたネタ。外来語35語を日本語に言い換えた、というもの。ドナーとかトラウマ、リバウンドに混じって 「リデュース」 や 「リユース」 も日本語言い換えの対照になっていた。

 リデュースは「ごみ発生抑制」、リユースは 「再使用」 。どちらも4人中1人未満の人しか外来語の意味がわからない言葉として位置づけられていた。そうなのかな。最近は普及してきたようなに思うのだが。

 試しに次男ガクに聞いてみた。 「リデュースって分かる?」 「しらない」 、 「リユースって知ってる?」 「しらない」 。 むむむ、じゃぁ 「トラウマは?」 、 「バイオテクノロジーは?」 、 「サプリメントは?」 。4人中3人が外来語の意味が分かると答えた言葉だが、ガクには難しすぎた。

 消費生活アドバイザーの組織で学校教育を行っているので、その活動に参加している。そこでは、廃棄物について説明するときに 「3R」 というリデュース、リユース、リサイクルというRで始まる3つの言葉から説明することがある。 「ごみの発生抑制から考えよう!」 と言うのでは、なんとなく言葉がしまらないなぁ。

|

« ドル建保険 | Main | 久々の眼科 »

Comments

3Rは、Recycle,Reduce,Reuse
ですかね。

漢字社会で活きてきた年配には、
リサイクルと“カタカナ”表示するよりも、「廃棄物再利用」と漢字で表記した方が、右脳に直接視覚で伝わり分かり易いね。
カタカナ表記の理解は、左脳を使い基の英語の意味を覚えていないと、正解を引き出せない?

でも、Reduceは漢字で表現すると、減少・変化・抑制、何が正解なんでしょうかね?

正解は、希恵剤産業省のHPにありました_
http://www.meti.go.jp/policy/recycle/
でも、役人・政治家は何で英語表記にこだわるのか、不思議だ!

Posted by: sugi | March 16, 2006 at 04:11 AM

確かに漢字ってイメージ掴めますよね。

仕事でたまーに英語で調査依頼がきたりします(日本語で書け!って思いますが)。

併記して中国語も書いてあることがあって、中国語もわからないけど、漢字だからなんとなく意味がわかって面白いです。

Posted by: ふさ | March 16, 2006 at 07:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1773/9089896

Listed below are links to weblogs that reference 外来語の言い換え:

» 再使用 [環境用語]
再使用再使用(さいしよう)は、一度使用された製品を、そのまま、もしくは製品のあるモジュール(部品)をそのまま再利用することをいう環境用語である。リユー''ス'' (''Reuse'')ともいう。(リユー''ズ''ではない)従来から、家族内や知人内での製品のお下がりや、地域内での不要品のバザー、あるい...... [Read More]

Tracked on April 05, 2006 at 03:39 PM

« ドル建保険 | Main | 久々の眼科 »