« すぐそこにある危機 | Main | 焼肉屋おんどるぱん »

April 17, 2006

月曜日は鬼門

Okasi  月曜日になると次男ガクの機嫌が悪くなる…ということを以前、書いた。それからは 『月曜』 は注意しようと気を付けていたせいか、 『月曜』 だからと言った 「理由なき反抗」 は少なくなっていた。それが落とし穴。

 朝、出かける10分前のこと。「お母さん、きゅうしょく袋は?」 と言う。私は給食の白衣のことかと思い、ドキッとした。洗濯をした覚えがないからだ。しかし、よくよく聞いてみると、給食を食べるときに机の上に敷くナプキンと手拭きが入った小袋のことを言っている。

 そうだ、日曜日に洗濯するのを忘れていた。「ごめん、ごめん、別のがあるから、こっちにしてね。」 と言うと、  「やだぁ!☆※△!」 言う。しかも足をジタバタさせて 「やだぁ!!!!」 と来た。 『月曜』 だもんね…。

 その日は夜になってもガクの ヤダヤダ が続いていた。いい加減呆れた私は、 「誰か、お買い物に行ってくれる?」 と矛先を変えてみた。 するとガクが行くと言う。夜なので長男にお金を渡して 「はい、コレでお塩を買ってきて。残ったら、二人でお菓子買っていいから。」 と言った。

 お使いから帰ると駄菓子を買ってガクの機嫌は直っていた。昔読んだ育児書に、”子供がぐずっている時は他のことに気をそらせるといい” っというのがあった。ガクには未だに通用する手だ。この4月で小学4年生になったヤツだが、ガクとの闘いはまだまだ続くのであった。

 

|

« すぐそこにある危機 | Main | 焼肉屋おんどるぱん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1773/9576485

Listed below are links to weblogs that reference 月曜日は鬼門:

« すぐそこにある危機 | Main | 焼肉屋おんどるぱん »