« 「PRTRを読む学習会」行ってきました | Main | 「デイ・アフター・トゥモロー」を検証 »

April 24, 2006

映画「プロデューサーズ」

Produsers  ミュージカル映画ながら、好きな俳優さんが出ていない上に、苦手な俳優さん (ウィル・フェレル) が出ているので見るのをためらっていた。すると職場の人が 「プロデューサーズよかったよぉ。」 と言う。「ミュージカルシーンもいいし、笑いのシーンもあるし…」。 おおぅ、そうなのか、ではやっぱり見に行こう! っと勇んで出かけた日曜の午後。

 がーん! 後半1/3近く、うとうと寝てしまった! ミュージカルなのにテンポが良くないのと、英語のギャグが私には理解できないのか笑えない…。うううぅ、当日券を買って見に行ったのに悔しい。でも最優秀作品賞 (ミュージカル/コメディー部門) を取っているくらいだから、見る人が見れば面白い映画なのだろうが…。

 良かったのは映画の中盤、劇中劇の 『春の日のヒトラー』 シーンと、演出家の愛人カルメン・ギア役のロジャー・バート。この人のオカマさんぶりは印象的。本当にこういう人なのかなぁ。確か、映画 『ステップフォード・ワイフ』 でもゲイの役だったなぁ。

 

|

« 「PRTRを読む学習会」行ってきました | Main | 「デイ・アフター・トゥモロー」を検証 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1773/9749653

Listed below are links to weblogs that reference 映画「プロデューサーズ」:

« 「PRTRを読む学習会」行ってきました | Main | 「デイ・アフター・トゥモロー」を検証 »