« June 2006 | Main | August 2006 »

July 31, 2006

便利グッズ

Souji  これなぁんだ。答えは掃除用のお便利グッズ。トイレの返しの部分や洗面台の汚れの取り難いところを掃除する道具です。生協で買ってみたら案外いい。

 20cm程度の棒の先に小さなスポンジがついていて、ここがサンドペーパーのようになっている。ここでゴシゴシと狭いところを磨くと汚れが良く取れるのです。洗剤いらずでマルです。

 水周りはカビが生えやすい。うちのようにマンションは、水を使うところに窓がないことが多いので、あっという間に汚れとカビが広がってしまう。毎日、マメに掃除をしていればいいのでしょうけど…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2006

不忍池のハス

Hasu1  東京国立博物館へ行った帰りに上野不忍池へ。お目当てはハスだけど午後だったし、時期が遅くてまたしても見逃してしまった。

Hasu2  一度だけほぼ満開のときに偶然、通ったことがあった。本当に仏様がやってきそうなきれいな花です。

 ピンクの大きなつぼみがまだいくつかありました。朝ならもっと素敵だったでしょう。来年こそは…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2006

夏休みの宿題は「東京国立博物館へ」

Kani  中2長男シュンが社会科の宿題として 「博物館新聞」 なるものを作ることになった。東京近郊には博物館と名の付くところはたくさんある。どこにしようかなぁ、っとネットで調べて結局上野の 「東京国立博物館」 に行くことにした。近場狙いってヤツだな。

 9時半開館をねらって出かけると、特別展は繁盛しているが常設展の方はなかなか空いている。展示室によっては私達だけ、という時もあり贅沢な気分を満喫した。おまけにフラッシュ無しなら写真もOKという展示物も多く、ケータイでぱしゃぱしゃ撮った。

Butuzou シュンは宿題とあって仏像をスケッチしたりメモしたりしていたが、小4の次男ガクには少々難しく、広い館内をあちこち走り回ることもあり、注意することたびたび。結局、ガクが一番気に入ったのは、法隆寺宝物館だった。ここは入り口のところが広く人口池になっている。博物館の中は寒い、寒いといって外に出て解凍されていた。

 せっかく来たのだからと法隆寺宝物館内のレストランで食事。美味しいが高い。高いが美味しい、けど高い。525円もするコーラとオレンジジュースまで注文されてしまった…。母は水で我慢…。水筒持参だし。朝早く出かけると家に着いても3時前だ。一休みして宿題片付けて…ってガクはゲームに夢中だ。日記に書きたい一日になったかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2006

数学はゲーム感覚か?

Taisanboku  先日、長男の塾から 「コミュニケーション・コール」 という電話がかかってきた。数学クラスでの初の試みらしい。初めてのことなのであらかじめ長男に 「何か分からないところはあるの?」 っと聞くと 「一次関数のグラフで面積とかだすヤツかなぁ。」 っと言う。

 最近のテスト結果をみると、そっくり間違っている。 「ところで一次関数って何か分かるの? グラフは書けるの?」 っと聞くと 「わかんない。」 とのこと。それじゃぁ、分かんないよね…。塾からのコールにその旨伝えると、意外にも 「それは分からなくても問題は解けますよ。大丈夫です。」 と言う。ええ!そういうことでいいの!?

 夫がちょうど帰宅したので分からなかった問題を長男に解説してもらった。夫にも 「この子さぁ、一次関数の意味分かってないからね。そこんとこ基礎から教えてね。」 と頼んだが、結局、長男は解きかただけ教わって満足している。

 「意味分からなくても、与えられた数字を当てはめていけば解けるんだよ。ゲームみたいで面白いだろ。」っと夫まで塾の先生と同じことを言う。長男も問題が解けてスッキリした顔をしている…。

 私は数学は苦手だ。理解できないとそこで止まってしまう。ナンダ、基礎にこだわって立ち止まっているより、ゲーム感覚でドンドン解いた方がいいってことか? なんか釈然としない気持ちが残ったが、立ち止まって進まないより、面白がって前に進んだ方がいいってことかなぁ(写真は大師に咲くタイサンボクの花)。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

July 25, 2006

夏休みはラジオ体操

Rajio  子供に付き合って朝6:30からのラジオ体操に参加。この頃、公園育児をしなくなったので、近所の公園に行くのは久しぶり。

Rajio1 定刻に行くと、パラパラと人が集まってきた。夏休みと言っても梅雨が明けておらず天気はくもり。今にも泣き出しそうな天気。ここは木の多い公園で、春は梅、5月は緑が嬉しいところ。

 久々の公園は梅雨模様でうっそうとした緑。ここでみんなでラジオ体操。とはいっても毎日会社で仕事前にラジオ体操をしているのだけどね。明日も天気がよければ長男も誘って行って見よう。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

夏休み恒例、読書感想文

Kirigirisu  長男、次男とも夏休みに突入した。夏休みと言えばお弁当…。長期休暇は嫌いだ…。っと言っても仕方ない。夏休みは来てしまった。

 夏休みと言えば 「読書感想文」。長男シュンは本好きだし、文章を書くのも苦手ではないハズなのだが、読書感想文となるといつも 「なんか短い本ない?」 っと言う。しかも 「オレ、今年は ”蜘蛛の糸” にしようかなぁ。」 っと言う。 ”蜘蛛の糸” ってアナタ…。

 そこで中2向けの本を本棚から探した。長い短いに係わらず、好きな本を選べばいいと思うのだが、ヤツはそうではないらしい。 「長いけど、あさのあつこの ”バッテリー” なんて夏らしくていいじゃない?」 っと言うと 「オレ青春系じゃないから…」 っとアッサリ言う。

 「大江健三郎の短編はチョット不思議で面白いよ。」 とか 「井伏鱒二の ”山椒魚” なんて読書感想文っぽいじゃない?」 っと勧めるがあまり気乗りしない様子。 「じゃぁ、太宰治の短編にすれば。 ”畜犬談” を読めば動物苦手なお母さんの気持ちが分かるよ。」 っと短編集 ”きりぎりす” を勧めたところ、案外手にとって読み始めた。

 読み始めると 「お母さんって犬嫌いなの?なんで?」 、「嫌いじゃないの。苦手なの!」 という会話が始まった。こうやって本の話を子供とできることはとても嬉しい。中2の夏に太宰か…。なかなかシブイ少年時代になりそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2006

水筒の威力

Suitou  勤務先に持っていく水筒を購入した。毎日水を2リットル飲もうと思っているので(お茶やコーヒー以外に)、この頃はペットボトルを ”リユース” して水を会社に持って行き飲んでいた。

 だけどコーヒー好きなのでぬるい水では飽きてしまって、ついつい割高な一包装のコーヒーを買ったり、缶コーヒーを買ってしまうことがあり、これではいかん! っと生活を改めることにした。

 そこで水筒! 最近、水筒の種類が多い。近所の店に行くと大きいのから小さいのからいっぱいあってデザインも豊富。あれこれ物色していると、350mlで780円也という保温タイプの水筒があった。持ってみると軽い。

 しかしレジ近くに450mlで1980円と少々高めながら保温性の更によいタイプの物があった。むむむ…っとお財布と相談したが、なんとか買ってしまった。ちょっと嬉しいゾ。

 翌日会社にブラックのホットコーヒーを入れて持っていって飲むと、びっくりするほど熱い。保温性がいい。これなら冷たい水を持っていっても冷たいまま飲めるだろう。何かと出かけることが多くて、ついつい出先で飲み物を買うことがあるが、しばらくは水筒持参のつもり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2006

ビーチボール・バレー大会優勝!

Beach  朝8時に家を出て、帰宅したのは夕方の4時半…。貴重な休日が一日無くなってしまった。 「ビーチボール・バレー大会優勝!」 とは言っても私が参加した訳ではなくて、地域で主催している親子のふれあいを目的とした大会に次男ガクが 「子ども会」 から参加した。

 我が 「子ども会」 は運動会でもドッチボール大会でも毎度、参加人数が少なくてチームを作るだけで大変。ビーチボールバレーは1チーム4人なので、なんとか3チーム作って参加した。チーム名は男の子チームの ”イーグルス” 、 ”ファイターズ” 。 女の子チームの ”クローバーズ” だった。ガクは ”ファイターズ” という 「男子弱い子チーム」 で出場した。

Beach1  結果は1勝2敗で残念ながら予選落ち。だが、 「男子強い子チーム」 の ”イーグルス” が優勝し、ナント2連覇してしまった。去年は日程が合わず参加できなかったが、今年は応援に燃えた! 応援とはいえ盛り上がったなぁ。

 来年はガクも5年生になり ”男子強い子チーム” に入るのが順当なのだが、なかなかどうしてかなり怪しい腕前だ。来年は春から公園で密かに親子で特訓しようかと考えている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2006

郵便局の投資信託

Tousisintaku  子供の 「学資保険」 を払いに郵便局に行くと ”ますますわかりやすい投資信託ガイド” というパンフレットがあった。遊んでいるお金はないが、「投資」っていうのをやってみたいなぁ、っと思う。お金に縁がないからね。

 「株式投資」も興味はあるけど株が上がった下がったで一喜一憂するのはイヤだし、臆病者なので決心がつかないし、しかもお金がないのでなかなか動かない。

 そこで 「投資信託」 ならば…っというわけ。しかも信託銀行と違って郵便局なら敷居が低い。「投資信託」 というのは ”経済や投資に詳しい専門家をじて、自分のお金をしちゃう” というもの。自分の代わりに専門家がお金を運用してくれるというもの。

 但し、いいことばかりではなくてお金が増える可能性がある一方で、減ってしまう(元本割れ)こともあるので要注意。でも1万円から始められるし、いろんな種類の 「投資信託」 を選べるからリスクも減らせそう。

 まぁ、こういうリスクばかり気にして動かない人は 「投資」 はやめた方いいかもね…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2006

DVD「ファイナルカット」

 映画を作る人やテレビを作る人だけが思いつくような映画だなぁ、というのが感想。こういうアイデアはすごい。

 時は近未来。20人に1人が脳に小さなチップを埋め込まれ、自分の一生を記録する。死後はチップの編集者(カッター)により、自分の一生を編集されお葬式に追悼用の映像が甦る。良い人も悪い人もカッターの手腕により人生の最後が変わってしまうことになる…。

 カッター役のロビン・ウィリアムズ目当てに見た1本。膨大な人の一生を記録したチップを機械のような正確さと編集能力とセンスで1本の映像として作り上げてしまうなんて…。自分の一生を他人が編集したらどんな映像になるのだろうなぁ、っと考えながら見た。たった一つの場面からストーリーを作り出すことの怖さとすごさ。センスのいい人に編集してもらいたいなぁ。

 この映画の前半と中盤部分が最後まで続けばもっと面白くなっていたと思うのだが、最後が意外にあっけなかった。それにしても26歳にしてこういう映画を作ってしまうオマール・ナイーム監督はセンスがいいな。次回作が楽しみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2006

公立中学校にもエアコン導入

Gakubou    次男の個人面談が終わったその足で、長男の三者面談へ向かった。面談の時期は小学校も中学校も重なっており、同じ週に何度も休めないので前もって先生に日程の指定をさせてもらっている。今年は、日程はうまく重なったのだが、時間まで重なってしまい 「ママ仲間」 に時間を交換してもらった。感謝!!

 長男の通う公立の中学にも今年ようやくエアコンが入った! 私の中学時代よりも確実に気温は高くなっているし、東京はヒートアイランド現象で更に暑い。そこへエネルギーいっぱいの中学生が40人も同じ部屋に詰め込まれていれば、さぞ暑かろう。

 面談に行って教室に通されると涼しい! これくらい涼しければ夏休み前後もなんとかしのげるだろう。よかった、よかった。公立の古い学校はとにかく設備がお粗末で悲しい。壁や廊下の補修などは、まるでモザイク模様のようで見ていて痛々しい…。都心の企業の贅沢さを公立の学校におすそ分けして欲しいくらいだ。

 長男に 「エアコン入ってよかったねぇ。」 と言うと 「今日は3人だから涼しいけど普段はダメだ。28℃の設定じゃ、全然涼しくないよ!」 っとバッサリ。  「除湿の設定はないの? 湿度を下げると相当違うよ…」 と言うと  「そういえば、そういう設定もあった…。でも28℃じゃなぁ…。」 とウンザリした様子。

 それにしても生徒が1000人いる中学で一斉にエアコンをつけると、その周辺は更に暑くなるのではないだろうか…。暑いからエアコンをつけて、また周囲が暑くなる。堂々巡りのような気もするなぁ(写真は夏の学帽)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2006

小4おすすめの本

Osusume  小学4年生、次男ガクの個人面談に行ってきた。彼は生きる力は強いと思うのだが、いろいろ ”学校的” に見ると問題がありそうなので、個人面談は少々不安。

たまにしか学校に行く機会がないので、早く着いた時間を使って廊下に貼り出している掲示物をみる。これが楽しみ。作文や絵が貼ってあるので、一つ一つ見るのだが、皆、個性があって楽しい。

 今回のテーマは 「おすすめの本」 。なかなか本を読まないガクなので、友達からのおすすめの本なら読む気になるかもしれないなぁ…っと思いながら端から読んでいった。みんな、なかなか面白い本を読んでいる。

 『ゆめからゆめんぼ』、『名門フライドチキン シリーズ』、『11ぴきのねことへんなねこ』、『ウェーズレーの国』、『きつねのまいもん屋』、『Good Luck』 など等…。私も読みたくなるような面白そうな本がいっぱい。

 いつも夏休み前に学校から紹介される本は、いい本なのだろうけど、あんまり子供は反応しない。ガクに 「どれか図書館でかりようか?」 っというと 「 ゆめからゆめんぼ とぉ 11ぴきのねことへんなねこ  がいい!」 と言う。 しめしめ作戦成功! さっそく図書館で借りてくるとナント自分から読んでいる。少しずつ本を読んでくれるといいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2006

更新講座終わる…

Orinpikku  消費生活アドバイザーの更新講座が終わった。受講票が行方不明だった初日から4つの講座を受けて、今年の分は終わった! 遠いけど会場である代々木のオリンピック青少年センターは好きな場所だ。またしばらく行かないと思うとチョイト寂しい。夏休みに子供と行こうかな。

 今年受講した講座は「特定商取引法、個人情報等の状況」、「最近の金融問題と消費生活」、「消費者志向経営の在り方」、「食品の安全性と食品表示をめぐる動向」の4つ。どれも興味深いテーマばかりだった。

 内容を振り返ると 「特定商法…」 と 「消費者志向…」 の二つが特によかった。内容云々よりも講師の方々の話しっぷりが興味を左右する場合が多い。私も時折人前で話しをしなくてはいけないことがあり、 「こうやってツカミをとるのか…」 とか 「こうやってジェスチャーを交えると聴き手は飽きないな」 などと手前勝手な考えて聴いていた。

 規定では5年間で4つの講座を受けると消費生活アドバイザーの更新ができることになっている。だけど、5年も経てば少なくとも法律は相当改定があるハズ。これで更新していいのかな、って気もする。来年も選り好みして受講しなくては…。(写真はオリンピック青少年センター

| | Comments (2) | TrackBack (1)

July 16, 2006

DVD「プライマー」

 これは中毒になる映画かも。ストーリーは面白いし、理解したような気がするのだけど、見逃しているような気がして見直す。すると、さらに見逃しているところに気がつく。そしてまた見る。これは時間のあるときに何度でも見返したくなる。

 アーロンとエイブは仲間4人とオリジナル製品の開発を行うエンジニア。なかなかビジネスに結びつかないが、エイブがこれまでにない装置を思いつく。そして仲間の反対を押し切ってアーロンとエイブが実験を繰り返すうちに、タイムトラベル装置を作り出してしまった。二人は過去に戻り株で大儲けを試みるが、少しずつ未来が、そして自分達の肉体に変化が現れる…。

 こういうタイムトラベルものは大好きなのでついつい見てしまうが、これはとっても不思議な映画。サラリーマンスタイルの二人が素人には理解できない専門用語で発明を続け、いつの間にやらタイムマシンが出来上がってしまう。

 過去に何度でも戻り自分達が変えてしまった未来を修正しようとするが、少しずつ未来はずれていく。そしてまた過去に戻り修正する。アーロンとエイブは何度過去へ戻り同じ時間を繰り返したのか。タイムトラベル物の映画としてはパラドックスの極致とも言えるのではないか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2006

FPのスクーリングに行ってきました

Dentaku  すっかりメゲ気分のFP(ファイナンシャル・プランナー)のスクーリングに行ってきた。本当は 「教育給付金付講座」 を受けている人のためのスクーリングなのだけど、サービス(?)で、フツーの通信講座の人も 「無料」 で受けられるというのでイソイソと参加。 「無料」 に弱いなぁ。 

 しかし平日の夜7時からというのはツライ。勤務先から会場の代々木まで1時間半。結局、食事を摂る時間もなく“充実野菜”を飲んでの受講。“栄養ドリンク”の方がよかったかも。

 会場には若い人から白髪頭の人、男性も女性もいっぱいで、みんな大きな電卓を机において難しそうな顔をしている。先日コンビニで買った小さめの電卓をオズオズと机においてイザ開始。

 講座の対象者は勉強を始めたばかりの人、もうすぐ試験という人、中には受かったばかり!という人もいて、私の予想していた 「試験直前対策講座!」 という内容ではなかったけれど役に立った。それに同じ志を持つ人に触れるとなんとなく励まされるもの。

 「過去問題は、少なくとも3回は解いてくださいね。」 とか 「電卓は大きくて、使い慣れたモノにしてくださいね。」 などという注意を改めて聞くと“消費生活アドバイザー”の試験前のことを思い出す。そうだ、がんばったよなぁ。頑張れば何とかなるンだよなぁって思い起こす。よーし、元気を出してせいぜい頑張ろう…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2006

ポティロンの村へ行ってきました

Potiron1  夫の勤務先主催で茨城県にある「ポティロンの村」に一家総出で行ってきました。朝6時半に家を出て集合場所に出向いたので疲れたぁ。でも久しぶりの家族レクレーションで楽しかった。

Potiron2_1  渋滞に巻き込まれて現地到着が1時間遅れてしまったので、あまりゆっくりはできなかったけど、既に到着しただけで疲れがでていたのでちょうどよかったかも。

 着いてさっそくソーセージ作り。ボールに挽肉とスパイス、氷を入れて手でこね、こね…。お肉を器具に詰めて羊の腸につめ、つめ、つめ…。続いていい大きさにねじって出来上がり。後は私達がバーベキューを食べながら出来上がるのを待つばかり。

 ところが 「お持ち帰りはできません。」 とのことで、バーベキューでお腹いっぱいのところへ、出来立てのソーセージを焼いて食べるとのこと!! 子供らは 「ごちそうさまぁ…」 っと言って逃げてしまった。後に残った大人たちでモグ、モグ、モグ…。ビールと一緒にたべるとウマイ!

 会社から支給された当日限りのクーポン券でお土産をたんまり買ってイザ帰路へ。帰りのバスでは誰もが熟睡。子供達はトイレ休憩にも起きずに眠り続けたのであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2006

職場で環境教育

Yoyogikouen4  本日は職場で営業部門を対象に 「環境教育」 。仕事の中でも、こういう仕事は楽しい。パワーポイントで資料を作っていると、だんだん乗ってくる。受講者の居眠り防止に写真をあれこれ載せたりしているうちに、ファイルが5メガになってしまった。いかん、いかん。

 職場で環境の話をするときに難しい点は、 「環境をよくしよう!」 、とか 「青い空を後世に残そう!」 、とか 「きれいな水を守ろう!」 とか言ってもリアクションが少ないところだ。 「で、我らとどういう関係があるの?」 って顔をされたり、 「それで儲かるの?」 って顔をされるともっとツライ。

 そこで 「環境や法規制はビジネスチャンスなんです!」 っという言い方をする。そうすると案外くらいつく。本日は東京タワーのお色直しを例にとった。他社の取り組みや既に環境を 「売り」 にしている企業の例なんかを挙げると、ようやく 「我らもやらねば・・・」という顔になる。遅いンだけどねぇ、それじゃぁ。

 それでも聴いてくれた人の中から、仕事だけでなく実生活でも 「環境を大事に!」 と考える人はいるに違いないと思う。そういうのが仕事と言えども私の狙い、いや願い。そういえば、みんなで受講後のアンケート書いてたな。通信簿を見るようでコワイけど嬉しい(写真は代々木公園)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2006

13年ぶりのカラオケ

 我が家では家族の誕生会は休日にずらして行っている。平日は夫の帰りが遅いし、私もバタバタと忙しいので、子供らが小さい頃からそうしている。

 今月は私の誕生日。 「何か欲しいものある?」 と聞かれたので 「欲しいものはないから、みんなでカラオケに行きたい!」 っとリクエストした。子供が生まれてからカラオケボックスに行ったことがない。

 別に歌がウマイ訳でもないし、特別カラオケが好きだと言う訳ではないのだけど、たまに家族で行くボーリング場にカラオケボックスも併設しているので 「行ってみたいなぁ…」 っと思っていた。

 さて13年ぶりのカラオケは楽しかった! 聴くのは好きだが歌うのが苦手な長男は 「オレ人前で歌いたくないなぁ・・・」 とごねていたのだが 「大丈夫! 誰も聞いてないから!」 の言葉どおり、私はずっと歌うか食べるか選曲するかで彼らの歌は殆ど聴いていない状態だった。

 あっという間に2時間が過ぎ、初の 「家族カラオケ大会」 は終わった。新しい歌は知らないので、ほとんど 「懐メロとアニメソング」 ばかり歌っていた。子供らも結構楽しかったらしく、次に歌う歌を考えている様子。私も次の機会のために新しい歌も仕入れておこう…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2006

代々木公園で一休み

Yoyogi1  消費アドバイザーの更新講座会場近くに代々木公園がある。いつもここを通るたびに会場でなく、中に入って一休みしたくなるのだけどたいてい時間がない。

 けれど少し早く家を出ると以外にも時間ができたので、さっそく中へ。 わー、広い! それに朝9時なのであまり人もいない。犬の散歩をしている人、ジョギングをしている人。サイクリングをしている人。ここの公園は、代々木オリンピック研修場が近いこともあり、 「何か」 している人が多い。

Yoyogi2 「何もしない」でてくてく歩き、小さなバラ園を発見。振り向くと遠くに噴水がある。ついつい、公園というと噴水を作ってしまうのだなぁ…っと少しおかしくなったが、なかなかきれいで大きな噴水だった。

Yoyogi3  ベンチに腰掛けてしばし休憩。そうだ、更新講座にいかなくちゃ。来た道を逆にたどり公園を出て会場に向かう。そうして、受付で「受講票」がないことを告げて名簿に名前を探すところから始まる…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2006

またまた失敗・・・

Kousinkouza  この頃、また予定をいっぱい詰め込むようになってしまった。土日、両方予定を入れるのは止めよう…っと思いながらもついつい予定を入れてしまう。

 セミナーやら勉強会やら興味のあるものや出ないといけないものが会社含めていろいろあると、今日はどのセミナーだったかな…っとヒドイ状況になる。今日もそう。

 本日は消費生活アドバイザーの更新講座。でも 「受講票」 の存在は頭の片隅にもない。講座費用を払うところ以降の記憶がない。 「電卓がいるんだっけ?」 、 「違う、それはFMEA(TS16949がらみ)の講座だ!」 ってな具合。

 結局、スケジュール表に書き込んでオーバーブッキングしないように管理するのが精一杯になった。ここに、長男の学校の予定と塾の予定、次男の学校の予定と塾の予定が入るから既にお手上げだ!!

 セミナー会場に着いて受講票がないこと告げ、名簿を見てようやく自分の受ける講座が分かった。「”最近の消費者関連法規の動き” そうだった、そうだった。」 ところで、明日の講座はなんだっけ…。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »