« 水筒の威力 | Main | 夏休みはラジオ体操 »

July 25, 2006

夏休み恒例、読書感想文

Kirigirisu  長男、次男とも夏休みに突入した。夏休みと言えばお弁当…。長期休暇は嫌いだ…。っと言っても仕方ない。夏休みは来てしまった。

 夏休みと言えば 「読書感想文」。長男シュンは本好きだし、文章を書くのも苦手ではないハズなのだが、読書感想文となるといつも 「なんか短い本ない?」 っと言う。しかも 「オレ、今年は ”蜘蛛の糸” にしようかなぁ。」 っと言う。 ”蜘蛛の糸” ってアナタ…。

 そこで中2向けの本を本棚から探した。長い短いに係わらず、好きな本を選べばいいと思うのだが、ヤツはそうではないらしい。 「長いけど、あさのあつこの ”バッテリー” なんて夏らしくていいじゃない?」 っと言うと 「オレ青春系じゃないから…」 っとアッサリ言う。

 「大江健三郎の短編はチョット不思議で面白いよ。」 とか 「井伏鱒二の ”山椒魚” なんて読書感想文っぽいじゃない?」 っと勧めるがあまり気乗りしない様子。 「じゃぁ、太宰治の短編にすれば。 ”畜犬談” を読めば動物苦手なお母さんの気持ちが分かるよ。」 っと短編集 ”きりぎりす” を勧めたところ、案外手にとって読み始めた。

 読み始めると 「お母さんって犬嫌いなの?なんで?」 、「嫌いじゃないの。苦手なの!」 という会話が始まった。こうやって本の話を子供とできることはとても嬉しい。中2の夏に太宰か…。なかなかシブイ少年時代になりそうだ。

|

« 水筒の威力 | Main | 夏休みはラジオ体操 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1773/11048133

Listed below are links to weblogs that reference 夏休み恒例、読書感想文:

« 水筒の威力 | Main | 夏休みはラジオ体操 »