« 映画「日本沈没」 | Main | ドラム式洗濯機の使い心地 その3 »

August 25, 2006

葛野川(かずのがわ)発電所親子見学

Yousui  「親子で水力発電所見学会」 と言う企画に申し込み、7倍の倍率をくぐって見事当選! 夫と次男が二人で参加した。朝8時半に新宿集合なので、二人で早起きして出かけて言った。お昼のお弁当もついて無料の見学会。お財布に優しく、環境の勉強ができるなんて・・・。

Yousui2   山梨県大月にある葛野川(かずのがわ)発電所。私は水力発電所と言うと大きなダムがあって、大量の水を上から巨大な滝のように落としてタービンを回して発電するのだと思っていた。なんとなく映画 「ホワイトアウト」 をイメージしてね。

Yousui3  ところが夫が撮ってきた写真を見ると落差700mもの山の中を直径8mの導水路が通り、その中を水が通るのだと言う。そして電気の使用量が少ない夜は、その導水路を使って水を揚げて水を再利用する。揚水(ようすい)式発電なのだ。

 へぇ、そうなんだ。水路の長さは3km。電気は貯めておくことができないエネルギーだから水エネルギーに変えて貯めておくのね。面白いなぁ。

|

« 映画「日本沈没」 | Main | ドラム式洗濯機の使い心地 その3 »

Comments

原子力発電所は需要の変化に即座に対応ができないので、揚水式発電所は重要な役割を果たします。揚水式発電所には必ず水を貯めるダム(池)が上流と下流にあります。
電気の余る夜に下流から上流に水を汲み上げて、昼の電力消費のピーク時に上流から流し落として発電します。同じ水車が汲み上げポンプになるし、発電タービンにもなります。
葛野川(かずのがわ)発電所は都内から最も近いのかな?夏休みの親子での研究としては良かったのでは。

以下に詳しくあります。
http://mext-atm.jst.go.jp/atomica/01040115_1.html

Posted by: sugi | August 26, 2006 at 10:13 AM

sugiさん、さすがに詳しいですね。私はエネルギーはさっぱりなので、今年は10月にある「省エネ普及指導員」の講座を申し込みました。

あたるといいなぁ。

Posted by: ふさ | August 26, 2006 at 01:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1773/11573978

Listed below are links to weblogs that reference 葛野川(かずのがわ)発電所親子見学:

« 映画「日本沈没」 | Main | ドラム式洗濯機の使い心地 その3 »