« 漏斗胸で体育休み | Main | ホームベーカリーでお家パン »

September 17, 2006

X-MENファイナルディシジョン:映画

Xmen3  大好きなX-MENシリーズの最終章。当日券代わりに重宝している馴染みの安売りチケットさんが、 「昨日から売れるのは、これとワイルド・スピード3ばかりだよ。」 と言う。そうでしょう、そうでしょう。

 ミュータンント V.S フツーの人間という設定だけど、当初からマイノリティーな人への差別についての問題提起をしている。人と違う能力や外見を持つ人の悩みや、そういう人への畏怖や毛嫌い。そんなこんなを、映画の中ではミュータントに置き換えている。

 最終章では ”キュア” と呼ばれるミュータントを治癒するための薬が登場する。薬を使う、使わないは本人の意思に任せないといけない。力ずくで強要もできないし、力ずくで排除するのもいけない。

 今回の登場人物で ”エンジェル” と呼ばれる翼を持つミュータントが好きだ。悩みも大きいが、翼を広げて大空を飛ぶシーンには、ついつい涙がにじんでしまう。悩み多き人に勇気を与えてくれる映画だなぁ。

|

« 漏斗胸で体育休み | Main | ホームベーカリーでお家パン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1773/11930915

Listed below are links to weblogs that reference X-MENファイナルディシジョン:映画:

« 漏斗胸で体育休み | Main | ホームベーカリーでお家パン »