« 紙屋悦子の青春:映画(岩波ホール) | Main | ホームベーカリーでパンの耳問題 »

November 09, 2006

訪問販売を断る

Kyouryu  会社から帰宅すると長男シュンが 「○○会社の××さんが来て、”アンケート調査してます”っていうんだけど。」 という。「ちゃんと断った?」 と聞くと 「違うよ、変な人じゃないよ。」 と言う。「そうそう!」っと次男ガクも言う。

 いろいろ聞くと、やっぱり怪しい会社のようで、我が家に子供がいることを名簿か何かで知ってピンポイントでやってきたらしい。 「”また来ます”っていってたヨ。」 と言うので、「お友達の電話番号なんか教えなかったでしょうね。」 と念を押すと、自分の通う中学の名前を教えたと言う。まったく…。

 「セールスじゃないよ。アンケートって言ってたよ。近所の小学生に中学校の情報を伝えるンだって。」  だからそれが手口なんだってばぁ…。シュンが小学生の頃、私が不在の時に電話がかかってきて学校の連絡網から電話番号を聞きだされたことがあった。しばらくは電話器のところに 『お友達の電話番号を教えない!』 と言う注意書きの貼り紙を貼っていたことがある。しかしその矢先に今度は次男が同じ手口に引っかかった。

 「ココに教えちゃダメって書いてあるでしょ。」 と言うと、「ワー!」って泣かれたっけ。ごめん、ごめん、キミが悪いのじゃないヨ。だます大人が悪いのだヨ。それからは私も子供の知らないところに連絡網を隠している。あれから2年経って、またしても2人とも ”いいお兄さんがアンケートをしている” っと思っている。

 8時ごろ再び訪れた訪問者をインターホン越しに断ると、二人とも 「なんて、冷たいお母さん…」 という目で見ている。「玄関まで出て断ったら?」 とか 「パンフレット受け取ったら?」 とも言う。いろいろ説明したが、なかなか分かってもらえないようだった。あのセールスのお兄さんはきっと ”いい人” なのだろう。だけど、あのお兄さんが早く ”失業” することを願う私だった。

|

« 紙屋悦子の青春:映画(岩波ホール) | Main | ホームベーカリーでパンの耳問題 »

Comments

世の中悪いことが多いので、たまに親切で優しく良い人が居ても、結局は疑われる。そんな世の中に誰がした! と言いたくなる。
訪問販売員の証明書を胸につけていてもニセモノだったり。
本当に何を信じて良いのか。我が家では26歳の娘が一人で在宅のときは絶対に応対しないようにさせています。
平日、家に居ますと、
 新聞のセールス、
 宗教の勧誘、
 畳の修理、
 エトセトラ
結構来ます。
確かに子供とか年寄りを狙っての悪巧みをするのは簡単かと思います。

Posted by: sugi | November 11, 2006 at 10:03 AM

ホント、困ったもんですよね。

きっぱり断って逆キレされたという例も聞くと、丁寧に
お断りした方がいいのかとも思うし…。

ウチには「友達同士でで家庭教師をやってる。」と言い張る
怪しげな電話が同じセリフでよくかかってきます。

こっちから、「なんていう字を書く○×大学?」とか、
「どこの名簿屋さんから買ったの?」とかいろいろ聞くと
たいてい向こうから、無言で切っちゃいますけどね。

Posted by: ふさ | November 11, 2006 at 05:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1773/12608215

Listed below are links to weblogs that reference 訪問販売を断る:

« 紙屋悦子の青春:映画(岩波ホール) | Main | ホームベーカリーでパンの耳問題 »