« 地球温暖化防止セミナー | Main | ISO10002:苦情対応 »

February 18, 2007

鍵がない・・・

Lego1_2  冷たい風の吹くある日、 「ボクがカゼひいたとき、お母さんとココ(玄関先)で立ってたことあったよね。」 と次男ガクが言う。 「あっ、憶えてたの? ガクが保育園の時だよね。」 、 「おぼえてるに決まってる!」

 小柄ながら丈夫なガクにしては珍しく熱が出て保育園から呼び出しがあった時のこと。午後から迎えに行き、家に入ろうとすると鍵がない。当時、長男シュンよりも私の方が家を出るのが早く、鍵を持たずに会社に行くことが度々あった。

 その日はあろうことか、ガクの具合が悪いのに家に入れない。時間を見るとそろそろシュンが学校から帰ってくる頃だ。それまで、待っていよう…と玄関で風邪引きのガクを30分程待たせてしまった。その時のことを未だ憶えているという。

 「さむかった…。」 っとガク。案外、記憶力のいいヤツだ。私から、どんなに叱られようが3秒くらいでケロッとしているくせに…。 かわいそうなガクの話である。

|

« 地球温暖化防止セミナー | Main | ISO10002:苦情対応 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 地球温暖化防止セミナー | Main | ISO10002:苦情対応 »