« April 2007 | Main | June 2007 »

May 30, 2007

スーパーひたちに乗って

Hitachi1  久々にJR 「スーパーひたち」 に乗ってお出かけ。車に乗るとすぐ酔う性質で、車で移動するのは気が重いけど、列車での移動は好き。特に地方へ向かう列車の旅は仕事とはいえナンカ嬉しい。

 会社の支店が茨城にあるので、そちらへちょっとした仕事で行くことになり、上野8:00発の 「スーパーひたち」 窓際の席を確保して、なんとなくウキウキ。

 しかし間が悪く、この日は次男ガクが運動会の振り替え休日で休みの日。長男も病み上がりでなんとなく気になる。おまけに夫も海外に出張中だ。

Hitachi2  「お父さんも、お母さんもちょっと出かけるけど、ガク1人で大丈夫かなぁ。」、「だいじょうぶ、1人は、なれてるから。」、「 …。 お兄ちゃんがテストで早く帰ってくるから一緒にお昼食べてね。ソーメンだよ。帰りは遅くないからね。」

 日立方面の出張は鬼門で、過去に子供らが熱を出して2度キャンセルしたことがある。今回も長男の熱が続き、「やっぱり鬼門だったか!」 っと思ったが、思い過ごしだったようだ。

 「じゃぁ、シュン、ガクのことヨロシクね、行ってきま~す。」、「うぃー。」、「鍵閉めてくれる?」、「うぃー。」 よーし、いい天気だ。本日も頑張ろう。

| | Comments (0)

May 29, 2007

運動会の後

Bousi_7   運動会閉会式の後、ガクがキョロキョロしているので ”もしや私を探しているのでは! そうだよね、一緒に帰りたいよね!” っと思い近づくと 「あっ、お母さん、帰ったら友だちウチによんでいい?」 っと言う。

 あぁ、そういうことね。普段は私が家にいないので友達をよぶのは休日だけになっている。学校のある日に友だちと遊ぶ約束をしても ”ウチ” では遊べない。 「いいよ、ウチで遊んでも。」、「やったー! じゃぁ!」 っと言ってあっちへ行ってしまった。

 あぁ、そういうことね。いいヨ、いいヨ。お母さんは1人で帰るから…。しかし、なかなかガクは帰ってこない。ようやく帰ってきたかと思うと泣いている。 「どうしたの? どうしたの?」 っと聞いても何も答えず怒った顔で泣きながら服を着替えて、友だちとの待ち合わせ場所に行ってしまった。

 「ガク、どうしたンだろう…。」 っと長男に尋ねると 「友だちと約束してたのに、なかなか帰れなくって遅くなって泣いてるんだよ、きっと。状況から判断するとそうでしょう。」 とのこと。さすがガクの兄。そこまで分かるのか!

 すぐに友だちを連れてウチに戻ってきたガクはすっかり機嫌が直り、涙は跡形も無い。友達との会話を聞いていると、長男の推測が当たっているようだ。そういう理由で泣くのか、キミは。ガクとの付き合いは奥が深い。

| | Comments (0)

May 28, 2007

春季の大運動会

Teruteru07   今年は小学校、中学校とも春季に運動会がある。土砂降りだった前日から、カラリと晴れて次男ガクの運動会。この子の運動会はいつも天気に恵まれているような気がする。

 今年もティッシュでテルテル坊主を作り 「晴れにしてください。おねがいします。」 とメモまで付けている。その甲斐あってか暑いほどの天気!

Oodama 長男シュンが小学生の時は、 「シュンはどこかなぁ。」 っと探しているとシュンも 「おかあさん、どこかなぁ。」 っとキョロキョロしているのですぐ見つかったが、ガクは私のことは全く眼中にないらしく、近くで手を振っていても気がつかない。

 いつまで経っても小さいなぁ、やせてるなぁ、っと思っていたが、さすがに5年生なればそれなりに大きくなるもんだ。それでもガクはたいてい一番前に並んでいるのでシャッターチャンスがよろしい。小柄だとこういう時に便利だなぁ。

| | Comments (0)

May 26, 2007

中学にお迎え

Syun_12  随分ひさしぶりのことだけど長男を中学までお迎えに行った。はー、本当に久しぶりのこと。風邪を引いてしばらく熱が続き、2日学校を休んだ。翌朝、平熱だったのをいいことに無理して学校へ行ったのが運のつき。

 学校から電話があり、「やっぱり…。」という感じ。もう1日寝ていればよかったのに…。ちょうど午前の仕事が終わる頃だったので上司に事情を話して迎えに行くために、駅までのタクシーを呼ぶ。もちろん自腹。

 迎えの電車の中で彼が保育園児だった頃のことを思い出す。あの頃はよく保育園から呼び出しがあって迎えに行ったっけなぁ。小学校の時も迎えに行ったことがあるが、まさか中学になっても迎えに行くことになろうとは…。

 迎えに行くと熱が38℃以上あり元気がない。タクシーもなかなかつかまらないし、一駅だけ電車に乗ることにした。 「何か食べたいものある?」、「フルーツポンチ的なものが食べたい。それか杏仁豆腐的なもの…。」、「はい、はい (的ってなんだ!)。」

 まぁ、食欲があるなら大丈夫。薬を飲んで体調が快復するのを待とう。昔はこんなことが月に何度もあったのだよね。約1週間学校を休んで寝込み、週が明けたら中間テスト。間の悪い時に風邪を引くヤツだ・・・。

| | Comments (0)

May 24, 2007

環境展に行ってきました

Ecotuku  5月22日から25日まで東京ビッグサイトで「環境展」やってます。もともとは「廃棄物展」という名前だったので、一般の方向きというよりは企業の方向け。

 でも面白いものもある。とうもろこし由来のプラスチックで作った食器もあるので、「これって土に埋めるとどのくらいで分解するンですか?」、「いやー、そう簡単には分解しないんですよ。」、「はー、そうなんですか・・・。」、「えぇ、まぁ…。」、「じゃぁ、売りとしては石油由来じゃないってことなんですねぇ。」、「えぇ、まぁ…。」

Mo  写真の 「エコつく」 もトウモロコシからつくったスポンジ状のおもちゃ。水で塗らしてくっつけながら形を作って遊ぶもの。小さい子にはいいかな。でも、あんまり小さい子は口に入れちゃいそう。

 壁面緑化や屋上緑化もあった。新鮮だったのが 「も」 で緑化を楽しむもの。「も」 を見て美しいと感じるのは日本人ならではの感覚かな。乾燥にも強いし、土がほとんど不要なので屋上に適しているそうな。いいと思うゾ。

| | Comments (0)

May 21, 2007

光触媒の観葉植物

Syokubai  この頃、光触媒の造花や観葉植物が売られている。以前から気になっていたのだけど、効果がイマイチ分からない。

 二酸化チタンを紙に塗って商品化されているモノもあり、ポスターやカレンダーなんかも 「光触媒」 効果がうたわれている。どういう効果なのかというと空気の浄化、脱臭などがある(らしい)。

 原理としては二酸化チタンに光(紫外線)を当てて空気中の有機物を分解してしまう(らしい)。我が家でも玄関に飾る小さい観葉植物を 「光触媒」作用のあるものにしてみた。

 けれど問題がある。我が家の玄関には窓が無い。光が射し込まない…。仕方が無いので、家にいる時はドアストッパーを使って玄関扉を少し開けて置く。ホントに効果あるのかなぁ…。

| | Comments (0)

May 19, 2007

はしか流行に思う

 この頃、新聞で 「はしか」 が流行っているとにぎわっている。予防接種の不徹底とか、免疫の低下とか…。私は予防接種の不徹底が大きいと思うな。

 長男の頃の予防接種は集団接種が多かった。 「平日の何時何時のこの場所で予防接種」 と決まっていて、泣く泣く会社を休んで予防接種に出かけたっけ。

 ひきつけを4回もしてくれた長男は、なかなか予防接種をするチャンスがなくて苦労の連続だった。でもだんだんと保健所から予防接種の用紙だけ送られてきて、かかりつけの医者に体調のいい時に接種できるようになり「いいことだぁ!」っと喜んでいたのヨ。

 確かにいいことだった! だけど、用紙を送りつけるだけでフォローがない。何年も後まで使える予防接種の紙を一度送ったきりで、役所の仕事はオシマイ。そういう仕事の仕方はひどいンじゃない?

 身近にも 「ぜ~んぜん、予防接種してないンだぁ。」 なんてケロッと言うママ仲間もいたし、実は私も期限が過ぎて、これまた泣く泣く自腹で接種したときもある。確か 「麻しん(はしか)」 だったなぁ。

 今は多少、改善されているのだろうか。せめて期限が過ぎる前に、「もうすぐ期限切れますよぉ。忘れてませんか?」 ってフォローのハガキでも出してくれているのだろうか…。自腹は痛かったヨ。

| | Comments (0)

May 17, 2007

かもめ食堂:DVD

Kamome  小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ が出演。3人とも好きな、というか気になる女優さん。なぜか夫がDVDを買ってきたので、休日の朝、早起きして鑑賞。もちろん、その日の朝食は 「おにぎり」 です。

 フィンランドのヘルシンキで日本食の 「かもめ食堂」 を始めたサチヨ。お客と言えば、毎日タダでコーヒーを飲みに来る日本カブレの青年だけ。けれどサチヨは、 「まじめにやっていれば、いつかお客さんはやってきますよ。」 っと脳天気にマイペース。

 シナモンロールの香りがこちらまで届きそう。私も、こういう食堂があったらフラリと入りたいなぁ。ヘルシンキに旅行に行き、朝食はコーヒーとシナモンロール。昼は焼きサーモン定食、夜はカツ定食にしよう。

 「ねぇ、ねぇ、ヘルシンキは夏に行くと白夜って言って、夜でも太陽が沈まないンだよ。行きたいねぇ。」 っと子供に言う。 「うん、うん」 っとうなづく。よしよし、少しずつ洗脳して実現に向けよう。

| | Comments (0)

May 15, 2007

そうじ力:古本編

Huruhonya  ”そうじ力” はまだまだ継続中。今度は本箱からはみ出した本の整理。とにかく、本が増える。マンガも相当に多い。

 今回、何度目かの本処分。 「古本屋さんに持って行ったら、そのお金は持って行った人で山分けしていいよ。」 と言うと、子供と夫の3人で持っていくことに。

 3人であーでもない、こーでもないと大量の本をどうやって、どこの古本屋さんへ持っていこうかと作戦会議。結局、手提げ袋と登山用のリュックに入れて、一度に運ぶことになった。

 その成果は…ナント 6,000円! 3人で仲良く分けたのかは不明です。

| | Comments (0)

May 14, 2007

東京タワー:映画

Tokyo  母の日に1人で映画 「東京タワー」 を見に行ってきた。オカン役の樹木希林さんは大好きな女優さん。若き日のオカン役は、実娘の内田也哉子さん。

 スクリーンに広がるあったかい母の姿にじーん。さすが母の日とあって母子カップルが多い気のする本日の映画館。

 実は実家の母は樹木希林さんに顔が似ている。子供らに 「宮崎のおばあちゃんに似てるよね。」 とTVのCMに出ている樹木希林さんを指差すと、 「おー、似てる、にてる…」 っと顔をしかめる。孫にも厳しい母は、どうも子供らからウトまれ気味だ。

 「宮崎のおばあちゃんにそっくり!」 っと誰からも言われる私は樹木希林さんの姿に、自分の行く末を思いやるのだった…。

| | Comments (0)

May 12, 2007

ホワイトチョコケーキ作成

Wcake1  休みの日、次男ガクがいかにも暇そうにしているので、 「白いチョコケーキ一緒に作らない?」 っと誘って2人でクッキング。

 「卵3個とお砂糖60gを入れて、よーく泡立てる!」、機械に卵と砂糖を投入。 「うわー、だんだん量がふえてきたぁ」、「次は小麦粉80gとバター40g。」、「バターって何度でとかすの?」、「50℃くらいかなぁ。」 

Wcake2  「生クリームにお砂糖大さじ3杯ね。」、「おー、ナンカ生クリームのにおいってスゴイ…」、「ボタン押してね。」、「おわー、ナンカすごいことになってるぅ。」 機械だとあっという間にホイップできるなぁ。

 「皮むきでこうやってホワイトチョコを削ってね。」、「おー、おもしろい!」、「上手だねぇ。いっぱいあるから頑張ってね。」、「ナンカ、チョコとけてきた。」、「ケーキの間に挟むのはバナナでいいかなぁ。」、「えーヤダ。イチゴがいい。」、「はいはい。」

Wcake3 スポンジを半分に切って、間にクリームを塗り、イチゴを並べる。周りと上にもクリームを塗り、削ったホワイトチョコとアラザンを飾って出来上がり!

 「今日のお昼ご飯はケーキね!」、「えー!、それはチョット…。」 嫌がる長男と夫にも無理やり食べさせる。「見た目ほど甘くないでしょ。ねっ、ねっ!」、「あー、うー。でも昼飯にケーキって言うのは…。チキンラーメン食っていい?」 まぁ、たまにはいいではないか。

| | Comments (0)

May 10, 2007

ハンニバル ライジング:映画

Hannibal  「羊達の沈黙」、 「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」 と見たのでやっぱり 「ハンイバル・ライジング」 も見ないとね。原作版「ハンニバル」でレクター博士の子供時代の話がチラリと出ている。原作ファンとしては気になって仕方がない。

 おどろおどろしいシーンが多いことは仕方ないとして、青年ハンニバル・レクター役のギャスパー・ウリエルがなかなかいい。品のいい美青年ながら狂気に走る顔つきが、大人ハンニバル・レクター役のアンソニー・ホプキンスの怖さと遜色ないと思う。

 美しい日本人の叔母さん役のコン・リーもいい。 「SAYURI」 の時のイジワル先輩役でも日本人役だった。またしても、日本の女優さんにこの役がとれなかったことが残念。

| | Comments (0)

May 09, 2007

ホームベーカリーまた失敗

Banana   またしても材料を無駄にしてしまった。皮が茶色くなりかけて誰も食べないバナナを使ってバナナパン作成!

 けれど朝、起きてみるとパンが膨らんでいない…。失敗の原因を考える。バナナが重みで沈んで水が上がり、ドライイーストが湿ってしまったか…?

 残念。急遽、ご飯を炊いて朝食はおにぎりに。

| | Comments (0)

May 07, 2007

朝日小学生新聞

Syoakusei  先日前から試しに 「朝日小学生新聞」 をとってみるとなかなか面白い。予想と違いクイズやらちょっとした試験問題などもあり、記事が多いというわけではない。

 でも難しいことや日常の話題が優しく書かれているので、大人が読んでも改めて理解が深まる。新聞は次男ガクのため。ガクが小5になり、新しい担任の先生がこれまでよりも新聞の話題に触れるようになった。

 でも我が家の新聞は日経。これじゃ、ガクに 「新聞を読もう!」 っと言っても無理な話。そうでなくても活字苦手な子なのだから。新聞を読むきっかけになってくれれば…っという気持ちから。

| | Comments (0)

May 05, 2007

久々の東武動物公園2

Hiyoko_1  我が家には車がないから、東武動物公園へ行く時は電車を利用。電車で行くと東ゲートに近く、こちらは遊園地側。

Ham  広いので動物園側までなかなか行けない。  「いつも動物園まで行けないから、今日は頑張って動物園まで行ってホワイトタイガーを見よう!」っと言うと、「えー…、いいよ、遊園地だけでぇ。」っと言われる始末。遊びたい盛りは私の方?

 ホワイトタイガーやフラミンゴ、カバ、ラマ、ゾウ、黄金の大蛇などなどを見るが、子供らが気に入ったのは 「ふれあい動物村」 の ひよこ とハムスター。

 2人ともアレルギーがあるし、私は哺乳類、鳥類、魚類が苦手なので家で生き物は飼えない。爬虫類なら大丈夫なんだけどなぁ。

| | Comments (0)

May 04, 2007

久々の東武動物公園

Gmax1  勤務先が法人会員になっているので時々遊びに行くのが 「東武動物公園」 。ここは約2/3弱が遊園地で1/3強が動物園。境目には巨大迷路もあり、なかなか楽しめる。

 久々に行くと新しいアトラクション ”ギャラクシーウォーカーズ” が出来ており、先ずはここから。中に入ると簡単な迷路になっていて鏡の世界に入った気分。子供らはここが一番気に入ったみたい。

Rejina  次男ガクは 「ドキドキ系」 は苦手なので、長男と私の2人でお気に入りの ”ミュージックエキスプレス(遠心分離機みたいなヤツ)” へ。しかし長男が 「お母さんと2人ってのはな…。」 と言う。それでも渋る長男を無理やり連れて、 ”ウェーブスインガー(空中ブランンコみたいなヤツ)”、 ”スタークロス” へと。

Gmax2 夫と ”レジーナ(木製ジェットコースター)” に乗り、遊び疲れて帰路へ。するとガクが ”G-MAX” に乗りたいと言う。これは地上50メートルまで4人掛けのイスで上昇し、一気に降下するというもの。

 長男も夫も 「イヤだ!」 と言うので私が付き添って乗ることに。見晴らしはいいし、吹き飛ばされそうな浮遊感がたまらない! いやぁ、気持ち良かった! 「もう1回乗ろう!」 と言うが、ガクは怖くて唇が紫色になり、膝も震えている。面白かったのになぁ。また乗ろうっと。(写真は上からG-MAXと観覧車、レジーナ、G-MAX)

| | Comments (0)

May 03, 2007

名探偵コナンでメタンハイドレート

Konan11  GWを利用して子供と 「名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)」 を見に行くと、”メタンハイドレート” と言う化学物質が登場してなかなか興味深かった。

 もう、10年近く前になるけどエネルギー関係の展示会に行ったときに、この、”メタンハイドレート” なるものを紹介していたっけ。 ”燃える氷” と言われるとおり目の前で燃えていたけど、本当に熱くなかった。

 最近、日本の海底にもたくさんの”メタンハイドレート” があることが分かり、資源の少ない日本にあって注目されている。

 水分子のカゴの中にメタンが入っているような構造 (映画ではコナン君が詳しく説明) で、メタンは燃やすと石油に比べると二酸化炭素の発生が半分くらいなので地球温暖化を抑制するエネルギー資源とも言われている。でも単純に大気中に出してしまうと逆効果。

 SF的な話になるけど 「バミューダ・トライアングル」 で船が行方不明になる原因の一つに、”メタンハイドレート説” があるのよね。メタンガスの発生によって海水の浮力が変わっちゃうというモノ。なかなか奥が深いな ”メタンハイドレート”。

 

| | Comments (0)

May 01, 2007

おうちで前髪カットは失敗か

Lego1_3  またしても次男ガクと険悪なムードになった朝。理由は前髪。ガクの前髪が長くなり、彼は自分でハサミを使い前髪を切った。ところが半分近く切ったところで失敗したことに気付きカットを中断。

 その ”前髪半分だけカット状態ではあまりに変!” っと思い私が残りをカット。するとガクが泣き出した。「お母さんが切ったからヘンになった…。」、「だって、半分だけ残してたらおかしいでしょ!」っと私。

 ところがガクの理屈では ”失敗したと思ったから途中で止めたのに、お母さんが失敗を広げた!”と言う。そうは言っても前髪を顔の半分だけ残して切っているよりマシじゃないかと思うのだが…。

 結局、険悪なムードのまま階下まで降り 「いってらっしゃい」 っと手を振った。帰宅後、「学校でヘンって言われたけどね。」 っと言うが案外平気な顔をしている。ちらりとガクの顔を見る、ホントにヘンだった。明日は床屋だな。

| | Comments (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »