« 年金の照会をしてみよう | Main | 漏斗胸(ろうときょう)で定期健診の日々 »

June 25, 2007

夕子ちゃんの近道:本

Yuko  久々にツボにはまった本。日経新聞の書評欄に紹介されていたもの。確か大江健三郎が推奨していたとかナントカ。それで読んでみた。ツボにはまった。

 人生から逃げるようにしてアンティーク店 「フラココ屋」 の2階に住んで店のアルバイトをしている 「僕」 。商売熱心なんだかいいかげんなんだかよくわからない店長。店長の 「マエカノ」 らしい瑞枝さん、大家の孫の朝子さんと夕子ちゃん。

 みんながみんな、ふわふわと一所懸命生きている感じがする。独特なカッコ使いとつぶやきのような会話文。作者と年が近いのかなぁ(そうでもないか)、挿話にいちいち共感できる。

 化粧品の名称に 「僕」 がひとつひとつ勝手なイメージ付けるのには心底笑えた。ほんと、ツボにはまる本。

|

« 年金の照会をしてみよう | Main | 漏斗胸(ろうときょう)で定期健診の日々 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 年金の照会をしてみよう | Main | 漏斗胸(ろうときょう)で定期健診の日々 »