« June 2007 | Main | August 2007 »

July 31, 2007

年金の照会をしてみた!

Nenkin2  年金を照会するためのIDとパスワードをしばらく前に申し込んだ。夫、私ともIDとパスワードがめでたく郵送されてきた。

 ドキドキ・・・。えっと、IDを入力して次はパスワード。もうひとつ、申し込みをした時の 「設定パスワード」 を入力する。ところがメモを間違ってしまってログインするのに手間取ってしまった。

 ようやくログイン。年金加入記録は如何に! あっ、よかった、大丈夫だ! 夫、私とも学校を卒業して就職した後、転職をしたことがない。一応、上場会社だし年金の記録はきちんとしてくれていた訳だ。よかったなぁ。

 転職したり、結婚して名字を変えたり、名字や名前が読みにくかったりすると記録が間違っていることがあるらしい。我ら2人はそういう点では間違え難いケースだと思う。

 加入してからの所得がずらずらとパソコンで見ることが出来る。変な感じだ。あんまり増えてないなぁ、とか、まぁ、こんなもんかなぁ、とかね。ブログをご覧の皆さんも是非、確かめてみてね。

| | Comments (0)

July 30, 2007

漏斗胸(ろうときょう)で運動不足?

Syun  去年の8月に長男シュンが漏斗胸の手術をしてそろそろ1年。術後、1ヶ月、3ヶ月、半年と着々として快復しており嬉しい限り。

 なのにまたしても熱を出した。3月にインフルエンザ、5月は風邪、今回7月にまたしても風邪。39.6℃も熱を出した。子供か…! まぁ、まだ子供だな。シュンも宿題が気になるらしく、 「いつ治るかなぁ。宿題あるンだけど。」、「一日1℃下がればいいンじゃない?学校休みなんだし。」

 それにしても体力落ちてるのかなぁ。スイミングは続けているけど週1回だし、部活動は囲碁部だし…。おかげで週末はいろんな計画や約束を皆キャンセルして家にいた。

 その分、夫には高校の説明会にも行ってもらったり、次男ガクを映画 「西遊記」 に連れて行ってもらったりした。私は家で資料を作ったり、直そう直そうと思って後にしていた棚の修理。シュンの汗臭くなった寝巻きとシーツを何度も洗い、洗濯三昧。さすがに夏は乾燥機より天然の方が乾きが早いや。

| | Comments (2)

July 28, 2007

省エネナビを使って

Airecon  とうとう今週からエアコンを使い始めた。去年、扇風機の2台目を購入したので、エアコンの使用頻度がグッと減った気がする。扇風機は結構涼しい。

 だけど私は湿気が苦手。湿気の高い日は、体がだるく、呼吸をするたびに肺の中にじめじめが溜まるような気がする。何をする気も起こらなくなる。

Aircon  そこでエアコン。さすがにエアコンを使い始めると電気の使用量が増える。せっかく新しい冷蔵庫で電気量が減ったのにまた増えてしまった。しかも夏休みに入り、子供らが家に家にいるので照明やテレビでの消費も増えている。

 省エネナビが真っ赤になって怒っている。エアコンは譲り受けてから15年以上は経っているモノ。でもエアコン使用は1年の内で2ヶ月程度だ。その間は電気代が高くなる方をとるべきか、省エネタイプのエアコンに買い換えるべきか…。それが問題だ。

| | Comments (0)

July 26, 2007

千本松牧場3:夏休み

Niku   お目当ての気球にも乗ったし、ジンギスカンでお腹もいっぱいだし、後は温泉につかってノンビリしようかなぁ。いやいや、ガクのダーツが待っていた。

 回転している的に3本のダーツを投げる。これで300円。高いよ。必ず景品はもらえるのだが、ガクのネライは 「おばけ屋敷ゲーム」。人生ゲームのような双六式のゲームらしい。結局、「おばけ屋敷ゲーム」 はとれず、妙なおもちゃばかりが手元に残った。

 「サイクリングしよう!」と私。 「ボク、ふたりでのるヤツがいい。」、「誰と乗る?」、「お父さん」、「えっ!ワシ?」 よしよし私は1人でノンビリ乗ろう。

Hutari_1  意外に距離のあるサイクリングコースの終着点近くに温泉がある。「温泉につかってから自転車を返そう。ちょうどいい時間じゃない?」、「あー、じゃあ30分後に集合。」

 ノンビリ、やや熱めの露天風呂につかり極楽、極楽。サイクリングで疲れた体に温泉。更に体がだるくなり、帰路のバスでは寝てばかり。夏休み初日から疲れた日だったが、夏休み対策としては上出来、上出来。

| | Comments (0)

July 25, 2007

千本松牧場2:夏休み

Yumi  ようし、足もきれいになったし、次は熱気球に乗ろう。これ以上、天気が悪くなると運行中止になりかねない。しかし途中の ”アーチェリー” でガクが止まった。 「あれ、やりたい。」、「気球に乗ってからにしようよ。」、「あれ、やりたい。」、「はいはい。」

 夫とガクが2人でアーチェリー初体験。10本の矢を的に向けて放つ。なかなか難しい様子。「ワシ、明日、筋肉痛になりそう。」 っと夫。もっとやりたい、というガクをなだめて今度こそ気球へ。しかし、今度は ”ダーツ” で足が止まる。後で必ずダーツに来るからと、なんとかなだめて気球へ。

Kikyu 大人1500円、子供1000円。ありゃ、いい値段だ。会社から1人2000円分の金券がもらえたので、ちょっと贅沢して3人で乗る。いい眺め。足元を見ると怖いが、遠くをみると気持ちいい。

 「高さは何メートルですか?」、「25メートルですね。」、「燃料はプロパンガスなんですね。」、「ええ、そうです。」 気球のカゴにLPGと書かれたガスボンベが積んである。ボンベの近くにいるのはなんとなく、気分がよくない。 時折、ゴー!っという音を立てて気球に熱風を送っている。頭がなかなか熱い。

 気球乗り初体験。風が吹くとすぐに流れるし、これで旅行に行くには大変だな。「おかーさん、こんどはダーツ」、「はいはい。」 といいながらもあちらへふらふら、こちらへふらふらと足止めをするのであった。

| | Comments (0)

July 24, 2007

千本松牧場:夏休み

Kikyu2  夏休みに突入。夏休み第一弾の子供サービスとして 「千本松牧場」 へ。ここは栃木県那須塩原にあるレジャー施設。夫の勤務先のレクレーションで家族参加OKの日帰りバス旅行。

 今年は長男が高校の体験入学と重なり、ヤツは1人おいていく事にした。「オレの昼飯どうなるの?」、「マクドということで。」、「金は?」、「高校までの交通費込みで、これで…。」、「ちょっと少なくね?」、「そちも悪よのう。では、これで。」、「…(ったく、いい年して)。」

Blueb  朝8時に池袋に集合しバスへに乗り込む。高速に乗って2時間と少し。去年のバス旅行は事故渋滞にはまって大変だったなぁ。今年は順調に車は走り時間通りに到着。名前のとおり、松がいっぱいだ。生憎、天気はよくないが、目当ての気球が浮いているゾ。

 先ずは 「ブルーベリー摘み」。ところがガクが、「ブルーベリーなんかつみたくない。ききゅうに乗りたい。」 といって駄々をこね、なんと言ってもブスッとしている。またしても私とケンカになりそうだったので、ガクのことは夫に任せて放って置くことにした。

Asiyu  案の上、ブルーベリーを摘み終わる頃には機嫌が直っているガクであった。ブルーベリー園の隣にある ”足湯” につかり、小雨で冷えた足を暖めると、先ほどの不機嫌はどこへやら。やれやれ…。

| | Comments (0)

July 22, 2007

なぞぺー:国語編

Nazopej  国語の苦手な次男ガクのために、面白そうな国語の本を探してみた。すると、 「なぞぺー」 という国語の問題集があった。 ”なぞなぞペーパー ” という意味らしい。読んでみると、文章問題が優しい文章で書いてある。このくらい優しい文章題とボリュームなら、ガクでも大丈夫かなぁ、と思い買ってみた。

 ガクに見せると飛びついた。意外にも面白そうに問題を解いている。 「わがはいはねこである。名前はまだない。 えーっと次はなんだっけ…。」 っと問題の指示どおりにノートに書き写しながら暗記している。

 へぇー、国語苦手、特に文章問題苦手な子にも興味をひくようによく出来ている。しかし、よく見ると小学校1年から3年生用と書いてある。ありゃ、ガクでも解けるハズだ。でも3年生は兎も角、1年生に解けるような問題ではないなぁ。

 「おかーさん、さんすうの ”なぞぺー” もかって!」、「そうだね、本屋さんで探してみるヨ」、「ワーイ! ヤッター!」 果たして算数も3年生向けのハズだ。算数は割りに得意なので、こちらは優しすぎるのではないかなぁ。

| | Comments (0)

July 20, 2007

エコツーリズム推進法

Kita1_1  本年6月27日に 「エコツーリズム推進法」 なるものが公布された。施行は平成20年4月1日だから、ちょいと先。知らなかった。

 目的は自然保護に配慮した観光の推進。自然観光資源が損なわれないような利用方法の策定、実施、状況の監視、評価・・・。よく分からないなぁ。

 まず政府が基本方針を定めて、市町村は協議会を作り、協議会は全体構想を定める。市町村長は、保護が必要な特定自然観光資源を指定する。特定自然観光資源の区域では汚損、汚物の廃棄などが禁止されて立ち入りが制限される。30万円以下の罰則あり。

 確かに観光地を訪れる旅行者のマナーが悪かったり、設備が不十分だったりして、地下水などが汚染されているという話を聞く。多少、不便になっても自然を守る方を優先したいな。でも、手軽に出かけたい気持ちも大きい。

 

| | Comments (0)

July 19, 2007

モモを読み聞かせ

Momo  ミヒャエル・エンデ著の 「モモ」 を読み聞かせしている。もちろん次男ガクに。この間、学校の授業参観に行くと学級文庫に 「モモ」 があった。そういえば家にあるな、この本。そろそろガクにいいくらいの本だなぁ、と思った。

 しかし、当然カレは読まない、というか読めない。でも少しは興味を持ってもらおうと読み聞かせすることにした。長いよ、コレは。

 「おかーさん、時間どろぼうっていつ出てくるの。」、「もう少しだよ。」、「悪いヤツは後から出てくるもんなの。」、「ふーん。」、「では、続きはまた明日…。」、「あー、寝よ、ねよ。」、「…。」

 ところが灰色の時間どろぼう達が出てくると、本当に興味を持ち出した。次にカメのカシオペイアが出てくると、「続きはまた明日…。」 っと言っても納得しない。にらみ付けながら、もっと読んでくれという。そんなら自分でも読めばいいのに…。

 「モモ」 を読むのは久しぶりだ。以前、「ハリポタ」 を読み聞かせしようとして断念したことがあった。もうすぐ映画も始まるし、「モモ」 の次は 「ハリポタ」 にリベンジしてみようか・・・。

| | Comments (0)

July 17, 2007

ガクのお裁縫

Saihou  次男ガクも小学5年生になり、学校で家庭科の授業を習うようになった。なぜかヤツは家庭科を「家庭活」と書き間違える。本を読まないので実に言葉を知らない。

 学校でミシンをかけたり手縫いを習ったりしたのが面白かったらしく、家でもいろいろ作って楽しんでいる。縫い目はガタガタで粗いけど、なかなか面白い作品ができた。

 「これミサワくんあげようかな。」、「へぇー、これガクが作ったの。上手だねぇ。」、「おかあさん、どれが好き?」、「これかな」、「なんで?」、「緑がイイ感じ。」

 何やら夢中になって裁縫をしているガクは不思議な雰囲気だ。長男は家庭科には興味を持たず、家で針を持っているところなぞ見たことがなかった。ガクにとって裁縫は図工や遊びの中の一つなのだろうなぁ。

| | Comments (0)

July 16, 2007

ダイ・ハード4:映画

Diehard4  久々のダイ・ハードシリーズ。ブルース・ウィルスはなんとなく気になる俳優さん。こういうアクションモノより、シリアスな演技の時の方が好き。

 今回もテロリストのいる場所に運悪く居合わせたマクレーン刑事。別居中の奥さんとは離婚、娘とも絶縁状態で、かつてのヒーローとはいえいいことのない彼だけど、やっぱり1人で敵に立ち向かう。でも、今回はなかなか強力な仲間がいて楽しい。オタクな人たちが出てくるとナンカ嬉しいなぁ。

 ダイ・ハードシリーズで一番印象に残るのはシリーズ1。テロリストの親分役は、アラン・リックマンだった。今では 「ハリポタ」 のスネイプ先生役がはまり役になってしまったけどね。

 嬉しいことに4になってシリーズ1を彷彿させるシーンというか、セリフも相当に意識しており昔からのファンは嬉しい限り。長男にそういうと、彼はシリーズ1を知らないと言う。1は1988年だもの。シリーズ開始から20年近くたっているのね。知らないハズだな。

| | Comments (0)

July 15, 2007

REACH(リーチ)のセミナー再び参加

Bara3  何度が行きそびれてたREACH(リーチ)のセミナーに参加。前にも書いたけど、REACHと言うのはEUが導入する新たな化学物質規制のこと。Registration(登録),Evaluation(評価),Authorization(承認) of Chemicals(化学物質) を略してREACH(リーチ)と読む。

 6月に施行され、あちこちの企業で騒ぎ始めている。だけど、あまりに対象物質が多いし、まじめに対応しようとすると膨大な仕事とお金がかかりボーゼンとなりそう。

 消費者に関連することだけ言うと、消費者も企業にREACHについての情報開示を請求できる。 商品に ”SVHC(高懸念物質)” と呼ばれる物質を含んでいるかどうかを尋ねると、45日以内に回答が届くことになっている。

 そこで海外では、「企業に手紙を出して情報開示を呼びかけよう!」 という運動が展開されている。怖いなぁ。こうして消費者と企業は競い合って強くなっていくのだな。(写真は誕生日に家族からもらったバラ3本)

| | Comments (0)

July 13, 2007

冷蔵庫で省エネ

Navi_1   冷蔵庫を新しくしたら電気の使用量が減った。我が家は 「省エネナビ」 が取り付けてあるので、毎日の電気の使用量が ”見える化” されている。

 これによると電気の使用量が2kw/日減っている。ということは1ヶ月で60kw!すごい。我が家の電気使用量は、だいたい250kw~300kw/月。 冷蔵庫を変えただけで2割以上電気の使用量が減ることになる。すごい。

Reizouko5_1  というか、今までの古い冷蔵庫の電気量が大きかったと言うことか。今時の冷蔵庫は容量が100リットル以上増えているのに、電気量は減るのだな。これでも購入した機種はそんなに省エネタイプの機種ではないから驚き。

 容量で言うとだいたい400~500リットル級の冷蔵庫が一番省エネタイプと言われている。でも、ウチはそんな大きいのは置けないし、入れるものもないから300リットルくらいで丁度いいのだ。年間1万円から1万5千円くらいの節約か。10年使えばお釣りがくるな。うふふ…。

 

| | Comments (2)

July 11, 2007

20年ぶりの冷蔵庫:続編

Reizouko3  今度の冷蔵庫の一番の楽しみは氷が勝手に出来ること。長男シュンは一年中氷を食べている。水やお茶もよく飲むが、氷も食べる。寝る前などは氷を3個くらい口に入れてフガフガさせている。

 その割りに自分では氷を作らない。私は氷をあまり使わないので気付かないフリして放って置くと、水割りを飲む夫がいつも作るハメになる。

 「今時の冷蔵庫は勝手に氷が出来るンだよ。」 っと言うのを冷蔵庫を買い換えるセールストークにしたのは言うまでもない。タンクに水を入れるとホントに勝手に氷ができる。1回/2時間に10個ずつだが着実に氷が出来る。

Reizouko4  冷蔵庫の中もスッキリきれいになった。嬉しくて時々冷蔵庫を開けて中を眺める。しかし、冷蔵庫はきれいだが中身はショボイ。今度からもう少し高級素材を買ってみようかな、などと料理の腕前は棚にあげてつぶやいたりするのである。

| | Comments (0)

July 09, 2007

20年ぶりの冷蔵庫

Reizouko1  土曜の朝、6時半に起きる。本日は20年ぶりに買い換えることにした冷蔵庫が届く日。冷蔵庫の中身を全部、移さなければいけない。

 朝ごはんを作って、家族を叩き(?)起こして朝食を済ませる。生協の発泡スチロールの箱と食材お届けのヨシケイ箱の計4箱に冷蔵庫の中身を移す。保冷材は夕べから冷凍庫で凍らせておいたからたくさんある。

Reizouko2  10時半、冷蔵庫が届く。古い冷蔵庫はリサイクルに引き取ってもらい、新しい冷蔵庫と選手交代。今回もHITACHIの冷蔵庫。前の冷蔵庫もHITACHIだった。故障もなく20年も活躍してくれたので信頼ができた。

 前は253リットルの容量、今度は370リットル。100リットル増えると中も広々だな。新しい冷蔵庫は冷えるのに4時間ほどかかるのだという。中を拭いたり、棚の位置を変えたりして準備OK。よーし、冷えるまで美容院にでも行ってこよう! 楽しみ、楽しみ…!

| | Comments (2)

July 07, 2007

泡でブリーチ

Awa  この季節はじめじめしていてイヤ。食中毒も気になる季節。我が家はキッチン、トイレ、お風呂、洗面所、といった水周りに窓が無いので非常に気になる。

 最近、気になるのがまな板。汚れてくると漂白するものの、漂白は時間がかかって結構めんどくさい。 「泡でブリーチ」 なるものが登場したので使ってみた。

 ややっ!これはイイゾ。泡がまな板の上にとどまるので塩素の量が少なくて済む(ような気がする)。それにスプレーした瞬間に汚れもスッキリ浮き上がってくる(ように見える)。まな板がすっきりすると気持ちいいなぁ。

 

| | Comments (0)

July 06, 2007

HITACHI圧力2段IH炊飯器がやってきた!

Suihanki  とうとう20年選手の冷蔵庫を買い換えることにした。一度も壊れたことはないし、まだ壊れそうにない。だけど、無精者の私に使われているだけあって、随分古ぼけてすすけてきた。

 冷蔵庫を開けるたびに 「新しいの欲しいなぁ・・・」 っという気持ちが強くなりとうとうあふれた。夫にケータイから 「冷蔵庫を買おう! きっと電気代は安くなるハズだ!」 っとメールした。

 冷蔵庫を買いに行き、目当ての冷蔵庫を買ってレジへ向かうと炊飯器が私をみて微笑んでいる。”美味しく炊けますよ” って。今の炊飯器は音がうるさいし、ご飯を炊くときの臭いも気になる。朝、タイマーをセットすると音と臭いで目が覚めてしまう。臭いで目が覚めるのはとっても悲しい。 

 新しくウチに来た炊飯器くんは音も静かで臭いもしない。圧力式のせいか、お米が立っている!美味い。肝心の冷蔵庫は未だ到着しないが、炊飯器くんが来てくれただけでも嬉しい。けれど次男ガクが 「れいぞう庫もすいはん器もまだ使えるのにモッタイナイ!」 っと言う。ふーーんだ。冷蔵庫くんが来て驚くな!

| | Comments (2)

July 04, 2007

消費生活アドザバイザー更新講座:京都議定書

Lunchi1  消費生活アドバイザーの更新講座を受けに代々木のオリンピック記念青少年総合センターへ。去年は受講票が行方不明だった。受付にいた消アド仲間に 「今年はあるね。」 っとひやかされる。えへへ…。

 今年は一つだけ当たった 「京都議定書の常識と省エネ法、温対法の運用状況」。省エネセンターから来た講師の向井氏の講義の面白かったこと。実際に京都メカニズム計画を提案する側にいる人だけあって、話が実際的だ。

 京都議定書の説明だけで40分ほど費やされたので、少し忘れかけていたことも思い出した。その時、面白い話をしておられた。最近、トウモロコシでエタノールを作るバイオ燃料のことがよく取り上げられる。

 大気中の炭素を取り込んで作られた作物で燃料を作り、それを燃やしても元にもどす訳だから、「カーボンニュートラル」 ととらえて ”地球温暖化の原因と言われる炭素の発生とはカウントしない” と考えるのが通常。

 だけど肥料には窒素が入っているため窒素はNOとなる。このNOは二酸化炭素の310倍の温室効果係数を持つ。バイオ燃料は本当に 「カーボンニュートラル」 と考えていいのか?

 だいたいこんな内容だったと思う。テキストには無い内容なので、向井氏の雑談的持論なのだろう。環境問題は、ある時期 「環境にいい」 と言われたことが、数年で 「やっぱりよくない」 と変わることがある。この辺が環境問題の難しいところでもあり、面白いところだろう。(写真は講義の後、消アド仲間と食堂で食べたランチセット。つい、食べ過ぎる…。)

| | Comments (0)

July 02, 2007

おうちで労働

Soujiki  長男シュンがこの頃、「洋服買ってくれ。」、「このカバン欲しい。どこで売ってるのかなぁ。」 っといろいろ要求が年頃のそれになってきた。私が買っても気に入らなかったり、一緒に買い物に行くのをいやがったりするのでこんな提案をしてみた。

 「部屋に掃除機をかけてくれたら報酬を払うよ。そのお金で洋服やら欲しいものを買ったら? その代わり気が向いた時だけするのはダメだし、キチンとしてなかったらやり直しをしてもらうよ。」 すると 「いくら? おー! するする!」と言う。

 夫にその話をすると 「甘やかしすぎ!」 っと言うのであるが、毎日掃除機をかけてくれるのは本当にありがたいし、シルバー人材で家事の援助を申し込もうと思っていたくらいなので、それに比べれば安いものだ。しかも、支払い先は家族だし。

 続かないかと思ったら案外続いており、報酬は週払いにしている。「ハイお疲れ様。」、「おー!やったぁ!」、「だけど前に話した3つのS(エス)でお金の使い方は考えてね。pend、ave、hare だよ。」、「あー、うー・・・。」 ホントに分かってるのかいなぁ。

| | Comments (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »