« ガクのお裁縫 | Main | エコツーリズム推進法 »

July 19, 2007

モモを読み聞かせ

Momo  ミヒャエル・エンデ著の 「モモ」 を読み聞かせしている。もちろん次男ガクに。この間、学校の授業参観に行くと学級文庫に 「モモ」 があった。そういえば家にあるな、この本。そろそろガクにいいくらいの本だなぁ、と思った。

 しかし、当然カレは読まない、というか読めない。でも少しは興味を持ってもらおうと読み聞かせすることにした。長いよ、コレは。

 「おかーさん、時間どろぼうっていつ出てくるの。」、「もう少しだよ。」、「悪いヤツは後から出てくるもんなの。」、「ふーん。」、「では、続きはまた明日…。」、「あー、寝よ、ねよ。」、「…。」

 ところが灰色の時間どろぼう達が出てくると、本当に興味を持ち出した。次にカメのカシオペイアが出てくると、「続きはまた明日…。」 っと言っても納得しない。にらみ付けながら、もっと読んでくれという。そんなら自分でも読めばいいのに…。

 「モモ」 を読むのは久しぶりだ。以前、「ハリポタ」 を読み聞かせしようとして断念したことがあった。もうすぐ映画も始まるし、「モモ」 の次は 「ハリポタ」 にリベンジしてみようか・・・。

|

« ガクのお裁縫 | Main | エコツーリズム推進法 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ガクのお裁縫 | Main | エコツーリズム推進法 »