« あすか倶楽部で火力発電所見学 | Main | 西新井大師の夏祭り »

August 22, 2007

あすか倶楽部で火力発電所見学2

Hopp  次は発電が行われている工場に移動。ここ横浜火力発電所は45万平米(東京ドーム10ケ分) ある敷地に150人の職員しかいない。旧式の発電機には1台で数人の人数が必要だが、新しい発電機では複数の機械に数人しかいない。

 新式は石油だけでなく天然ガスを燃焼して蒸気を作る。1300℃ほどの温度がある。ここで第一の発電。次に600℃程度まで温度が下がった廃熱で第二の発電をする。効率は54%ほどだとか。旧式では40%なので、効率は随分上がっている、との説明だ。そうは聞いてももっと効率よくできないのかなぁ、という思いが残る。

Isiyaki2  発電所を見学した後は、いよいよキリン・ビヤビレッジに移動。園内でホップを見つける(写真上)。メニューは食べ放題、飲み放題のジンギスカン。枝豆が出ると、枝豆大好きガクが喜んでバクバク食べる。足りないといって、他のテーブルまで遠征して枝前を食べる。まったくぅ。お肉と野菜を食べなさい!

Namamugi この地は 「生麦事件」 があった土地で、生麦事件の碑が近くにあるし、地名や駅名にも生麦の名が残る。ガクが早口言葉を言い換えて、「生グミ、生ニク、生サカナ」 と言う。おもろいヤツじゃ。帰りは生麦駅まで歩き、東急電鉄の赤い電車に乗って品川まで出ることにした。いつもと違う電車に乗るのはなんとなく嬉しい。

|

« あすか倶楽部で火力発電所見学 | Main | 西新井大師の夏祭り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« あすか倶楽部で火力発電所見学 | Main | 西新井大師の夏祭り »