« ラジオ体操 | Main | トンボ鉛筆:環境報告書 »

August 04, 2007

イッキによめる!名作選:本

Ikki  夏休みになると本を探すお母さん族が増える。次男ガクは本を読むのが苦手だ。教科書の音読などは上手なので、まさか字が読めないとは思えないが、そう思いたくなるくらいに本を読まない。

 「おかーさん、夏休みの本がないンだけど。」、「読書感想文書くの?」、「カンソー文はかかないけど、よんだ本をメモにかく。」、「じゃぁ、本屋さんで探しておくよ。」

 仕事の帰りに本屋に寄って見つけたのがコレ。「イッキによめる!名作選 小学生のためのわらい話」 短い楽しい話がいくつも載っている。これならガクにも読めそう。

 中の1話に ”くぎのスープ ”という話があった。さっと読んでみると、子供らが小さい時に繰り返し「お話し」をした  「寝る前の定番お話し」と同じ話しだ。スウェーデンの話とある。へぇー、私は子供の頃に読んだきりで、どこの国の話なのか忘れてしまっていた。

 ”くぎのスープ ” ではなく私が覚えているのは ”石ころスープ ”。お腹のすいた旅人が石ころだけでおいしいスープができるけど、肉が少し、玉ねぎが少し、人参が少しあればもっと美味しくなるのに・・・っと言って、村人から少しずつ材料を分けてもらう話。懐かしいな。ガクは ”迷子の達人” という話しが面白いと言っていた。よかった、読んでくれて。まだまだ面白い本はいっぱいあるからね。

|

« ラジオ体操 | Main | トンボ鉛筆:環境報告書 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ラジオ体操 | Main | トンボ鉛筆:環境報告書 »