« 子育てパパ検定 | Main | 中学生と国債(?)感覚 »

September 20, 2007

HITACHI圧力2段IH炊飯釜の使い心地

Kibi1  HITACHI圧力2段IH炊飯釜を使って 「きびご飯」 を炊いてみた。実は、この「きび」は頂きモノ。ブログを読んだ消アドの先輩からレシピ付きで 「きび」 をいただいた。

 レシピによるとお米1.5合に 「きび」 0.5合入れ、炊き込みモードで炊くと美味しい、いいお塩を少し入れるともっとオイシイ、っとある。ふむふむ。私は 「きびご飯」 は初めて。

Kibi2_2   我が家の子らは好き嫌が多いので、最初は少しの 「きび」 で炊いてみた。お米2合に 「きび」 を大さじ2杯。おー!炊けてる、炊けてる。きれい! タンパク質、カルシウム、食物繊維もいっぱいらしい。

 すると次男ガクが 「今日はきびごはんかぁ。」 と言う。「ガクちゃん、きびご飯知ってるの?」、「だってきのう、きびが台所においてあったから。」、「食べたことあるの?」、「あるよ、給食で。」

 なぁんだ、それならもっとたくさん入れれば良かった。白いお米に小さい 「きび」 のつぶつぶがきれい。でも味は特に変わらない。目先が変わって面白い感じ。長男の夜食の おにぎり もこれで作ってみようっと。

|

« 子育てパパ検定 | Main | 中学生と国債(?)感覚 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 子育てパパ検定 | Main | 中学生と国債(?)感覚 »