« FP継続教育セミナー受講の巻 | Main | 「TUMBA」って知ってる? »

September 14, 2007

化学産業「脱」入門:書籍

Kagaku  職場に置いてあって、そのうち読もう!っと思っていた本をとうとう読み始めた。それが ”化学産業「脱」入門”。化(ばけ)の本ながらナカナカ面白い。

 小学校の頃は理科が大の苦手だった。特に電気などの物理関係。直列つなぎや並列つなぎもなんとことやら分からなかったし、電気は今でもなんかコワイ。

 中学の頃に出会った1分野の参考書に化学のことがとっても面白く書いてあり、それが縁(?)で今は化学系の会社にいる。でも詳しい訳ではないので、面白く化学のことが書かれている本じゃないと読めない。

 この本は 「語学としての化学」 なんていう項があり、今更聞けないような化学用語が語源から載っている。ところどころ 「蛇足」 と称して面白いコラムもある。 『一番長い英単語はなぁんだ? 答えは smiles .SとSの間が1マイルもある…。』 とかね。

 本をよく読むが、理科、特に化学が苦手な長男に、「この本、面白いよ。」 っと紹介したのだが手に取ってみる気配がない。 「お母さん、文系の人は文系が好きなわけじゃないンだよ。理系に行けないから文系に行くンだよ。」 っと知ったふうなことを言う。私は自慢じゃないが歴史と地理は頭に入らないゾ!

|

« FP継続教育セミナー受講の巻 | Main | 「TUMBA」って知ってる? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« FP継続教育セミナー受講の巻 | Main | 「TUMBA」って知ってる? »