« お金の出て行く家 by風水 | Main | 初めての近鉄 »

September 28, 2007

魚の骨がささった

Lego13  次から次へと次男ガクとの騒動が続くのだけど、今度は魚の骨。夕食にサバの味噌煮を作った。久しぶりだし、生姜をたっぷり利かせて美味しく作ったつもりだった。

 ところがガクが突然、「うがっ!」 っと叫んだ。サバにアレルギー反応を起こしたのかと思ったら、骨がノドに刺さったのだと言う。泣き叫んでいる。この子はいつもオーバーアクションなのだが、次の日が遠足なので、夜間診療の医者に連れて行くことにした。

 病院に電話をしてからタクシーに乗って出かける。たまたま昨日、お金をおろしておいてよかった。往復のタクシー代と診察代にはぎりぎり足りそうだ。

 さっそく診てもらうが見えるところに骨はない。でもガクが小学5年の男の子とは思えないほどに涙をポロポロこぼすせいか、耳鼻科の先生にも診てもらうことになった。軽く麻酔をして鼻から細いカメラ付きの管をとおして診てもらった。ガクは泣きっぱなしである。

 結局、骨はなかった。一度ささったが泣き叫んでいるうちにとれてしまったのだろう。けれど先生と看護士さんは、「子供が痛いと言う場合は本当に刺さっていることがありますからね。明日の朝まで痛がっているようだったら食事をしないで連れて来て下さい。内視鏡で診ますから。」 っと言われた。いえ、きっと大丈夫と思います。この子、よく泣くンです。しかもオーバーに…。っとは言えなかった。

 帰る頃にはガクはかなり元気になっていた。突然、夜に1人で長男を残してきたので心配してるだろうとメールした。「これから帰ります。ガク快復した。」、「事態はのみこめたけど、ナンカ緊迫感を感じない状況だったンだけど。でも大変ですなぁ。」、「ガクのお母さんですから…。」 当分、サバは懲りた感じ。

|

« お金の出て行く家 by風水 | Main | 初めての近鉄 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« お金の出て行く家 by風水 | Main | 初めての近鉄 »