« 初めての近鉄 | Main | 入試によくでる基礎:理科編 »

October 02, 2007

貯金した1万5千円

Lego14  今年のお年玉の中から次男ガクは1万5千円貯金した。長男は7千円。少しずつ貯めて、まとまったら通帳ごとあげようと思っていたのだが、この頃ガクが、「あの1万5千円使いたいンだけど。」 っと言う。

 どうするのと聞くと、レゴブロックで欲しいシリーズがあるのだという。レゴブロックに1万5千円かぁ。「誕生日にもらったら? (それでも十分高いが。)」 、「たんじょうびにはちがうレゴをもらう。」、「…。 じゃぁ、サンタさんは? (それでも十分高いが。)」 、「いや、サンタには他のものをもらう…。」

 欲しいレゴは1万5千円でも少し足りないらしい。「お母さん、おふろそうじとふとんしくから、1週間で500円くれない?」、「ちゃんと続けられるんならいいけど。」、「だいじょうぶ、1ヶ月だけだから。」

 足りない分だけ働いて稼ぐつもりらしい。この頃、自転車での行動範囲が広がり、今日もおもちゃ売り場まで1人で出かけていった。「何か買ったの?」、「いいや、レゴをみてきただけ。」 買う気満々だな。

  ところがネットで注文すると定価よりぐっと安いことがわかり、私が出張から帰ると届いている。「お父さんにパソコンでたのんでもらった。くみたてるのに2時間30分かかった。」  あーあ、また家中ブロックだらけだし、お金の貯まらない家だ…。

|

« 初めての近鉄 | Main | 入試によくでる基礎:理科編 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 初めての近鉄 | Main | 入試によくでる基礎:理科編 »