« パッツン・スーツ | Main | 日本橋でクリスマスパーティー »

November 29, 2007

ALWAYS 続・三丁目の夕日:映画

Always2  監督の山崎貴は同い年ということで前から興味があった。監督デビュー作の 「ジュブナイル」 は好きな1本だ。続く 「リターナー」 も好きだったけど、オリジナリティーに欠けるようでちょっと残念に思っていた。

 ところが 「ALWAYS」 でSFでない映画も撮れて、笑いもあり、涙もあり、こだわりを感じた。この映画の好きなところは三丁目の人たちの個性。物語性よりも一人一人の個性が楽しく、見ていると三丁目の住人になりたい気持ちになる。

 心優しい 「アクマ先生」、タバコ屋のキンさん、氷屋から転職したアイスキャンデー売りのオジサン…。そしてまたしても同い年の鈴木オート社長、そして鈴木オートの心優しい奥様役の薬師丸ひろ子。今回もこの2人の夫婦ぶりが一番好きだ。

 上映時間2時間26分ながら終わる頃には、もう少し三丁目の街並みと住人達を見ていたくて残念だった。戦争を知らない世代の監督が撮った昭和の映画なのでしょうね。

 

|

« パッツン・スーツ | Main | 日本橋でクリスマスパーティー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« パッツン・スーツ | Main | 日本橋でクリスマスパーティー »