« 愛宕(あたご)神社で初詣 | Main | 読売新聞に載ってしまったのです »

January 23, 2008

食品の次は紙

 表示の偽装問題はまだまだ続きますね。今度は紙ですもん。日本の環境関係の法体系はなかなか良く出来ていて、まず 「環境基本法」 があり、これを補完する 「循環社会推進形成法」 で廃棄物の順序付けをし、その下に 「自動車リサイクル法」 やら、「家電リサイクル法」 などのリサイクル関係の法があります。

 そしてリサイクルするだけでなく、ちゃんと消費がまわるように 「グリーン購入法」 少なくとも国の機関は環境に配慮した製品を優先して購入するようになっているわけです。

 それが、それが 「環境商品は売れる!」 っとばかりに偽装して売っていたのだから呆れるばかり。再生紙とはウソばっかりで中には殆ど古紙が入っていないものもあった。怒り!そして呆れ!

 紙製品は価格も安く、製造する時の機械のラインスピードは相当速いハズ(時間かけていては生産性が落ちるからね)。そのためには古紙が入っていると切れ易くて入れたくないのだろうな。だからといってウソは問題外です。 

|

« 愛宕(あたご)神社で初詣 | Main | 読売新聞に載ってしまったのです »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 愛宕(あたご)神社で初詣 | Main | 読売新聞に載ってしまったのです »