« フリーターか?! | Main | スウィーニー・トッド:映画 »

February 12, 2008

ボトル to ボトルのリサイクル

Suitouk  ペットボトルのリサイクル工場に行ってきました。それも 「ボトル to ボトル」 の工場。川崎にある株式会社ペットリバースです。

 本当はゼロエミッションの某工場へ行くハズだったのが、急遽行き先が変更になり、「ボトル to ボトル」 の工場へ。いやぁ、変更になってよかった。「ボトル to ボトル」 なんてなかなかみられませんもん。

 小さなリサイクル工場かと想像していくと大間違い。大きな化学プラントでした。化学メーカーらしく工場をパイプが走り回りチョット興奮。

 原料となるペットボトルは意外にも蓋やラベルが付いたまま。家庭から出るものよりも自動販売機の横にある産業廃棄物扱いのペットボトルが多いのと、自治体によって回収の熱心さに温度差があるからだという。我が家ではちゃんと蓋とラベルをはずして出しているのになぁ。

 リサイクルの原理はPET (ポリエチレンテレフタレート) にEG (エチレングリコール、略してエチグリ!) を加えてPETの原料になるBHET (ビス-2-ヒドロキシエチルテレフタレート) に戻すというもの。もともとの原料に戻すので永久的にリサイクルできるというわけ。エチグリも再生して使っている。

 それにしても倉庫で出荷待ちしているPETボトルの元 (小さいペレット状のBHET) が山積みされているのを見ると、ほんとペットボトルってたくさん作られているのだなぁ・・・っと実感。この頃、夫はマイ水筒持参で会社に行きます。お財布と環境にいいですね。

|

« フリーターか?! | Main | スウィーニー・トッド:映画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フリーターか?! | Main | スウィーニー・トッド:映画 »