« ボトル to ボトルのリサイクル | Main | 風邪が治りつつ »

February 13, 2008

スウィーニー・トッド:映画

Sweeneytood  うーーん、やっぱり見なければ良かったとも思うが、やっぱり見てよかったとも思う。ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演とくれば見たくなる。でも私は刃物苦手なのだ。

 映画の醍醐味。理髪師トッド役のジョニー・デップの共犯役、ミセス ラベットは 『チャーリーとチョコレート工場』『ビッグ・フィッシュ』 、 『ハリポタ』 で不気味に光っていたヘレナ・ボナムだし、復讐相手の判事は 『ハリポタ』 のアラン・リックマン、その周りをうろちょろする役人に 『ハリポタ』 のティモシー・スポール。

 『ハリポタ』 にも出ているイギリスの名優さんたちがバシバシ出ており、しかも歌っている。ほんと、映画っていいなぁ…っとスクリーンを見て現実の世界を忘れる。

 しかし、剃刀はあるし、流血シーンは多いしで私はまともに見られないシーンが多い。せっかく、ジョニー・デップがスクリーンに出ているのに…。

 そういうシーンさえ大丈夫な方とジョニー・デップ好きな方なら絶対、見ておく1本と思います。

|

« ボトル to ボトルのリサイクル | Main | 風邪が治りつつ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ボトル to ボトルのリサイクル | Main | 風邪が治りつつ »