« 私立中学じゃなくて | Main | 小湊鉄道 »

March 05, 2008

リアル鬼ごっこ:映画

Oni  なんだかんだと原作に文句を言いつつ、映画まで見てしまった。しかも次男ガクと2人で。R指定や保護者同伴マークがなかったので大丈夫かな、っと。だけど子供とポップコーン食べながら見る映画ではないな。

 不良一味から逃げる主人公、佐藤翼のシーン、ナゾの死を遂げる佐藤性の人々。あれっ? 原作と違うな…っと思う頃にいろんな仕掛けが見えてくる。そして原作にはない 「王制が敷かれた背景」 が明らかになる。そして、翼はパラレル・ワールドへ…。

 うまいなぁ、長編映画初監督という1967年生まれの柴田一成監督。原作にない細かい話しの背景やつじつま合わせを逆にアイデアを入れるチャンスとばかりに自由に付け加えている。原作の斬新な発想と監督のうまい脚本。 「原作と映画は別物!」っと常々思っているので、映画として楽しめた。柴田一成監督に拍手!

 SFモノが好きなので 「パラレル・ワールド」 なんていう設定は嬉しくてたまらない。前に見た映画で 「スライディング・ドア」 っというグウィネス・パルトロウ主演の映画がある。こちらはとても切ない 「パラレル・ワールド」もの。 好きな1本です。

|

« 私立中学じゃなくて | Main | 小湊鉄道 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 私立中学じゃなくて | Main | 小湊鉄道 »