« レッドアロー号で秩父は桜満開 | Main | 久々のシェ・松尾2 »

April 13, 2008

久々のシェ・松尾1

Matuoniwa   4月のワイン倶楽部は 「シェ・松尾の松涛レストラン」。渋谷の高級住宅地にひっそりと建つフレンチのレストラン。私はどちらかというとワインよりも食事目当ての参加。でももちろんワインも楽しみです。

 今回はフレンチイマイチの夫を誘っての参加。昼間っからワインを飲んで渋谷から家まで帰るのはチョイト気が引けるので、一緒に帰る人がいるのはありがたい (ところが夫は酔っ払って千鳥足で帰るのであった…)。

Waine3  渋谷から邸宅を眺めて10数分、見えてきました。少し早く着いたのでそこらを一周して邸宅めぐり。その後、会食の前に庭を眺める。小さな庭だけどなんとなく和むんだなぁ。

 さて食事とワインの始まり。シャンパンから始まり、続いてシャブリ。おいしいなぁ。シャンパンは肉料理にもあう力強さ(解説によると)だし、シャブリは 「葡萄の女王」 と言われるにふさわしい(解説によると…)ものだった。

 最後の赤ワインの頃には酔いとお腹がいっぱいで幸せすぎた感じ。昼のコースなのに食事が始まってから4時間近く経っている。贅沢過ぎ! あー至福の時。

 

|

« レッドアロー号で秩父は桜満開 | Main | 久々のシェ・松尾2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« レッドアロー号で秩父は桜満開 | Main | 久々のシェ・松尾2 »