« ギターとワックスと高校生活 | Main | 親子で塗り絵 »

June 13, 2008

ザ・マジックアワー:映画

Ts3g0095_2  三谷幸喜監督の映画。 『有頂天ホテル』 も面白かったが、主役の役所広司がまじめすぎるのか空振りのシーンが多く不満が残った。そのときに逃げる政治家役の佐藤浩一がよかった。そのカレが今回は主役。

 スタッフには愛されるものの、オーバーアクション気味の演技のせいか なかなかいい役が回ってこない村田大樹(佐藤浩一)に、殺し屋の役で主演話がやってきた。実績のない監督からの怪しい話にマネージャーは乗る気でないものの、村田は殺し屋役 ”デラ冨樫” 役にかけるのだったが…。

 サイコーに面白い。映画のワンシーンだと思いこんで ”デラ冨樫” に成りきる佐藤浩一の演技がおかしい。こういう真剣に演じていて笑いのとれる役者さんっていいな。コメディーは難しいもんね。主役、端役を問わず役者さんや映画を愛するスタッフの世界がスクリーンいっぱいに広がって楽しい。

 映画の最初の方に市川崑監督が登場する。随分似てるなぁっと思ったら本人だった。市川監督の 『細雪』 大好きでした。

|

« ギターとワックスと高校生活 | Main | 親子で塗り絵 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ギターとワックスと高校生活 | Main | 親子で塗り絵 »