« July 2008 | Main | September 2008 »

August 30, 2008

女の子みたい…

Bousi  次男ガクが日光自然教室に行ったときの写真を持ち帰ってきた。なかなか学校へ行くチャンスがないので、ガクに欲しい写真を自分で注文するようにと言っておいた。すると…、いっぱい頼んできた。高いんだよね…。こういう写真って。

 「あれ、景色の写真も頼んだの?」、「うん…。」、「きれいだね、桜みたいな花だね。」、「えっとね、この滝にガイコツがうつってるの。」、「えーっ! あ、ホントだ。お母さん、こういう写真苦手なんだけど…。」、「まぁ、いいじゃん。」

 他にも友達と写っている写真がいっぱいあって、ピースをしたり、笑ったりしてよく撮れている。でも…、どの写真も髪が長くて女の子のように見える。

 そういえば、髪を切ってすぐに石和温泉に旅行に行った時のこと。仲居さんに 「あら、ごめんなさい、お兄ちゃんじゃなくて、お姉ちゃんだったかしら…。」 っと言われてムスッとしてたっけ。髪が長かったら、間違いなく女の子と言われていただろうな。

 「おかーさん、ぼく、もう小6なんだからね!」 っとよく言われる。でも来年、中学生なんて思えないんだもん…。

| | Comments (0)

August 29, 2008

taspo(タスポ)カード

Taspo  先日、テレビのコマーシャルで 「自動販売機で購入するときは、taspoカードがないと買えません!」 っというのをやっていた。

 家族でたばこを吸う人がとうとういなくなったので、我が家では関係ないのだけど、カードを使って買っている人の姿を未だ見たことがない。 というか、いちいち気にしてないのだけど。

 そのCMを見て次男ガクが一言。「ていうか、タバコ うらなきゃいいのに!」 、「そうそう、ガクちゃんエライ!」 、「道を歩きながら人もいるし、すっごい迷惑だよね。」、「ていうか、体にわるいんでしょ。」、「そうそう!」

 イマドキは学校でタバコの健康被害については相当学習しているらしい。そのまま大人になっておくれよね、ガク。

| | Comments (0)

August 28, 2008

つぶらな瞳の少年?

Guiter  「今日さぁ、2時に友達と待ち合わせして、晩飯もみんなとファミレスで食べるんだけど…。」、「誰と? なんで? いつ帰ってくるの?」

 「中学の時の友達と。M尾がドイツに留学するんだって、それのお別れ会も兼ねて…。んで、お金も少しくれませんか?」、「えーっ! じゃぁ、500円。」、「・・・。あっ、ありがとうございます!」

 「だけどドイツ留学なんてすごいね。でもせっかく入った高校なのにもったいないような…。」、「まぁねぇ。」、「アンタもほけーっと高校生活送んないで、ちゃんと計画立ててね。」、「はぁ…。」

 「ハメ外して騒ぎすぎて、タバコ吸ったり、お酒飲んだりすることのないように! 暴力ザタとかね。」、「いや、メンバーからみてもそういうことは…。」

 「高校生の男の子の集団なんてハタから見たら、タバコ吸ってたって注意できないもんだからね、怖くって。」、「えっ、そうなの! こんな つぶらな瞳の少年なのに…。」、「…。そうなの、高校生の男の子みて、カワイイって思うのはお母さん族だけだからね!」、「そうなんすか…。」

 子供なんだか、大人なんだか・・・。いつまで経っても心配の種は減らない…。

| | Comments (0)

August 27, 2008

ハムナプトラ3:映画

Eiga_hamu3  楽しみにしていた 「ハムナプトラ3」。 長男曰く、「インディー・ジョーンズ とどう違うの? 」、「違うんです。こっちは毎回ミイラネタなんです。」、「それだけですかぁ!」、「えっと…、まぁ、いいじゃん。」

 今回のハム3は中国ネタ。えっ、中国にミイラ?っと言ってもなじみがないけれど、そこのところはちゃぁんと脚本でカバーされている。要するに、呪いで生きたままミイラにされた悪者が現代に復活するということ。

 その悪者役がジェット・リー。それだけでもスゴイのに、ミッシェル・ヨーも出ている。二人の対決シーンは見ていて本当に嬉しかった。映画 「ヒーロー」 と「グリーン・デスティニー」 を一度に見ているような得した気分。

 残念なのが本当の主役陣のオコーネル一家。リック役のブレンダン・フレイザーは続投なのに、エブリン役がレイチェル・ワイズからマリア・ベロに変更。 成熟した感性とかセクシーさとかいろいろ理由はあるようだけど、絶対にレイチェル・ワイズの方がよかった。

 マリア・ベロがスクリーンに登場するたびに残念でならなかった。きっとアジアびいきの監督ロブ・コーエンがミッシェル・ヨーに気を使ったのだろう! っと一人で納得する私であった…。

| | Comments (0)

August 26, 2008

ソフィテル東京と都城市民会館

 日経新聞(8/25)の 「文化」 欄を読んでいた。この欄はなかなか面白くて、プロの作家さんが気楽に書いているときもあるし、かなりオタクな趣味を持った人が熱心に書いていることもある。

 「高層ビル・ハイポーズ」 っという記事を趣味で高層ビルを撮影している中谷幸司さんが載せていた。面白く読んでいると最後のほうに、上野の不忍池から見える階段を重ねたような 「ソフィテル東京」 というビルが解体されたと書いてある。

 不忍池から見える変なビルといったら一つしかない。アレが解体されたのかぁ。上野駅前の映画館がなくなってから、とんと上野には行かなくなった。2007年に解体されたらしい。13年の命だったそうな。確かに、見ていて気持ちのいいビルではなかったな。中身はちゃんとした外資系のホテルだったそうな…。知らなかった。

 ところが調べてみると設計者の菊竹氏は他にももちろん設計しており、その中の一つに宮崎県都城市の市民会館を設計している! っとある。都城の市民会館は変な形をしており、それがフツーかと思っていたら、もちろん公共の建物でこんな変わったデザインは少ないのだということを後に知った。

 へぇ、そうだったんだ…。そう思うとアノ変な上野のビルも無くなってみて寂しく感じてしまった。都城の市民会館も解体の話がでているそうな。いやいや、もう少しがんばって欲しい。

| | Comments (0)

August 25, 2008

キッキン・リフォーム計画1

Nagasidai  近所にクリナップのショールームがありまして、またまた行ってみました。確か、去年も行ったような、もっと最近だったような。

 このマンションに引っ越して18年くらい。キッチンはその時のままだから、もうだいぶ年季がはいってる。ハウスクリーニングで何度か掃除してもらっているから、 「うわっ!」 っという程キタナイ訳じゃなけど・・・。

 なんというか仕事の意欲が沸かないキッチンというか、汚れとか古さが目に付くキッチンというか…。それで、夫と二人でショールームへ。やっぱり、リフォームしたくなった! 狭いスペースだけど、いろいろ選択肢はあるらしい。

 シンクは水を流しても音が静かなタイプがいい。換気扇は掃除がしやすいタイプがいい。吊戸棚はスッキリしていて使いやすいのがいい。流しの下はタップリ収納できるタイプがいい。今は換気扇の自動洗浄装置がついたタイプもあるのだ。

 んんん、予算もあるしなぁ。説明してくれたお兄さんは、本社開発部隊から助っ人で来ている人らしく、セールストークではない本音のところを説明してくれたように思う。よーっし、スッキリ新しくして、気分もあらたにするかぁ!

| | Comments (0)

August 23, 2008

部下は育てるな取り替えろ:書籍

51nfbodvm3l_aa240_  とうとう買って読んだ。図書館で借りようとしたのだけど、ない…。何度も検索しても、いつまで経ってもないので諦めて買った。

 でも、おもしろーい! これはいい! タイトルはショッキングだけど、書いている内容はいちいち納得できる。使えるなぁ、この本。

 いくつかネタとして会社でも使ってみよう。会社にどっぷり浸かっている方、読んで頭を切り替えるといいです。

| | Comments (0)

August 22, 2008

崖の上のポニョ:映画

Eiga_ponyo  この頃はスッカリ一緒に出歩いてくれなくなった長男に代わって、次男ガクは映画くらいなら付き合ってくれる。夏休みに二人で 「崖の上のポニョ」 を見に行った。

 「ぽーにょ、ポーニョ、ポニョ、さかなの子!」 、「おかーさん、歌わないでくれない?」、「ふーふ、ふーふふふ、ふふふふふっ!」 、「ふふふふっも止めてくれない?」、「んーん、んーん、ん・・・」、「だから、やめてってば!」 歌っちゃうよね、ポニョ。

 こういう話だったのね、というかストーリーあるのか? ポニョ。 スクリーンいっぱいに走り回るポニョと暴れる海。宮崎さんの世界がスクリーンに広がる。

 なんか懐かしいなぁ、と思ったら 小川未明の 「赤いろうそくと人魚」 の風景が入っている。好きだなぁ、小川未明。それで崖の上で、田舎で、ろうそくなのか。そういうことなら、不思議な街並みと唐突な設定も許せる、許せる。

| | Comments (0)

August 21, 2008

私の夏休み

Asagao  今年の私の夏休みは・・・。土日を入れて5日間だけだったにも係わらず、仕事で使うパワポの資料(30枚)作りと、仕事で必要な本(実践トヨタ式改善なんたら)を読む・・・っというヒドイものになってしまった。

 本当はコレに遅れている通信教育(簿記3級)の提出課題も出そうと思っていたのだけど、無理だった。頭が拒否していた。

 でもね、映画は2本(ポニョとハムナプトラ3)みたよ。フィットネスにも3回行ったよ。山田悠介の本も4冊読んだよ。昼寝もしたよ。やっぱり、休みをあてにして仕事のスケジュールを立ててはいけない。反省の夏休みだった・・・。

| | Comments (0)

August 20, 2008

あこがれの映画三昧生活

Hasu2  8月31日いっぱいは近所の映画館で1本1300円で見られる。嬉しい。そこで会員になった11月以降に見た映画を振り返ってみた。30本ほど見ているではないか。見たなぁ・・・。

(字)ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘 、崖の上のポニョ、ドラゴン・キングダム、ハプニング、

GATE、ザ・マジックアワー、(字)インディ・ジョーンズ4、クライマーズ・ハイ、奇跡のシンフォニー、

(吹)インディ・ジョーンズ4、告発のとき、ザ・マジックアワー、ラスベガスをぶっつぶせ、

(字)ナルニア国物語 第2章、(吹)スパイダーウィックの謎、NEXT ネクスト、名探偵コナン2008、

クレヨンしんちゃん2008、(字)魔法にかけられて、(吹)魔法にかけられて、(字)ジャンパー、

リアル鬼ごっこ、(字)ライラの冒険 黄金の羅針盤、陰日向に咲く、(吹)アース earth、

アイ・アム・レジェンド、(字)ナショナル・トレジャー2、椿三十郎(07) 2回、ALWAYS 続・三丁目の夕日、

ボーン・アルティメイタム

 毎週1本見られるようになりたいな。できれば毎日1本見たいくらいだ。うう、あこがれるなぁ、映画三昧の生活…。

| | Comments (0)

August 19, 2008

夏休みの読書

Hon_yamadayusuke  次男ガクと一緒に山田悠介の本にはまっている。 「リアル鬼ごっこ」 の彼。漫画と絵本しか読まなかったガクが、この人の本だと話しかけても聞こえないくらい集中して読んでいる。

 夏休みの課題用に本屋に買いに行くというので一緒に本屋へ。「ガクちゃん、漫画とかゲームの攻略本じゃないから、おかーさんが買ってあげるよ。」、「えっ? いいの? じゃぁ、これも・・・。」 っと言って合計4冊購入。

 「親指さがし」、「Aコース」、「Fコース」、「レンタル・チルドレン」。帰宅して一心不乱に読んでいる。スゴイな、山田悠介。で、私も読んでみた。はまった。

 デビュー作 「リアル鬼ごっこ」 は読みながら赤ペンを入れたくなるような文章だったけど、ずいぶんこなれて読みやすくなっている。登場人物の設定やら何やらいろいろと、つっこみを入れたくなるがアイデアは面白い。

 そうなんだな、いろいろつっこみ入れながら読む本なんだな、これは。新しい時代の作家登場ってところか・・・。それにガクと本の話をすることができて嬉しい!

| | Comments (0)

August 17, 2008

山梨一泊旅行:桃狩り編

Kicx1307_2  近場の一泊旅行とはいえなかなか楽しい。最後の予定は桃狩り。ぶどう郷まで電車で移動して、ぶどう狩りと桃狩りのできる 「理想園」 へ。駅で行きかたを聞くと、ちょうどバスがあると言う。

 勝沼ぶどう郷駅から誰でも100円で乗れるバスが出ている。ワインコースとぶどうコースがあり、「理想園」 はぶどうコースに乗って15分ほど。起伏のある土地なので、バスに乗って正解。歩いていたらきっと暑さでバテていた。

 桃があまり好きでないシュンは夫とぶどう狩りへ、ぶどうがあまり好きではないガクは私と桃狩りへ。桃は小さいかごに3個採って1500円、子供は2個で1000円。その後、休憩所で冷えた桃とぶどうが食べられものの、ちょい高いなぁ。

Kicx1319  脚立に乗って高いところの桃をねらうガク。 「お母さんの分もガクちゃんが採っていいよ。」、「いいの! うわーい!」 っと言って喜んであちこちを物色。私はそのたびに脚立を持って移動。脚立に上って上からみるとこれまたいい眺め。

 シュンに 「ぶどう狩り楽しかった?」 っと聞く。 「オレ、腰が痛い。ぶどう棚低くって…。」 なるほどね、背の高いシュンには桃狩りの方がよかったかも。いやはや、近場の一泊旅行、大成功っといったところでしょうか?

| | Comments (2)

August 16, 2008

山梨一泊旅行:石和温泉で鵜飼編

Isawa_ukai1  勝沼ぶどう郷駅から電車で5駅目、石和(いさわ)温泉に到着。「わー、サティがある!」 っと次男ガク。「サティに行きたい!」、「帰るときにね、早くホテル行こうよ。」、「わかった…。」 なにやらゲームを見たいらしい。

Isawa_ukai3_2   会社で契約している福利厚生を利用して予約した、「ホテル千石」へ到着。あらら、社員旅行で使うような雰囲気のホテルだな…、っと思っていると夫が、「ここに泊まったことあるな。会社で来たよ。この宴会場を貸しきって宴会やった。」っと言う。そういう雰囲気の宿。

 夜は近くの笛吹川でナント 「鵜飼」 が見られるという。その後、10分間の打ち上げ花火もあるという。これは行かねば…っと温泉につかって、食事をして早々と出かける。ノンビリ旅行のつもりだったけど、いろいろ予定が入った。それはそれで楽しい。

Isawa_ukai5  観光用の小さな規模だけど 「鵜飼」 見られた。前もって希望すれば、実際に 「鵜飼」 が体験できるようだ。面白そう。鵜飼の後に打ち上げ花火。東京の人込みの中でみる花火と違い、河原で眺める花火のなんと贅沢なこと! 石和温泉、なかなか頑張っているではないか!

| | Comments (0)

August 15, 2008

山梨一泊旅行:ぶどうの丘編

Kicx1276  ぶどうの丘はなんと言っても景色のよさ。テラスから一望する甲府盆地の景色はすばらしい。昼食のバーベキューを食べるために集合場所へ。まだ誰も来ていないので、あたりをふらふら。どこもかしこもブドウだらけ。

 あすか倶楽部のメンバーはお酒をたしなむ方が多いので、ワインカーブでワインの試飲を済ませて登場。皆、赤い顔をしてにこにこしている。

Kicx1326  この日はバーベキューの後すぐに宿のある石和(いさわ)温泉に行ったものの、翌日も昼食を食べにここへ。ワイン・レストランからの眺めもいい。ワインのたっぷり入ったビーフシチューと少々赤ワインをいただいて、シ・ア・ワ・セ。

 夫と次男ガクは食事の後に 「天空の湯」 へ。ここからの眺めもすばらしかったらしい。やっぱ、行けばよかったかな。私と長男は散策を選んだのだった。

Kicx1277  「ぶどうの丘」 から駅まで歩く。起伏のある道無き道を歩く。「ねぇ、ここって、私道なんじゃないの?」、「そう?」 なんていう会話をしながら、とにかくブドウだらけの道を行く。徒歩15分くらい。景色がいいので歩くにはちょうどいい距離だな。

| | Comments (0)

August 14, 2008

山梨一泊旅行:大日影トンネル編

Katunume_tonnel  消アドのあすか倶楽部の方たち+家族で 「ぶどうの丘」 へ行ってきました。新宿から特急で90分。食べたり飲んだりして日帰りで帰るのは惜しい気がして、近くの石和(いさわ)温泉を予約。

 まずは最寄の勝沼ぶどう郷駅に到着。すると先に到着していた方たちから近くに「大日影トンネル」があり遊歩道になっている上に涼しい! っと言う情報をゲット! 涼しいに引かれて行って見ると、確かにトンネルの側に近づいただけでひんやりとした冷気がただよってくる。

Katunuma_bonchi  片道1.4kmの今は使われていないレンガ造りのトンネルを歩く。すごいや、これ全部レンガを積んでる。「シュン! ガクちゃんはどこ?」 みんなの歩くテンポに遅れて次男ガクの姿が見えない。「あれじゃない?」 っと長男シュンが指差す彼方後方を見ると、ガクが線路の上を飛び跳ねながら歩いている。 「ガクちゃん、まるで座敷童子みたいだね。」、「絶対、座敷童子だよ。」

 往復3km近く歩きすっかり疲れたので 「ぶどうの丘」 までタクシーに乗ってしまった…。しかし、甲府盆地を見下ろせるナント景色のいいところだろう!

| | Comments (0)

August 13, 2008

弁当作りの夏!

Bentou  また夏休みが来て弁当作りの夏が来た。夏のお弁当は傷みやすい。なのに長男シュンは梅干嫌いだ。唐揚げはお弁当の定番なのに次男ガクは唐揚げ嫌いだ。それに二人とも野菜と言うとプチトマトとキュウリくらいしか食べない。悩む日々。

 適当とは言え、私のお弁当もあるから毎日3人分のお弁当作りなのだ。 しかーし、そのお弁当作りもしばし休憩! 私のお盆休みの後に夫の夏期休暇が続くので二週間近くお弁当作りから開放される!

 おまけにガクは25日から学校で、給食も始まる。なんとありがたいことか。 そんなこと言えるほど、ちゃんとお弁当作っているのか!」 っと言う声も聞こえてきそうだが、それはそれとして・・・。すまぬ、いつも手抜き弁当で。

| | Comments (0)

August 12, 2008

夏期講習サボった

Syun  長男シュンの学校はありがたいことに夏期講習がある。高校にはいってから絶望的に成績が悪いシュンなので、「必ず申し込むように!」 っと言っておいた。結局、3科目申し込んだようだ。

 ところが夏期講習があるハズの日。いつもだったらちゃんと起きるのに、ぐだぐだしているし、私が出かける前もぐだぐだしている。会社に行ってからも気になって、「ちゃんと起きて講習いったかなぁ…。」っと思っていた。

 翌日なんとなく様子が変。そういえば夕べの洗濯モノに学校に来ていくシャツがなかった。「ちゃんと講習行ったの?」、「あっ、実は午後、サボった。すみません。」、「だけど洗濯モノにシャツがないじゃない?」、「えっ? あっ? そうかな。」

 出かける時間になってしまったので、そのまま会社へ。するとケータイにメールが。「すみません、嘘をつきました。バンドの練習がしたくて昨日の講習はサボリました。ちょっと言いづらかった。」 っとある。

 まったくもう! バンドだって、ボイストレーニングだって応援しようと思っているのにこれだ! 帰宅してからも私が不機嫌なまま夕食をしたのは言うまでもない…。

| | Comments (0)

August 11, 2008

ハリーポッター死の秘宝:書籍2

Hon_haripota7_2   とうとう読み終えた・・・。感無量。私に魔法が使えたならば、7巻が終わらないようにしたかった。それくらい、先を読みたいのに終わって欲しくなかった。

 でも読み終えて満足感に浸る。7巻ではこれまでの謎が一つ一つ解明されていく。やっぱりそうだったのか、えっ、そうだったの! っと両方。

 戦いを終えてハリー含めて仲間たちのなんと勇敢なことか! 魔法使い達だけでなく、しもべ妖精や子鬼達、巨人たち…。

 去年、次男ガクの誕生日にホグワーツからの入学許可証はこなかった。ハグリットよ、ガクはおチビだから今年の誕生日でもいいよ。待ってるから来てね。

| | Comments (0)

August 09, 2008

ドラゴンキングダム:映画

Eiga_dragonkingdom_2  「今日は何を見に行くんすか?」 っと長男シュン。「ジャッキー・チェンとジェット・リーが共演してるカンフー映画だよ。」、「面白そうすね。」、「んん、だけど、ジャッキーだけで人を呼べると思っているのに、ジェット・リーと共演なんて…。ゴジラだけでは人呼べなくなってモスラと対決させる映画みたいじゃない?」、「いやぁ、考え過ぎでしょう。夢の共演じゃないんすか?」

 という会話のあと一人で映画 「ドラゴン・キングダム」 を見にいった。シュンが正しかった! 面白い! 私の見たかったジャッキーがそこにいた。ジェット・リーも悪くない。

 アメリカ映画に出るようになってから、ジャッキーの持ち味のカンフーが少なくなった。刑事役もいいけれど、やっぱり 「酔拳」 の頃のジャッキーが好きだ。

 それが 「酔拳」 のジャッキーがスクリーンに! 「蛇拳」 も登場。それにジェット・リーとの対決シーンは、これまでのどの対決シーンよりもいい。嬉しくて顔がにかにかしてくる。やっぱりいいなぁ、ジャッキー。中学時代からファンを続けていてよかった…。

| | Comments (0)

August 08, 2008

ニンジンの味噌汁

Gakugohan_2  ケータイに次男ガクからメールが入っている。 「晩御飯はボクがつくります。」 へぇ、そういえば家庭科の宿題だったような…。

 「何を作ってくれるの?」、「卵料理と味噌汁」、「了解です。ありがとう。」 しかし、冷蔵庫にある材料でつくれるのかしらん。

 帰宅すると家の中が暑くて、むわっとしている。台所に行くとガクが床を拭いている。「どうしたの? 火傷しちゃった?」、「してないよ、ちょっとゴマをこぼしただけ。それとチョット指きった。」、「(さーっと血が引く。)」

 でもほとんど分からないような切り傷。作ってくれたのは入り卵(スクランブルエッグらしい)とニンジンの味噌汁。角切りのニンジンをやわらかくなるまで煮たので家の中が暑くなったらしい。

 ガクが家庭科で作ったお味噌を使って、豚肉と野菜炒めを作り、冷奴とキュウリの浅漬けを加えて晩ご飯にした。 「まずくてもハッキリそうとは言わないでね。」 っとガク。 「美味しいよ、ガクちゃん。」、「…うん、われながらウマイ!」 いいな、また作ってね。

| | Comments (0)

August 07, 2008

ハリーポッター死の秘宝:書籍

Hon_haripota7  とうとうこの日がやってきた。ハリポタシリーズの最終章。いつものように生協で頼んでおいたが、発売日より1週間ほど送れて到着した。待ち焦がれたヨ!

 「シュン、ハリポタ届いたよ!」、「オーッ、読みてぇ!」、「これで終わりだねぇ。」、「そうすね。」

 これでおしまいかと思うと、ページをめくるのが惜しい。ダンブルドアの謎、スネイプの本心は…。早く先が読みたいけど、読み終わるのが惜しい。究極のジレンマ!

| | Comments (0)

August 06, 2008

ハプニング:映画

Eiga_happening  ナイト・シャマラン監督なので気になって見に行った。でもPG12指定。この人の映画って結構怖いし、残酷なシーンを説明なしにさらりと見せる。

 本当にこんなことが起こったら恐ろしくてたまらない。突然、原因も分からないまま人が自虐行動に出る。これが地球が自分の身を守るための仕業だったとしたら…。なんて地球に優しい残虐行為! そういう世界にならないようにしたい。

 しかし、この監督さん、やっぱり頭の中の構造がおかしいと思う。こういう一見、まともで頭がよく才能も豊かそうな人の撮る、こういう映画は不気味で後味が悪い。映画としては面白いけどね。

 

| | Comments (0)

August 05, 2008

ガクがとうとう帰ってきた!

Lego1  あっという間だったような、長かったような。次男ガクが鹿児島から帰ってきた。前日に電話をすると誰もでない。最後の日を外でバーベキューしてすごしたらしい。

 夫と二人で空港まで迎えに行く。ガクはなんでもなさそうな顔をして到着出口にやってきた。もう 「キッズひとり旅」 も慣れた感じだ。

 「子供だけだと、お姉さんがそばにいるじゃん。やさしいンだけど、お菓子のはいった袋も上にのせちゃってたべられなかった…。」 などど言っている。

 「鹿児島はさぁ、玄関あけると山がみえるんだよね。」、「そうだね。ガクはどっちがいいの?」、「こっち。」、「(よかった…。)」

 鹿児島にいる間、ガクは夫のお姉さんのことを 「おかあさん」 と呼んでいたようだ。電話をしたときに 「おかあさん」 と呼ぶ声がした。むむむむ、ちょっと複雑だがショウガナイか…。

| | Comments (0)

August 03, 2008

GATE:映画

 知らなかったな。日本の僧侶がこんなことをしていたなんて。原爆の火を原爆のスタート地点、アメリカのトリニティーサイトに帰すことで、広島、長崎に落とされた負の輪廻を絶つという仏教の考えだ。

 猛暑の中をサンフランシスコから2500kmの行脚を行い、多くの現地の人達に支えられながら進む。どうしたらこんなことが出来るのか不思議。抗議行動ではなく祈りの行動であることが心打たれる。

 しかし60年もの間、民間人に門(GATE)開かないトリニティーサイトに火を届けることが出来るのか。開かなかったら…。GATEよ、開いてくれ! っと祈りながら見た。

 

| | Comments (0)

August 02, 2008

もうすぐガクが帰ってくる!

Bolling1    もうすぐ次男ガクが鹿児島から帰ってくる。2週間近くもいないと本当に家の中が静かだ。「もうすぐ、ガクちゃん帰ってくるね。」っと長男シュンに言ってみた。

 「あー、そうすね。もう、ガクの顔わすれちゃったな。」 っとかわいくないことを言う。「ガクちゃん、成長して帰ってくるんじゃない?」、「たぶん、それはないでしょう。」

 「”やあ、兄さん、元気でしたか?”  なんて言われたらどうする?」、「絶対にそれはないでしょう…。」 ハハハ、まぁね。しかし、ちっとも電話を寄こさずにさぞ楽しい毎日なのでしょうね…。ちょっと悔しいゾ。

| | Comments (0)

August 01, 2008

漏斗胸で病院デート

Syun  長男シュンの半年振りの定期健診。漏斗胸の手術をしてそろそろ丸2年。CTスキャンを撮ってみる。23°傾斜していた胸骨が10°くらいになっている。写真でみると最初の傾斜は40°くらいにも見える。

 まぁ、完全に治ったとは言えないけれど、随分よくなった。本人も100%満足ではないけれど、ある程度納得している様子。

 「じゃぁ、来年の夏にバーを抜きましょう。その一ヶ月位前に、もう一度検査して手術の日程も決めましょう。」、「はぁ。」 と言う事で、実は楽しみにしていたシュンとの病院デートは1年後になってしまった。残念。この頃は病院に行くときくらいしか一緒に歩いてくれないもんねぇ…。

 その後、通学用のスポーツバッグ、靴下、シャツなどを買ってあげるから…っと言って、ショッピングモールに誘い、神田グリルで食事をするのであった。すっかり手の内がオジサン化しているけど、久々の病院デートなのであった。

 

| | Comments (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »