« 弁当作りの日々ではあるが | Main | お手伝いなのか仕事なのか »

September 19, 2008

ウォンテッド:映画

Eiga_wanted  毎月14日は西新井東宝は1000円で映画が見られる。すっかり忘れていてジョディー・フォスターの 「幸せの1ページ」 を見に行くとスゴイ人だかり! そうか、14日はこんなに混むのか…。

 結局 「幸せの…」 は満席で見られず 「ウォンテッド」 にした。こちらは大きいスクリーンで上映しているせいか、なんとか最前列の席が残っていた。

 いやはやスゴイアクション映画です。バイオレンスなシーンは苦手なので、目をそむけつつの鑑賞。アンジェリーナ・ジョリーのスタントなしの車での銃撃戦もすごいが、列車に乗ってのアクションや列車事故のシーンもすごい。これだけでもメインのシーンになりそう。

 アンジェリーナもいいのだけど、冴えないサラリーマンから暗殺者へと変身していくジェームズ・マカヴォイがよかった。決してかっこよくも、マッチョでもないのだけど、ちょっとした表情ひとつで自信満々の暗殺者の顔になる。

 今後、注目の俳優さんだな。メモっとこ。ジェームズ・マカヴォイの次回作は「LAST STATION」

|

« 弁当作りの日々ではあるが | Main | お手伝いなのか仕事なのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 弁当作りの日々ではあるが | Main | お手伝いなのか仕事なのか »