« ecomom 日経BP社 | Main | ウォンテッド:映画 »

September 18, 2008

弁当作りの日々ではあるが

Obento  長男シュンは高校生になってから毎日お弁当。まだ半年だけど、私が中国に出張に行っていたとき以外はちゃんと持たせている。えっへん!

 「はい、ここに置くね。」 っと学校から帰って、空の弁当箱を台所に持ってきたシュン。「あいよ。」 っと私。 「弁当さぁ、ちょっと評判になってる。」、「なんで?」、「かわいいねって。」、「ははは、串にいろいろ刺してるもんね。」

 「ホタテがうまいって。」、「うまいって、友達にあげてるの?」、「まぁ、たまには。」 ホタテは生協で買った冷凍のホタテをオリーブオイルで炒めて、鶏がらスープの素とバジルスパイスで味付けしただけのものだ。ありゃま、お恥ずかしい…。

 私なりのお弁当の工夫は二つ。マーガリンやバターを使わないことと、なんでも串に刺すことなのだ。マーガリンやバターは融点が高いので、炒め物に使うと冷めてから固まって美味しくない。キュウリとソーセージしかなくても串に刺してお弁当に入れるとなぜか美味しくなる。ホントだよ。

 いつまでもこの手が使えるとは限らないけど、今のところは成功している様子。さてと、明日は何にしよう…。

 

|

« ecomom 日経BP社 | Main | ウォンテッド:映画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ecomom 日経BP社 | Main | ウォンテッド:映画 »