« アクリル系人工大理石にするか、ステンレスにするか… | Main | クライマーズ・ハイ:書籍 »

September 29, 2008

高校生になっても学校に行くのだ

 長男シュンは高校生になったけど、私が学校の役員になったことで役員仕事で何度も学校に行っている。それ以外にも運動会やら授業参観やら文化祭やらあって、今年度小学校を卒業する次男ガクの用事よりも学校に行く機会が多い。

 今度は1年生の懇親会。昼の2時から会議室でお弁当食べながら校長や担任の先生を囲んで懇親を図ると言うもの。お弁当は季節がら松茸弁当とある。企画した役員さんがんばってるなぁ。

 私は顔と名前を覚えるのが苦手で、今回何度目かでようやく顔と名前が一致した人もいる。やっぱり、何度も足を運んだほうがいいのだな。

 話し好きの校長が、「えーっと、一言だけ! 日本の高1人数は10年前から比べると2割減っています。大学が全入時代と言われており、何がおこっているかと言うとMARCHクラスの大学では、お母さん方の頃と比べるとレベルが変わってきていると言うことです! 従って・・・」 っと話が続く。

 今年新任で来られた校長は、今後3年間で成果をだそうと必死なのだ。熱い眼差しのお母さん族もいれば、半信半疑の顔のお母さん族もいる。しかし、どうもこの校長は、「特別進学クラス」 だけ見て話をしているところがあり、私としては全体の底上げを図って欲しいと願うばかりなのだ。シュン、いいかげん底辺から抜け出せよ!

|

« アクリル系人工大理石にするか、ステンレスにするか… | Main | クライマーズ・ハイ:書籍 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アクリル系人工大理石にするか、ステンレスにするか… | Main | クライマーズ・ハイ:書籍 »