« ダークナイト:DVD | Main | レールズ&タイズ:DVD »

January 16, 2009

点数で評価していないか?

Koujicyuu  夫のお姉さんの家は塾を経営している。お姉さんのダンナ様が、以前勤めていた大手の塾を辞め独立したのだ。今ではお姉さんも講師として教えている。

 帰省したときなんかには長男シュンのことで、お兄さんに相談に乗ってもらう、というか愚痴を聞いてもらう。

 「シュンはどうも逃避行動に走るんですよ。中三の時は受験からの逃避でギターを始めて、今は進学校からの逃避でギター三昧だし、高校卒業してギターの専門学校に行きたい…っていうのも人生からの逃避行動に思えて・・・。」

 「勉強も一所懸命しないんですよね。私から見ると、出来なかった時のいい訳を残しておきたいというか、一所懸命やっても出来ないっていう自分を認めたくないって言うか…。やって見てダメだったらそこから、何が悪かったんだろうって次に活かせばいいと思うんですけどネ。」

 そんな時言われたのが、「点数で子供を評価してないですか?」 っという言葉。「親は子供が頑張っていたらそれを褒めてやればいいんであって、その結果、テストの点数が悪かったりして、なんで出来なかったんだ! って分析するのは学校や塾の仕事ですよ。」 っと言う。

 「実力が上がってきてても点数には表れないことはありますからね。ウチの生徒にも、オレは分かってるよ、って言ったら ソイツうつむいて泣いてましたよ。誰もわかってくれなかったんですね。」 うっ…。イタイところをついている。確かに私もテストの結果を見てから、あれこれ言ってたな。

 学校の校長からも 「子供に感心は持ってください、だけど干渉しないでください。」 と言われている。だけど、難しいのよ!!!

|

« ダークナイト:DVD | Main | レールズ&タイズ:DVD »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ダークナイト:DVD | Main | レールズ&タイズ:DVD »