« チェンジリング:映画 | Main | TOEIC初心者なのに »

March 13, 2009

おくりびと:映画

Eiga_okuribito  いい映画だった。予想以上だった。アカデミー賞外国語映画賞を取った映画だが、こういう映画は興行的にはうまくいっていなくて、あっという間に上映が終わってしまったりする。

 「おくりびと」 も山崎努が出ているので、みたいなぁ…っと思っているうちに終わってしまった。それに日本映画は小難しくて楽しめない作品も多い。ところがこれは違った。いい映画だった。

 意外にも笑えるシーンが多いのだ。散々笑った後で、じわーっと泣けるシーンも多い。泣いたり笑ったり忙しい映画でもあるのだ。納棺師の手によって、亡くなった方が生前のようにきれいになっていく過程や、大事に大事に最後の旅立ちの支度される様子には自然と涙があふれてくる。

 舞台が山形であることもいい。少し田舎の、山のある景色の中でゆっくり流れる時間。こういう日本の光景を見て、こういう日本の風習を見て、こういう賞をもらえたことがまた嬉しい。もう一度みたい映画だ。

|

« チェンジリング:映画 | Main | TOEIC初心者なのに »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« チェンジリング:映画 | Main | TOEIC初心者なのに »