« March 2009 | Main | May 2009 »

April 30, 2009

ヘンゼルとグレーテル状態の我が家

Gaku1  長男シュンも次男ガクも家に帰ると素早く着替えるのだが、脱いだものはそのまんま。一応、お約束で靴下やシャツは洗濯機に入れるかそばに置くことにしているのだが…。

Gaku2 それに制服はハンガーにかけるハズなのに、毎日、毎日脱ぎっぱなし。それでもシュンは私のカエルメールを合図に片づけをしているらしく、メール無しに帰宅すると脱ぎ散らかしている。

Gaku3  「色とりぃーどりぃー脱ぎちら~かしぃたぁ…。」 っとつい歌ってしまう私。しかしガクは全くのマイペースで脱ぎ散らかしたまま。玄関から部屋までどこを通ったのかが洋服で分かる。

 童話「ヘンゼルとグレーテル」 で帰り道が分かるように小石を道に残したように、点々と歩いた軌跡が分かるようになっているのがガクだ。まったく、どうしたらこういう性格になれるのか…。それにしても順番が変な気がする(上から通路に鞄とシャツ、イスの上に上着、洗面所にズボン)。

|

April 29, 2009

サンパチェンスはエコなのか

Photo  またしてもエコミーハーねた。サカタのタネから出ている 「サンパチェンス」 という花。ホルムアルデヒドの吸収が3~4倍、二酸化炭素は4~6倍も吸収するという。

 地面の温度よりも10℃も温度が下がると言うことで、打ち水効果もあるという。まぁ、植物ならたいてい打ち水効果はあると思うが…。

 私が気になったのは暑さ、日差しに強く夏でも花が次々に咲くというところ。我が家のベランダの花はいつも気が付くと枯れている。

 唯一残っているのは夫が水をやっているブルーベリーだけ。でもでも、「サンパチェンス」 なら育つかもしれない。生命力が強い花が好き、っというかそういうのしか私は無理みたい…。

|

April 28, 2009

映画:名探偵コナン 漆黒の追跡者

Eiga_konan13  子供が一緒に見てくれなくとも一人でも見に行く 「名探偵コナン」 シリーズ。朝9時から見にいっちゃったもんね。どうもこれは止められない。

 今回のコナンはなかなか見ごたえたっぷりだった。それに過去に登場した人達が随分登場するので、これまた嬉しい。とはいえその人達の活躍は殆ど無かったのだが…。

 この頃気になるキャラは黒づくめ集団のなかのベルモット。変装が得意で神出鬼没。実は見方なのか? っという思いをずっと残してくれているのでナゾだらけでいい。

 それにしてもコナンは10年以上続いており今回の映画では13作目。しかし、お話の中では工藤新一がコナンになってから1年も経っていないという設定。

 これだけ事件に遭遇していると、月日を考えるとつじつまは合わないのだから、そろそろ歳を取ったほうがいいような気がするのだが…。

|

April 27, 2009

ipodで映画を見る

Ipodeiga  どうもこの頃脳細胞の破壊が進んでいるようで、新しいことが頭に入らない。英語の勉強も進まないし、簿記の勉強も進まない。

 えーい、英語の勉強だぁ、と称して夫のipodに入っている映画を見よう! っと思うと全部セリフが日本語だった。これでは…っと思ったのに結局、通勤の時に見ている。

 入っているのは 「かもめ食堂」 、 「スターウォーズエピソード2」「ターミネーター3」 、 「デイ・アフター・トゥモロー」 「透明人間の告白」

 どれも好きな映画なのでつい見てしまう。小さい画面ながらなかなかいいゾ。って、英語の勉強はどうなった…。

| | Comments (0)

April 24, 2009

クレヨンしんちゃんオタケベ! カスカベ野生王国:映画

Sintyan  またしても次男ガクと映画に行ったのだけど、もしかしたらコレが最後になるかも。吹奏楽部に入ったガクは土曜も日曜もお弁当持ちで部活。

 最後に見た映画がしんちゃんというのもなんか寂しい。でもでも、昼間ではなく部活が終わってから夜に見に行くと言う手もある。そうだ! その手があった!

 で、しんちゃん。この頃のしんちゃんはチョット不振な気がする。前はもっと面白かった。引率の大人を意識した内容が何度があったんだけどな。

 中でも 「嵐を呼ぶアッパレ戦国大合戦」 が好きだった。これの実写版があるという。タイトルは 「BALLAD」 。予告を見るとなかなか面白そう。監督は山崎貴。草薙君が戦国の武将役で、なかなか似合っていて楽しみにしていたのに、この事件。どうしてしまったのでしょうねぇ…。

| | Comments (0)

April 23, 2009

吹奏楽部でガンバル?

Lego_goriki  次男ガクがなぜか中学で吹奏楽部に入ってしまった。剣道部の仮入部届けを出したのに、吹奏楽部の人から誘われて見学に行き、はまってしまったらしい。

 クラリネットやらトランペットやらいろんな楽器をさわらせてもらえた上に、素晴らしい演奏や楽しそうな雰囲気ですっかり虜になってしまった様子。

 しか~し、ガクの通う中学の吹奏楽部は全国大会にも出場しているハイレベルのところで、もちろん練習も厳しい。

 4月と5月連休明けまでのスケジュール表を見ると、土曜も日曜も毎日夕方まで練習がある。もちろん、ゴールデンウィークも。1年生は休んでもいいですよ、と書いてあるから2年や3年生は休めないのだろう…。

 大丈夫なのか、ガク。これまで楽器もほとんどさわったことなんてないのに、大丈夫なのかガク。金曜日には担当する楽器が決まるそうな。クラリネット希望のガク。願いは叶うのか…。

| | Comments (0)

April 22, 2009

キャナリーでギターレッスン

Gitasyun  長男シュンがこの4月からギター教室キャナリーに通い始めた。学校と家の中間地点くらいにあるので、学校の帰りに通えるのが利点。

 ギターをソフトケースに入れ背負って学校へ行く。その姿に、「キカイダー」を思い出しておかしい。

 先日小遣いをためて買ったギターの弦を張り替えると調子が悪くて弦がちゃんと張れなくなった。弦が無駄になり怒るシュン。翌日、弦を買いなおしギターの方に原因があると分かり、どっぷり落ち込み、音程のあっていないギターでやけくそになって弾いている。

 「ねぇ、音があってないんだけど。」、「…。」、「買った楽器屋さんに行って診てもらえばいいじゃない?」、「…。」 、「まったくもう…。」、「…。」 っと無言で弾きつづける。

 結局楽器屋に行き、たいした問題ではなく調子を整えてもらい元気を取り戻した。泣いたカラスがもう笑った。麻生さんみたいだな…。

| | Comments (0)

April 21, 2009

あすか倶楽部で記念講演

Koujicyuu  あすか倶楽部4月の記念講演は10周年を記念して、1周年と同じ、上智大学経済学部名誉教授の田中利実氏。いやいや目からうろこの話をウィットにとんだ話術で素晴らしい講演だった。

 はじめに3つのウソについて話された。100年に一度の経済危機?。日本が敗戦して60余年。その頃と比べて今の豊かさはどう? 米国カゼが日本肺炎へ?  和魂洋才? 魂を持ってるのは日本だけじゃないヨ。世界中で特有のスピリッツを持っている。むしろ、洋魂和才では?

 氏は岩手県二戸に引越し、ドイツ人が住んでいた様式の家に住み家の中も土足。家の周りにはコスモスやポピーなどの花畑を作り、そこで収穫を祝う会などもしているとのこと。まるでヨーロッパの田舎暮らしのようで行ってみたくなる。

 中でも一番印象に残ったのは、これからの消費生活アドバイザーは高齢者への啓発に「Save マネーではなく、Enjoy マネー」を説くべしという話。うまく消費することは社会の活性化につながるし、なにより悪徳商法に流されるお金も防ぐことができる。

 講演会の参加者は38名と例年より少なめであった。聴けなかった人残念! 参加した人、大正解! 懇親会もよかったよぉ!

| | Comments (0)

April 20, 2009

久々の手巻き寿司

Temaki_2  この頃食事のメニューを考える力が落ちてきたような気がする。メニューが決まっていればちゃちゃっと作るのだが、メニューが決まらない…。

 そこで会社の帰りに次男ガクにメールして、何が食べたい? とか聞いたりする。 そうしてスパゲティーやらカレーやらが続くのだった…。

 そういえば最近、手巻き寿司を家で食べていないな。コレだ! これなら簡単だし、休みの日のメニューっぽい。ガクと映画を見に行き、帰宅してすぐ支度。

 「おい! オレが取ってる時にまわすなよ。」 っと長男シュン。「だって手巻きの皿は回すものでしょう!」 っとガク。にぎやかでいいな、手巻き寿司。

| | Comments (0)

April 17, 2009

BOSE インイヤーヘッドホン買っちゃったもんね

Bose  SONYショックでBOSEを買ってしまった! 最初からBOSEにしておけばよかったのでは? と言う声もあるだろうけど、だってBOSEのはノイズキャンセリングじゃないんだもん…。

 どうせイヤホンタイプではノイズキャンセルの機能がたいしたこと無いのなら、機能なしのBOSEにしちゃえ! っという訳。

 明日、通勤電車で試してみようっと。BOSEショックになってもいいもん! もう観念した!

| | Comments (0)

April 16, 2009

SONYのノイズキャンセリングイヤホン

Sonymdrnc22  いつも愛用しているBOSEのノイズキャンセリング機能付きヘッドフォンは、音もいいしキャンセリング機能もいい。だけどヘッドフォンなので夏は暑い。

 電車に乗ったり、歩いたりするときに夏のヘッドフォンはうっとうしいので前からノイズキャンセリングのイヤホンが欲しかった。

 いろいろなメーカーから出ているけれどビクター製のが気になった。やっぱ音響はビクターだよね…って思ったのに、ネットの口コミ情報では高音と低音が悪いとある。それってノイズキャンセルがどうとかいう以前の問題でしょう!? っということでパス。

 SONYを調べるとMDR-NC-22というのがあって、ノイズキャンセリング機能も音もデザインも全体的に合格点とある。よーっし、これだぁ!

 ところが…、ノイズキャンセルの機能もたいした事ないし、何より音が悪い。特に高音はシャカシャカした音になって、これなら ipod に最初から付いているイヤホンの方がいいくらいだ!

 帰宅して衝動的に長男シュンにあげてしまった。「あげるんじゃないからね、貸すんだからね!」、「うぃっす!(ラッキー!)」 そうして私はシュンが使い古したイヤフォンを使うのだった。あー、なんだかなぁ…。

| | Comments (372)

April 15, 2009

レッドクリフⅡ:映画

Redcliff2  映画 『レッドクリフ』 を見て三国志に興味を持った。映像で見る関羽や趙雲達が気になって、「三国志演義」 を全巻読んでしまった。すると、『レッドクリフ』 と三国志は別物だということを知ったのだが…。

 『レッドクリフ』 はジョン・ウー監督の独自の解釈が入っているし、オリジナルキャラクターも多い。歴史ものだからあまり本当の登場人物を入れてしまうと、つじつまが合わないこともあるからね。

 「三国志演義」 を読むと周瑜が孔明の才能を疎んでいろいろと策をめぐらしている。映画では緊張感はあるものの、友情の篤い二人になっている。これは分かる。三国志の時代でなければきっといいライバルになっていただろうな…っと思っていた。

 で、『レッドクリフⅡ』 ではオリジナルキャラクターの孫叔材と孫権の妹、尚香がいい。歴史では尚香は劉備と結婚するのだが、映画では叔材との淡い恋が描かれる。あー、男勝りの尚香にもきっとこういうこともあったんじゃないかなぁ。映画ではこういうことができるから好きだ。

| | Comments (0)

April 14, 2009

シェ松尾(松涛)でワイン倶楽部2

Mejiro3  シェ松尾はお料理も美味しいが、パンも美味しいし、ワインも美味しい。ワインは㈱スイックプラスの白子さんが、選びぬいたもの。1本1本のワインの話をすると一時間以上語れるらしいが、長く語ると誰も聞かなくなるので今回は短めに。

Matuo7   シャンパンは村によってランクが付くとか、ヒゲに赤ワインがついて王様が女性からからかわれて以来、その地方(ベルナン・ヴェルジュレス村)では白ワインを作るようになったとか。

Matuo4 買い付けに行った醸造元のオーナーが美人だとか、いろんな話が聞けてこれまた楽しい。今回のワインは白と赤が飲みやすくて好きだった。シャンパンは、皆さんは美味しい! っと言っていたけど私はイマイチかなぁ…。

Matuo5  ゆったりと流れる時間。昼のコースなのにゆうに3時間は経っている。デザートの後にコーヒーと小菓子。ここのゼリーがまた美味しいのだけど、もう満腹中枢がムリだと言っている。持って帰りたかった…。今度はいつこられるかな…。

 あっ、お店には本物のシャガールがあります。探してみよう!

| | Comments (0)

April 13, 2009

シェ松尾(松涛)でワイン倶楽部1

Matuo6  4月と8月は 「ワイン倶楽部」 の会場が シェ松尾 。高級フランス料理店ながら、お店の人の気さくな雰囲気ととびきりの美味しい料理が好きだ。

 夫を誘って久々に着物を着て出かけることに。着物を着るのはいいのだけど、髪のセットが大変。不器用でなかなかセットできないので、和服用の付け毛を用意している。だけどそれすらなかなかセットできない…。

Matuo1  なんとか髪をセットして、和服用にいつもより厚化粧して着付け。もうこの季節ラストチャンスの柄の着物に、仙頭刺繍の名古屋帯。帯締めは帯と同色、帯揚げはモスグリーンでアクセントをつけて、半襟は朱色の斑点模様にしてみた。

Matuo2 いいな、久々に着る着物だけど、やっぱり着物は好きだ。半襟、帯締め、帯揚げは何色にしよう…っと選ぶだけでも楽しくなる。

 時間ぎりぎりにシェ松尾に到着。いつものようにシャンパンから始まり、㈱スイックプラスの白子さんのうんちくを聞く。さてさて料理登場! あー、至福の時。

| | Comments (0)

April 11, 2009

こだまに乗って富士山きれい!

Bentou30  2月に製紙会社へ仲間と工場見学に行ったときは、残念ながら曇り空で富士山が見えなかった。でも今回、仕事で富士に行くと、みごとな富士山。 新幹線 「こだま」 の窓からもくっきり。

Hujisan1  お弁当を食べながら窓をみる。幸せだなぁ…。前の席に座っている外国人の夫婦が写真を撮っている。本当に富士山は大きくてきれい。特に今日の富士山は誰もが描くようなきれいに山型に雪をかぶっていた。

 市内を車で走ると目の前に大きな富士山。街には桜。天気も最高。あー、もう仕事なんて止めて遊んで帰るか…っという衝動にかられるくらいの富士山でした。

| | Comments (0)

April 10, 2009

ザ・バンク:映画

Eiga_thebank  クライヴ・オーエンは、 『ボーン・アイデンティティー』『すべては愛のために』 『クローサー』 、 『トゥモロウワールド』 などなど、濃い顔ながら結構好きな俳優さん。ちょっとルー大柴に似てるし、今回はルイ・サリンジャーという役名だったので、ところどころ ルー、ルー っと呼ばれておりおかしい。

 国家や戦争、武器使用の裏側で巨大銀行が糸を操っている話。武器の売買で儲けようと言うのではなくて、国家や企業、個人を借金まみれにして支配しようとするのが狙い、というのだから怖い話。

 でも確かにそう。戦争をするにはどこかで武器を作っているわけだし、武器の製造、輸送にはお金が必要。戦うことで忙しい国にそんな余裕があるとは思えない。そうしたところに優しく銀行が忍び寄り、気づいたら銀行に借金を返すために戦争を続けるハメになっていたとしたら…。

 ぞっとするような話の中で、立ち向かうのがインターポールのサリンジャー(クライヴ・オーエン)。とはいえ、終始難しい映画かというとそうでもなく、アクションのみどころもあるし、検事補役のナオミ・ワッツの冷静な中に正義を貫く美しさがいいのだ。見終わると、クライヴよりも脇の人たちが光る映画だった。

| | Comments (0)

April 09, 2009

カデンの救急社で美味しいコーヒー

Micom  もっと香りのいい美味しいコーヒーが飲みたくて、ミル付きのコーヒーメーカーが欲しいなぁ…っと思っていたら、ナント訳ありのミル付きコーヒーメーカーが500円で買えた! ラッキー!

  日立製のマイコン制御コーヒーメーカーで新品。「マイコン」 っていったいいつのだ?! でも新品だ。ところが受けカップの蓋がない、どこにもない! 蓋がないとコーヒーが落ちない仕組みになってるのに蓋がない。

 困ってネットで探すと 「カデンの救急社」 というところを通じて、蓋が買えることがわかった。315円也。ネットで注文してお金を振り込むとメール便で蓋が届いた。嬉しいなぁ。便利な世の中だなぁ。

 翌朝、豆からコーヒーを入れる。挽くときの音はすごいが、いい香りだ。美味しいコーヒーだぁ…。マイコン制御だぁ。し・あ・わ・せ…。

| | Comments (0)

April 08, 2009

入学式で桜満開

Gaku_nyuugaku1_2  次男ガクがとうとう中学生! もう我が家には子供料金で電車に乗れる子供はいなくなってしまった。通学用の定期券も買わなくては…。

Gaku_nyuugaku2  ガクの通う中学でも桜が満開。学校の隣に公園があり、ここも満開。学校は電車の駅にも近く、線路沿いも桜が満開。桜尽くしのいい入学式になった。

Gaku_nyuugaku3 担任の先生は脱サラして中学の先生になって4年目の熱血、保健体育の男性教諭。「いじめは大嫌いです。」、「規則を無視することと個性は別です。」、「オリンピックよりスゴイ体育祭や合唱祭にしますから、是非、見に来てください!」っとなかなか熱い人だ。

 学生服がまだまだダブダブだけど、元気に行っておいで、ガク!(最後の写真は入学式の後で食べに行った近所の中華料理屋さん。いっぱい頼まれて財布が軽くなった…。)

 

| | Comments (0)

April 07, 2009

花見で手相診断

Tesou  この間、花見に行った時に長男シュンがコンピュータで手相をみてもらったので、今回の花見では次男ガクが、「ボクもみてもらう!」っと言う。ついでに私もみてもらおうっと。

 手相診断のオジサンに、ガクも長男同様、やればできるんだけどねぇ、みたいなことを言われていた。私は…。

 夫に手相を見てもらったというと、「自己チュウって言われた?」っと言う。「どういう意味?」、「いや、そういう意味だけど。」

 ふーんだ、確かにそう書いてあったけどね。だけど、「学問、芸術、宗教などの分野で働けば自己中心的なところがうまく生かせて成功する…。」 と書いてあるんだからね。悪い意味ではない。

 しかし、恋愛・結婚では、「優しさやムードがなくズバリとものを言うので感激のないつまらない相手だち思われがちです。」 っとある。「あってるじゃん。」 っと夫。ふーんだ。

| | Comments (0)

April 06, 2009

上野で花見満開

Ueno1   先週花見に行ったのに、また行ってきました。今度は満開。

Ueno2  花見の場所取りは意外にも若い人が多い。学生

Ueno3  花見と言えばオジサンが桜の下で宴会…っと言うのは減ってきたのかしらん。

Ueno5  場所柄か外国の人も多かった。皆で見事な桜をケータイでパシャリ。

Ueno4  どこの国も同じですねぇ…。

| | Comments (0)

April 04, 2009

フレッシュひたちで小さな旅

Freshu  最近、電車に乗ったお出かけがなくて寂しかった。久々に茨城県日立市まで、JR 「フレッシュひたち」 に乗る。「スーパーひたち」 よりもあちこち止まるのだ。車は苦手だけど電車に乗るのは好き。

 窓際の席に座り、BOSEのクワイアットコンフォート3を耳に装着。エレファント・カシマシを聞きながらいつの間にか寝ていた。気づくと海が見える。

 「そうか、日立はこんなに海が近いんだ。」 駅をを降りてから徒歩5分の目的地に付くまでに2度、道を尋ねたことは内緒にしておこう…。

|

April 03, 2009

エコプロでアンケートまとめ

Koujicyuu  11月、12月に実施した学校教育のアンケートを今頃まとめているのです。なんか、毎年遅い気がする。

 アンケートは、まとめる前に担当した講師が自分の受け持ったクラス分を入力する。これが大変。そこで一昨年前から長男にバイト代(一クラス500円)払って入力してもらってた。だけど、今年は金額に折り合いが付かなくて自分で入力してみた。やっぱり自分で入力するといいなぁ。

 だけど急遽、一クラス分、入力が必要になり長男に依頼。 「ねぇ、明日の午前中までに入力してくれない?」、「いくら?」、「1000円!」、「明日まででしょう?」、「わかった、1500円!」、「よっしゃ!」。 長男は入力が速いし正確なのだがそれでも3時間かかった。助かったなぁ。

 ところで今年度協力してくれた企業は8社。トンボ鉛筆、アサヒビール、花王、全国無洗米協会、帝人ファイバー、富士通、シャープ、富士ゼロックス。それぞれからお礼のメールが届いた。これがあるから嬉しいね。疲れも飛びます。

| | Comments (0)

April 02, 2009

昇格はエイプリル・フールか?

Koujicyuu  4月1日付けで昇格してしまった。「なんたら長」 がついた。ここ半年くらいから仕事の内容が徐々に 「なんたら長」 に移行されていたので、突然、一日から突然変わるものではないけれど、今後、確実に会議は増えるな…。

 同じ部署の働くママが、「あーっ、もうイヤ、忙しくって! 発狂しそう! 辞めちゃおうかな。」 っと言う。ごめんね。仕事を割り振ってるのは私だもんね。

 「あと3年働こう、とかって決めてみたら? そうしたら気持ちも楽になるよ。仕事でやり残したことがあればしたくなるかもしれないし…。 区切りがついていいでしょ。」 って正しい上司なら言わないようなアドバイスをしたりする。

 だけど、これって結構いいのだ。私の場合、後5年! って思って働いている。後5年働いて、永年勤続のお祝いと特別休暇を使ってニューヨークへ行くのだ! っとかね。

 単なる現実逃避かもしれないけれど、そう思うと 「今しかない!」 っと思って仕事もやりたいようにできるし、ちゃんと引き継げるように書類なんかも整理できるのだ。

 だけど 「後、3年ね。」、「うん、後5年ね。」 そういう会話で働いている私たちって…。

| | Comments (2)

April 01, 2009

働くママに逆行して…

Koujicyuu  学校を卒業後、二人子育てしながら、ずーーーっと同じ会社で働いていると、いろんな人から、「すごいわねぇ。」、「理解のあるダンナ様ねぇ。」、「いい会社ねぇ、外資系?」 、「絶対辞めちゃだめよ。」 などと言われる。

 ”育児と仕事の両立!” とか ”いまこそ社会に出て働こう!” なんて頑張っているママ達も多いが、正直言うとピンとこない。なんのために働くのかなぁ。お金? やりがい? 私の場合は、ただただ 「辞めなかっただけ」 なのだ。

 私の勤める会社も辞める人はいっぱいいるし、同期入社なんて1割しか残っていない。その中で私は頑張って残ってきたかというと、ちょっと違う。やっぱり 「辞めなかっただけ」 としか思えない。

 長男シュンに 「大学行ってから利子無しの奨学金をもらうには、3.5以上の成績が必要なんだから頑張ってね!」 っと言うと、夫が 「ワシら二人の所得を合わせると奨学金はムリじゃないの?」 っと言う。 「大丈夫、その頃までには会社を辞めて専業主婦になってるから!」 なんていうと家族はシラッとしている。どうせ辞めないくせに…って。

 そうなのだ辞めるのは勇気がいる。専業主婦になるにせよ、パートで働くにせよ、転職するにせよ、これまでの生活が大きく変わる。あまり変化を好まない私は決断できないまま、とうとうこの4月でサラリーマン生活が25年になる…。みんな、どうやって決断してるのかなぁ。

| | Comments (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »