« May 2009 | Main | July 2009 »

June 30, 2009

5本で198円のバラの花

Bara1  我が家は夫の誕生日と結婚記念日が同じ。ケーキを予約して、スーパーに食材を買いに行くとレジの側の花屋でバラの花束が売られていた。

 ナント5本で198円。ピンクの花と赤がある。かなり花が開いているのもあるので、なるべくつぼみの花束を5束選んで花屋のレジへ。

 「これまだ咲きますよね。」、「えぇ、まだこれからですよ。」 5束でバラ25本。それでも990円なのだ。嬉しいなぁ。

Cake1  「結婚記念日だから、バラ買っちゃった。安売りしてたんだ、5本で198円!」 安くたっていいではないか。きれいだもん。花を買うのは嬉しい!

 しかも予約したバースデーケーキを取りに行くと、イチゴタルトとイチゴのミルフィーユをおまけしてくれた。お金がないというのが顔に出ているのか、神様がプレゼントしてくれたのかな。ありがとう…。

|

June 29, 2009

漏斗胸でもうすぐ術後3年

Syunsyun  中学2年の夏に長男シュンは漏斗胸の手術をしたので、もうそろそろ3年。今年の夏は胸に入れたバーを抜くのです。長かったような、あっという間だったような…。

 X線とCTスキャンを取りに久々の検診で病院へ行く。9時半の検査予約のため1時間半かけて病院へ行き、X線とCTスキャンまでは順調だったのだが、待合室のデジタル掲示板に、「K医師の予約が混雑しており1時間30分程遅れています。申し訳ありません。」 っとある。

 えーっ! 診察の予約は10時半だったのに、結局呼ばれたのは12時45分…。待ちくたびれたよ…。でも経過は良好。術前の胸の傾きとバーを入れた直後の胸の傾き、今日の状態を3つ並べてみてみる。随分水平になっている。

 久々にあったK先生はシュンを見て、「あれっ、随分大きくなって雰囲気変わりましたね。」っとにこにこ。そうですね。手術したおかげで雰囲気も変わったのかもしれませんね…。

 本日の会計6,100円 (高っ!) を済ませて帰り道。 「写真で見ると、随分まっすぐになってたね。」っと私。 「オレのクラスにさ、漏斗胸のヤツがいてさ、そいつは手術してないんだよね。そいつを見ると、オレも手術しないとこうだったんだなぁ…って思うよ。」 っとシュン。

 軽度から中程度の漏斗胸手術は、するしないは最終的には本人が決めることだけど、シュンの場合は手術することを強く望んだ。あと一息だな。次は一ヵ月後に術前検診!  

|

June 27, 2009

マイケル・ジャクソン亡くなったのね

Guiter  家に帰る前に長男シュンにカエルメール。「マイケル・ジャクソン死んじゃったね。」 でも送ってから、そうか今の高校生には馴染みないか…っと思った。私らの世代だと知らない人はいないだろうけど。

 すると返信。「ジジイになったマイケルは見たくないけど、ひとつの時代が終わった気がします。」 っとある。アンタ、いくつの高校生なんだ…。

 「あなた何歳の高校生?」 っとメール。帰宅してから、「マイケル・ジャクソン知ってたの?」、「まぁ、それくらいは。」、「残念だなぁ、未だそんな歳じゃないのに。」、「まぁね、甦ってスリラー歌ってくれないかな。」 やっぱり、この子、16歳とは思えない…。

|

June 26, 2009

ミートソースの味が伝わらない?

Koujicyuu  よく家でミートソースを作る。生協で買う 「ぱらぱらミンチ」 がたいてい冷凍庫に入っているので、晩ご飯のメニューが浮かばないときなんかは重宝している。

 珍しく風邪で寝込んでいる夫から 「夕飯はミートソーススパゲティーがいいなぁ。」 と言うので、会社から帰って作る。でも私も風邪が治りきっておらず一日頭痛がするのだけどな…。

 「出来たよぉ!」 っと皆に声をかけて食べ始める。すると次男ガクが、「おかーさんのミーソトースはお肉がいっぱいでいいけど、なんか味が伝わらないんだよねぇ。」、「…。味が伝わらないって…。」

 「これはアドバイスだから。」 っとガク。「お前のは文句だろう! アドバイスって言うのは、こうしたらいい、とか ちゃんと言うんだ。お前のはただの文句だろう!」 っと長男シュンが気を使って言う。

 「いいんだ、別に…。」 っと私。 頭痛が取れないし…。いいんだ…。ホールトマトが少なかったからケチャップいっぱい入れちゃったし…。いいんだ…。 

|

June 25, 2009

塾での定期テスト対策はいいのか、悪いのか

Koujicyuu  ここのブログにもリンクしている 「正道ゼミナール」 の独白が面白い。少し前は、つるかめ算がおもしろく解説してあり、数学苦手な私はようやくつるかめ算が分かった。

 最近の話題は塾で学校の定期テスト対策をするかどうか…。長男シュンの行っていた塾は対策しない塾で、塾で出される宿題と夜遅くまでの授業のせいか、学校の定期テストの成績はさっぱりだった。

 次男ガクの行っている塾は、定期テストの前1週間くらい前から毎日塾に行ってよくて、そこで試験対策をしてくれた。毎日、毎日、吹奏楽部の活動に明け暮れるガクは普段、勉強する時間がないので、これはとてもありがたかった。

 さて、どちらがいいのだろうか。シュンが行っていた塾は、「学校で習う基礎はできている」とみなして一つ上の勉強をしていた。だがシュンはとうてい理解しているようにはみえなく、結局、その塾は止めてしまったのだが…。

 ガクは部活で忙しい割には、週3回、部活が終わってからも塾に行く。今のところ止めたいとは言わない。さすがにスイミングは止めてしまったけど。

 定期テスト対策タイプの塾は、学校のテストでは点が取れても結局実力が伴わず、高校にいってから苦労するらしい。シュンはそうではなかったけど苦労している。ガクはどっちになるのだろうか…。

|

June 24, 2009

緑のカーテンなるか

Goya3  次男ガクが植えたゴーヤーがすくすくと育っている。ちょっと見ない間につるが伸びている。

 でもちいさい鉢植えのゴーヤーは大きくなる気配がない。こちらは大きな方に植え替えたほうがいいのかも。

 水をやるだけで特に何も栄養補給をしていないのだが、これからどうしたらいいのだろう・・・。

| | Comments (0)

June 23, 2009

あすか倶楽部で「指圧」がわかる

Koujicyuu  6月の 「あすか倶楽部」 定例会は ”セカンドライフの選択と健康への気づき” と題して元ホンダ技研の田中氏が、定年を前に会社を辞め国家資格である指圧師の資格を取ってセカンドライフを歩んだ話をされた。

 セカンドライフというを50代後半の方はぴくっとすると思うが、40代の私もぴくっとする。会社勤め20年以上になり、次のステージが気になる年頃…。

 田中氏も若い人に混じって勉強し、気が遠くなるような数の ”ツボ” を覚えなくてはならない。健康に気をつけ有酸素運動を取り入れたりして、勉強を進められたことが印象的だった。

 今後は海外移住をして指圧の仕事をして…なんていう目標を語る姿はなんともうらやましい。私は指圧を受けたことはないが、出席者の中には受けている人もおり、案外若い人もお世話になっているのだ。すぐにノドをやられる私。ノドに効くツボなんてあるのかしら…。

| | Comments (0)

June 22, 2009

運動会と言ってもネライは吹奏楽

Suisougaku  中学生になり吹奏楽部に入った次男ガクは毎日毎日、吹奏楽の練習。平日は朝練で6時半過ぎには家を出て、帰宅は8時過ぎ。

 土曜も日曜もお弁当を持って7時には家を出て、夜の8時頃に帰ってくる。全く、ウワサにも聞いていたが、ここまで練習がきついとは…。

 そのガクが運動会で吹奏楽のパレードに出ると言う。練習のきつい吹奏楽部だが、一年も本番に出る機会が多いので親も楽しみ。

 運動会の午後の部一番が出番なのに、観客皆、始まる前からグラウンドに集まって吹奏楽部の演奏を待っている。すごいや。

 ガクのパートはクラリネットだが、パレード時はグロッケン(?)という鉄琴みたいな楽器を担当していた。一番前で、緊張しながらも嬉しそうな顔でリズムをとって演奏している。本当に楽しそうだ。大きくなったなぁ、ガク。

| | Comments (0)

June 20, 2009

向島百花園でランチ:サンティーニ

Past3  夫と日曜の朝から墨田区の向島百花園までウォーキング。スタスタと歩いて約2時間といったところ。

Past1  向島百花園の入り口目の前にイタリアンのお店がある。なんか場所柄似つかわしくない気もするが、こじんまりとした感じのいい店。

Past2  「わしはビールとショートパスタのこれ。」、「私は、アサリのたっぷりパスタ。」 待つことしばし。おいしそうな料理が並ぶ。

 「なかなか美味しいね。」、「うん、なかなかいいお店みつけたね。」 ウォーキングしても、それ以上のカロリーのお昼を毎度食べるので、ダイエットにはならないが、これもまたいいのだ。

 

| | Comments (0)

June 19, 2009

1Q84 村上春樹

Hon_1q84  日経新聞の 「春秋」 で紹介していた。2,3日置いてまた 「春秋」 に載っていた。よっぽど気に入ったのだろう…っと私も買ってみた。

 図書館で予約待ちを見ると76人とある。やっぱりね…。 風邪でノドが痛く、何もする気になれないので、寝る前に少しずつ読む。

 久々の村上春樹の世界だ。 ノドいたい。もうねる。リトルピープルがくるまえに。

|

June 18, 2009

なんと風邪を引いてしまった

Koujicyuu  夫とウォーキングの帰りにノドが痛くなってきた。河川敷ではなくて道路沿いを歩くと排気ガスでノドを痛めるな…なんて思っていたら風邪だった。

 勘違いしているうちに悪化して、いつものパターン。痛くて眠れないくらいノドが荒れてしまった…。外見からはわかってもらえないので、これまたツライ。

 熱は出ないので会社に行く。悪化。定時であがって近所の医者に行く。でも受付時間1分ほど間に合わず、ねばるが門前払い…。

 そうだ! ウォーキングしたときに病院があったけ。確か歩いて10分くらいだ。とぼとぼを歩くとそこは受付時間に間に合った! よかったぁ…。初めての病院だけど受付の人の感じもいいし、待合室もきれいで清潔な感じだ。

 炎症を抑える薬と鼻水の薬をだしてもらった。ナント、病院の中に薬局がある。「院内なんですね、こちらは。」、「ええ、そうなんです。」、「助かります…。」 具合が悪いときにあちこち歩きたくない。

 薬でやっと快復にむかった。5時半起きで弁当作って、子供に食べさせ、通勤電車に乗り、駅から2km歩いて会社に着く。そこから仕事。帰宅して食事を作る。こういう毎日は超がつくくらい元気じゃないと生きていけない…。

|

June 16, 2009

向島百花園へウォーキング

Hyakkaen1  今度のウォーキングは墨田区の向島百花園。ここは長男シュンがまだ小さい時、二人できたところだ。土曜はよく小さいシュンと二人で出かけたものだ…。

 前回は荒川の堤防を通って堀切まで行ったので、今度は違うルートでいくことに。千住の街並みを見ながらのウォーキング。

Hyakken2 足立区ブランドで有名な靴の 「ハルタ」 の前をとおる。「ハルタって春田なんだ…。」 とかそんな会話をしながらずんずん歩く。

 歩きなれたのか意外に早く向島百花園に着く。ここはその名のとおりたくさんの種類の花や木がある。「この草ぼうぼうの感じがいいねぇ。」

 そんなに広くない園内を歩き、花や緑を愛でる。そうして腹ごしらえはイタリアン。夫がネットで調べておいたお店は園の入り口のまん前にある。さてお味は…。

|

June 15, 2009

ターミネーター4:映画

Eiga_t4  もうこのシリーズは地球の未来を語る世界映画として見ないわけにはいきません! 「ただ、見たいだけじゃないの?」 っと言われようが絶対そうなのです!

  T3が私は好きだったのに賛否両論がある。このT4はそこのところを世襲してくれているのかが一番気になったところ。

 世襲はしているが、ここからまた新しいシリーズが始まった…っということが嬉しい。T3では 「へたれ」 だったジョン・コナーが立派なリーダーとなってきている。

 父となる カイルがT1で、「彼のためなら死ねる。」 っと言っただけのことはある。しかし! ジョンはカイルが自分の父だったから、決死の覚悟で敵陣に乗りこんだのではないか? そう思うとそんなに感謝するほどのことだったのか? っという気もする。タイムトラベルものは複雑だ。

|

June 13, 2009

ターミネーター2のサラ・コナーに似ている?

Koujicyuu  一人でターミネーター4 (T4) を見た日の夜のこと。テレビで T2 を放映していたので、子供らと一緒に見ていた。私は T2 はあまり好きではない。刃物がどうも苦手で…。

 でも T2 の時のサラ・コナー役のリンダ・ハミルトンはスゴイ。T1 の時とは見違えるほどにシェイプアップして、もう他の役はできないのではないか…っというくらいに筋肉質な体になっている。

 「サラ・コナーってお母さんに似てるよね。」 っと長男シュン。「うん!」 っと次男ガク。「えっ、どういうこと?」、「いや、似てるよ、顔とか、雰囲気とか…。」 っとシュン。

 「いやいや、二人とも間違ってるし! おかーさんのことを間違ったイメージで見てるよ。」、「顔だから、顔。性格じゃないから…。」 っとガク。

 サングラスに帽子、戦闘服を着たサラ・コナーが登場すると、二人で顔を見合わせて、「やっぱ、似てるよね。」 っとささやきあう。「だから、似てないってば!」 っと私。かなりショックな夜だ。

|

June 12, 2009

温暖化ガス15%削減!

Koujicyuu  麻生さんが2020年時点の温暖化ガスを2005年を基準にして15%削減する! っと表明した。これは1990年比では8%削減に相当する。

 やっぱりアメリカがグリーン政策を掲げると日本の動きは早い。それにしても排出枠や森林吸収は含まず 「真水」 の部分で15%削減というのだからなかなかだ。

 新車販売の半数をエコカーにしたり、太陽光発電を今の20倍を目指すそうな。風力ではなくて太陽光発電なのね。

 しかし、日本での温暖化ガスの排出を嫌がり企業が工場を海外にシフトしたらどうなるのだろうか。日本での排出量は減るけれど世界では減らないね。そういうことにも目を光らせて欲しいな。

|

June 11, 2009

国語力

Lego_usi  次男ガクは徹底的に国語のテストが悪い。結構、本気で学習障害か? っと心配して、それとなく担任の先生や塾の先生、夫などなどに聞いて見たのだけど杞憂という結論になっていた。

 だけど中学に入ってはじめての塾で行うコンピューターテストがひどかった! こんな偏差値があるのか! って言うくらいひどかった。長文読解の部分が全滅だったから当たり前なのだ。

 ガクはちっとも本を読まなくて最近ようやく、「リアル鬼ごっこ」 などの山田悠介の本は読むようになったのだけど、それでもこの結果だった。

 学校での初めての定期テストが帰ってきた。やっぱり国語が悪い。答案用紙をみると筆順のところが全滅だった。「ガクちゃん、筆順分からなかったの?」、「だってさぁ、問題の意味がわかんないんだもん。」

 漢字が書いてあって問題には、 「・・・(   )に書かれている次の筆順を書きなさい。」 とある。回答にコツがあるので例題も書いてある。ガクは問題を読んでも理解ができなかったのだ。

 確かにテストに書かれる問題を文章だけ読むと分かりにくいことがある。ガクはこの調子で長文なども問題に書かれている意味が理解できなくて答えも間違ってしまっているらしい。

 そういうことか…。なんとなく納得した。問題はフツーの会話にでてこないものばかりだ。いろんな本を読んで文章に慣れることと問題にも慣れれば解決できるかもしれない。かなり楽観的かもしれないが…。

 

|

June 10, 2009

ハゲタカ:映画

Eiga_hagetaka  続けて社会派映画。『ハゲタカ』 はNHKで6話ドラマとして放送していたものらしいが、私はTVドラマは全く見なくなってしまったので比較はできないけれど、良かった!

 もともとは ”日本を代表する自動車会社” の社長を演じる遠藤憲一さんが気になって見にいった。かっこよくはないけどなんか存在感があって気になる俳優さん。『クライマーズ・ハイ』の演技も光っていた。

 建て直しが必要になった自動車会社に中国政府関係がファンドを隠れ蓑にして敵対的TOB (株式公開買付け) をしかける話。派遣切りの話もあいまってドラマとはいえあまりに現実にありえそうな話で見ていてゾクゾクした。

 この映画、企業の社長さんは見るのツライだろうなぁ。

|

June 09, 2009

緑のカーテンなるか! ゴーヤー

Goya2_2  次男ガクが突然育て始めたゴーヤー。本人は何も言わないが、たぶん家庭科の宿題だと思うのだが…。

 すくすく育ってきたので、ツルをはわせるネットを生協で購入。早く大きくなって実をつけないかな…。

 今年は自家製ゴーヤーでゴーヤーチャンプル作るのだ!

|

June 08, 2009

消されたヘッドライン:映画

Eiga_stakeofplay  ラッセル・クロウとベン・アフレックが出ているちょっと硬派な感じのする映画。 「ジェイソン・ボーン」 シリーズのトニー・ギルロイが脚本なので気になって見にいった。

 戦争でまんまとお金儲けをする大企業の闇にせまる新聞記者役がラッセル・クロウ。 「グラディエーター」 や 「ビューティフルマインド」 の時に比べると随分太った。役作りかもしれないけどちょっとデブリすぎでしょう。でもかっこいい。

 『グッドウィル・ハンティング』 のベン・アフレックは好みでないのでノーコメント。新聞社の女編集長役のヘレン・ミレンがかっこいい。限りなく白髪に近い金髪。いいな、こういう髪。私もグレーの髪にはあこがれる。

 「消されたヘッドライン」 という邦題から、権力によって真実は隠されてしまうのか! っと別の緊張をしながら見るが、原題は「State of Play」で「現状」という意味。こっちの方が内容には合ってるな…。

 

|

June 06, 2009

友達と帰るのは欲?

Osero1  次男ガクは電車通学。近いのだが乗換えがあるので30分くらいかかる。歩いても30分くらいなので長男は途中から電車通学を止めて歩いたっけ。

 「今日は歩いて帰ってきた。」っとガク。「そう、よく道がわかったね。」、「うん、友達と帰ってきた。一時間かかった。つかれた。」

 別の日。私の帰宅する時間にガクも電車に乗っていた。大きなカバンを背負ってちょこんと座っている。「ガクちゃん、遅いね。今日は塾でしょ。」、「うん、とちゅうまで歩いてきたから。」

 「だって今日は塾だからダメじゃん、もっと早く帰らないと…。」、「うん、だけどヨクがでた。」、「ヨク?」、「友達といっしょに帰りたかったから…。」、「あーっ、欲ね。」、「友達は女の子?」、「おとこに決まってるでしょ!」、「ふーん…。」

 部活は朝練に放課後も練習。土曜も日曜もお弁当を持って部活。吹奏楽でクラリネットを吹いているのだ。練習で疲れた後も友達と歩いて帰りたいのだな。青春だなぁ…。

|

June 05, 2009

ISO9001/ISO14001審査終了

Koujicyuu  ようやくISOの審査が終わった。今年は不適合事項なし! よかった。これをもらうと後処理が面倒だし、あわただしい。

 審査員との会話。「不適合は出さないほうがいいですか? 一応、用意してきましたけど。」、「…。 根拠があるなら出してください。」

 別に威嚇した訳ではないけど不適合はなかった。推奨事項はいっぱいあるけどね。外部の人から納得のいく指摘はありがたいが、内部で直せる内容ならもらわないほうがいい。

 さて、来週は取引先がやってきて監査がある。監査ばっかり…。

|

June 04, 2009

カバンを持たずに登校

Gitasyun_2  この間、学校にお弁当を持っていくのを忘れた長男シュン。何度かケータイに電話してようやくつながり慌てて戻ってきた。

 今度はカバンを忘れて出かけた。背中にギターをしょって出かけたものの、私が駅に向かう途中で反対方向から歩いてくる。

 「どうしたの??」、「・・・。(無言で両手を挙げる。)」、「 何か忘れたの?」、「カバン忘れた…。」、「…。」、「…。」 

 しかし、もっと焦るとか、急ぐとかできないものだろうか。悠々と歩く姿に呆れた。来月あたり、ギターがもう1本増えるらしいのだが…。

|

June 03, 2009

ISO9001サーベイランス審査

Koujicyuu  今日から勤務先でISO9001のサーベイランス監査が始まりました。フォローアップ監査ともいいます。当日よりもこの日に備えて(?)内部監査をしたり、各部門と予定を調整したり会議室の手配をしたり、お弁当の手配をしたり監査に必要な書類を送ったり…っと大変だった。

 でも当日はやっぱりそれなりに大変だ。私は審査を受ける側に助け舟は出さない主義で、事務局として黙ってきいているだけ。でも 「あっ、これは勘違いしてるな…。」 っと言うときだけ補足したりする。

 初日は不適合事項ゼロ。さすがにホッとする。推奨でいろいろアドバイスはもらった。そういえば始めてISO9001を取得したのは1995年。もう14年目だ。14回も監査に立ち会っていることになる。スゴイなぁ…。

 明日からはISO14001も加わって、監査はあさってまで続く。一年の中で一番と言っていいくらいの行事だけど、だんだん緊張は薄らいできている。そりゃぁ、14年もやってればねぇ…っと改めて思う。

|

June 02, 2009

FPの継続教育

Jafp  日本FP協会に登録しているので2年で15単位の継続教育を取らないと資格が更新できない。そんなに大変なことではないけれど…。

 最初の年はよくわからなくて高い講座を申し込んで休みの日に勉強にいったりしたものだけど、毎月送られてくる雑誌 「FPジャーナル」 に継続教育が載っておりネットで受験するといいということが分かった。これなら880円の料金で3単位取れる。

 これがやっぱりお得だな。偶数月に掲載されるので会社の昼休みに3,4問づつ解く。全部解けたら家から受験。送信ボタンをポチっと押して、「合格判定」 で毎回どきどきする。こういう緊張感もいいね。

 

|

June 01, 2009

近視用メガネも買った

Kinsi  遠近両用メガネを買おうと思ったがデザインの関係でローガン用になってしまったが、予算よりかなり安く買えたので今度は近視用のメガネを買ってしまった。

 だいぶ左の目の視力が落ちていてガチャ目のせいか目が疲れて仕方がなかった。この頃はメガネが随分安く買えるようになったものだ。嬉しい!

 べっ甲のメガネが前から欲しかったが、そんな高い物は買えないのでプラスチックフレームのべっ甲色のメガネにしてみた。

 前から見るとフツーの茶色だが裏からみると結構ハデなのだ。フムフムと喜んで買い家族に自慢。フレームとレンズ込みで7,990円なんだよって。

 しかしジーンズとTシャツを着てメガネをかけると…。殆どアンジェラあきのようだ。んんんん、こういうつもりではなかったのだが。

|

« May 2009 | Main | July 2009 »