« ハリーポッターと謎のプリンス:映画 | Main | 相模湖リゾート プレジャーフォレストへ »

July 25, 2009

漏斗胸(ろうときょう)でもうすぐ金属抜く手術

Guiter  もうすぐ胸にいれてある金属のバーを抜く手術。その術前の最終検査のために長男シュンと病院へ。「またこの間みたいに待つのかなぁ。」 っとシュン。前回は予約時間を2時間近くオーバーした。

 「今日は大丈夫じゃない?」 そういいながら私は 「ハリポタ」 の7巻上をカバンに入れる。これなら時間がかかっても大丈夫。

 まず採血と採尿。続いてX線撮影。お次は肺活量の検査。その次は心電図。ようやく最後の麻酔科受診。去年の麻酔科の先生もユニークな先生だったけど、今回の先生も楽しい方だった。総じて、ここ東京女子医大はスタッフの方も先生も言い方ばかりだ。

 検査が終わり最初の形成外科へ行くと、上半身裸になって写真撮影。「オレさぁ、お母さんよりウェストくびれてるよねぇ。」、「なぐっていい?」 本当にスリム。身長175cm、体重53kg、ウェスト63cm、胸囲78cmなのだ。お肉を分けてあげたい…。

 入院の手続きのために 「入院案内」 へ移動。この病院は大部屋が少なく、基本は二人部屋。二人部屋は前回の入院で懲りたので一人部屋を希望。差額ベッド代は1日24,150円也。予納金が20万円必要なのだ。ひゃぁー!

 差額ベッド代は自己負担だけど、それ以外でも 「高額医療費」 となるので健保組合で申請をすると立替をしなくて済む。ありがたい! いよいよだなぁ、手術の夏が来る…。

|

« ハリーポッターと謎のプリンス:映画 | Main | 相模湖リゾート プレジャーフォレストへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ハリーポッターと謎のプリンス:映画 | Main | 相模湖リゾート プレジャーフォレストへ »