« July 2009 | Main | September 2009 »

August 31, 2009

キャナリーギター教室で初の発表会

Happyoukai  長男シュンが今年の4月から通っているギター教室で発表会があった。東京町屋にあるムーブホールという小ぶりだけどきれいなホールが会場。

 シュンはあまり一所懸命になるタイプではなくて、好きなギターであってもその精神は貫いたらしく、私の方が心配するくらい練習していなかったけど…。

 当日、夫を誘って二人で行くと客席はまばら。おそらく家族と演奏者しか来ていない感じ。いい会場なのにもったいないなぁ…。

 小学生や年配の方に混じってシュンも8番目の演者として登場。 麻枝准作曲の 「夏影」 という曲をスチール弦のギターで披露。なかなかよかったが、緊張しているのだろう、家では難なく弾いていたような箇所まで間違えてしまったりしていた。

 休憩時間にシュンがやってきた。「全然、前なんか見る余裕なかったよ。」、「何箇所かとちったけどいい音だったよ。」、「あー、全然ダメだったな…。」、「そう?」、「だけどメンタル面では経験したから文化祭では大丈夫かも…。」

 9月は高校の文化祭がある。シュンのおっかけとしてはまた見に行かなくちゃ…。

| | Comments (0)

August 29, 2009

花王アタックNeo使ってみた

Koujicyuu  発売当日に購入した洗剤、花王アタックNeoを使ってみた。我が家の洗濯機はNationalのNAV-82というドラム式の洗濯機。

 洗濯する時に 「わたし流」 というボタンを押して、洗濯時間とすずぎ回数、脱水時間、乾燥時間を選ぶと次からは同じ条件で洗ってくれる。

 すすぎを1回にして、出勤前にタイマーでセット。こうすれば帰る頃に洗濯が終わっている。便利な世の中だなぁ。

 で、洗濯の仕上がり具合は…。汚れ落ちは特にいつも使っている洗剤と変わりはなさそう。ただ、洗濯機の蓋を開けたときに香りが強かった。

 なんか香りが強いのかすすぎが足りないのか区別が付かない。明日は2回すすぎに戻して洗ってみよっと! 実験しているようで楽しい…。

| | Comments (0)

August 28, 2009

地獄変:芥川龍之介/カバーデザイン 泉沢光雄

Hon_jigokuhen  本をあまり読まない次男ガクが、「おかーさん、”地獄変” 買って!」 っと言う。ガクはホラー系の本は読むのできっとタイトルをどこかで知って読む気になったのだろうと推測。

 とはいえ芥川龍之介だし、さっそくクロネコ・ブックサービスで購入。しかし集英社から発行されている 「地獄変」 のカバーを見てぎょっとした。

 イマドキはこんなふうに今風のカバーデザインにして売られている。「芥川龍之介が…」 っと嘆く私は化石に近いのかもしれない。

 もちろん 「地獄変」 だけではなく、「こころ」 も 「走れメロス」 もこんな感じだ。ついていけない気がする…。でもこれで読者が増えればいいような気もする…。

| | Comments (0)

August 27, 2009

花王アタックNeo買ってみた

Neo  8月26日付けの日経新聞朝刊にどーんと宣伝が載っていた。力入ってるなぁ。仕事帰りに薬局を覗いてみると、ひっそりと置いてあった。

 確かにコンパクトな容器。400gで25回分洗濯ができると書いてある。それと商品の側に小さな冊子が置いてあるのでコレも一緒にもらった。

 すると洗濯機のすすぎを1回に設定する方法が書いてあるのでビックリ。アタックNeoはすすぎが1回というのがウリなのだけど、そういうと何人かの人が、「ウチは自動だから1回に設定するのが大変なのよ。」、「面倒だから変えたくない。」、「変えられない。」 っという声があった。

 へぇ、そんなものかしら…、っと半信半疑だったけど、この冊子にわざわざ書いてあると言うことはそういう声が事前の調査で分かっていたらしい。

 これは開発した人も驚きだったでしょうね。登場が早かったのいうことかしらん…。でもウチのドラム式洗濯機は別に設定は面倒じゃないよ! 使った感想はまた後日…。

|

August 26, 2009

チーム・マイナス6%

6 環境のことばかり集めたクイズ集を読んでいると、 「チーム・マイナス6%」 のことが載っていた。なんとウルトラマンも参加しているらしい。

 「チーム・マイナス6%」 というのは、ご存知京都議定書からくる二酸化炭素を1990年比で6%減らそうという活動だ。団体や企業だけでなく個人でも参加できることは知っていたけど、キャラクターも参加していることは知らなかった。

 ウルトラマンだけではなくてリカちゃんも参加しているし、埼玉県のキャラクター 「コバトン」 も参加しているのだ! ガチャピン、ムックもいるしシルバニアファミリーからも参加している…。

 NACSのエコプロ仲間の会議に行くと、その中の一人が 「チ ーム・マイナス6%」 のロゴが入ったシャツを着ている。去年も見たけど今年もちゃんと着て意思表明をしているのだな。

 こんなマークですよぉ! 企業の方もこんなふうに活用するといいですねぇ。かっこいいよ。

| | Comments (0)

August 25, 2009

省エネポスターが届いた

Photo  一応 「省エネ普及指導員」 なので省エネセンターからポスターが届きました。でも、毎年、夏が終わる頃に届いているような気がする。

 正直言ってあんまりインパクトのないポスターなので、こちらよりも液晶の温度計シールの方がありがたい。

 希望者には必要枚数(上限25枚)無料でくれるというので、昨年も要望したけど応募者多数につき2,3枚しかこなかった。

 今年も25枚を要望した。今年は来るかなぁ。来たら、会社の事務系のところに貼らして貰おうを思っているのだけど…。

| | Comments (0)

August 24, 2009

南極料理人:映画

Eiga_nakyoku  おそらく見ないだろうと思っていた映画なのだけど、テレビのCMで流れると夫が、「おーっ、映画化されるのか。面白いよコレ、見に行こうかな。」 っと言う。

 原作をぱらぱらと読むと南極の昭和基地から更に1000km離れた 「ドームふじ基地」 で越冬した本当の話がベースになっている。しかも話しの中心は南極での食事。こりゃ、面白そう!

 原作とはあちこち変わっており、一番変わっているのは原作者の西村氏の役を『ジェネラルルージュの凱旋』や『クライマーズハイ』 の堺雅人さんが演じていることだろう。最近、好きな俳優さんなのだ。

 その他にも生瀬勝久、きたろう などなどチョー個性的な俳優さんがいるのに皆、フツーのおっさんのようでよかった。特に きたろう のラーメンを欲する涙目は必見!

 実際にはこんなに美味しそうだったかどうかは疑問だけれど、映画の中に出てくる料理は本当にどれも美味しそう。南極でこんなものが食べられるのなら一年くらい寒いのにも耐えて住みたいくらい。

 海に近い昭和基地からさらに20日かけて到着する 「ふじ基地」。 標高は富士山より高く、気温はマイナス70℃にもなるようなところ。フツーでない極地での男たちによるほのぼのしたお話がいい映画になった。

| | Comments (0)

August 23, 2009

緑のカーテンなるか:ゴーヤー収穫

Goya9  ベランダもゴーヤー君の収穫時期がわからないうちにゴーヤー1号はオレンジ色になって落ちてしまった。

 ゴーヤー2号、3号、4号は同じ時期だったの、本日食そうと思って収穫。プランターが小さいせいか、思ったほど大きくならなかったなぁ、残念。

 しかもこれも収穫の時期が遅くって、切ってみると種が赤くなっていた。そこでゴーヤー5号を収穫。こちらはちょっと早いくらいだったかな。でもいいや、夫が酢の物を作ってくれるというのでね…。

| | Comments (0)

August 22, 2009

歌舞伎座さよなら公演、間に合った!

Kabuki  勤務先の本社が銀座にありまして、歌舞伎座のすぐ側なのです。本社に行くたびにさよなら公演のことが気になってました。

 もうすぐ改修工事が始まるとあって、歌舞伎座の前を通ると名残惜しそうに写真を撮っている方が多いのです。

 チケットはなかなか取れない…っという噂を聞いていたのでなんとなく諦めていると、生協でチケットを取り扱っている! わーいっ! っと早速申し込んでみると今日、チケットが届きました。

 ひゃぁー、嬉しいなぁ。お弁当の引き換え券とイヤホンガイドの利用券まで付いている。奮発しちゃったもんね。顔がニカニカ。久しぶりの歌舞伎座だもん、着物でも着ていこうかしらん…。

 

| | Comments (0)

August 21, 2009

ネタバレ注意 ハリポタ謎のプリンス:映画

Haripora6  このあいだ次男ガクと 「ハリ-ポッターと謎のプリンス」 を見に行ったのだけど、私の周囲に原作を読んで映画を見た人がいなくて映画の話ができない。(ネタバレになるのでこれから見ようと思っている人は飛ばしてください。)

 原作を読んでいないガクが長男に 「スネイプはやっぱり悪いヤツだったよ。」、原作を読んでるが映画は見ていない長男は、「へへっ ( こいつ何にも分かってねぇな…)。」、「シュンは映画みないの?」 っと私。「オレ、原作至上主義だからさぁ。」

 「じゃぁ、言うけどさ。ビルとフラーが出てないのよ!」、「えっ! なんで? それじゃぁ見る価値ないな。」、「そこまではないけど、ビルとフラーのエピソードを外されたのはショックだったよ。」

 「なに?なんのこと?」 っとガク。「原作読めよ。」 っとシュン。「ダンブルドアが死んじゃって全体が暗いところに、あの二人の話があるから少し救われるのにね。」、「じゃぁ、ビルは存在すらなしですか?!」、「まぁね…。(炎のゴブレッドの時の)フラーがあんまりきれいじゃなかったからなぁ。その影響かなぁ…。」

 という会話をした。シュンが憤慨しているのでルーピン先生が既に結婚していたことまでは言えなかった…。最後の7話は二部作になるから大丈夫と思うけど、屋敷しもべのドビーのエピソードと双子のエピソードが外されていたら泣くな…。

 

| | Comments (0)

August 20, 2009

ナイトミュージアム2:映画

Eiga_nm2  好きな俳優さんが出ていない映画なのだけど、1がなかなか面白かったので2も見に行ってきました。

 すると女性パイトットのアメリア・イヤハート役が、「魔法にかけられて」 のエイミー・アダムスだった。この人、こういうちょっとくどい役が似合うなぁ。

 でもでも、映画はところどころ退屈で、3回ほど記憶がない。黄金の石版を取り戻す…っというストーリーが延々続くので途中で飽きてしまった。

 んんんん。せめて好きな俳優さんが出ていれば眠ってしまうこともなかったのだが…。それともスミソニアン博物館に行ったことがないからワクワク感がなかったのかも…。

| | Comments (0)

August 18, 2009

緑のカーテンなるか:黄色くなっちゃった…

Goya9  ベランダに実ったゴーヤーだけど、なかなか大きくならないので、「やっぱり小さな鉢じゃあ、ここまでかなぁ…。」って思っていた。

 だけど、もう少しもう少しと思って収穫しなかったところ、突然、黄色くなってしまった。「ガクちゃん、ゴーヤーが…。」、「うほっ、ゴーヤー…。」

 昨日まで緑だったのに朝になったらこんな色になるなんて。「もう、とろうか。ガクちゃん。」、「だめ! このままがいい!」

 あーぁ、ゴーヤー1号くんは食べる前にこんなになってしまうなんて。でもまだまだ、2号、3号、4号…っと続いている。採るのが悪い気もするけどね。

|

August 17, 2009

花王のアタックNeoってどうなんでしょうね

Neo  『日経エコロジー9月号』 ネタ。 花王から8月29日に洗剤のアタックに新製品が出るそうな。その名は 「アタックNeo」。 どうなんでしょうねぇ。

 私は洗濯は液体派なのでちょいと興味あるなぁ。界面活性剤が65%以上でマイナス5℃でも透明のままで固化しないとか。

 繊維に残りにくいので2回のすすぎを1回に減らせるそうな。本当だろうか。すすぎを1回にすると全自動洗濯機の場合は5~50リットルの節水、ドラム式だと15~24リットル節水になるのだそうな。

 すすぎを1回にするとそれだけ時間も節約になるな。それは嬉しい。毎日、帰宅してから夜洗濯して乾燥まで終わらせるので、少しでも時間が節約できるのは助かるし、それだけ省エネにもなる。

 でも主成分はなんでしょうね。そっちの方はあまり強調していないので、変化無しかなぁ…。まぁ、発売されたら使ってみようっと。

 

| | Comments (0)

August 15, 2009

鹿児島からスイカが丸ごと送られてきた

Suika_2  毎年、子供らは夫の田舎に行くのだが今年は長男は手術だし次男は部活三昧で鹿児島にはいけなくなってしまった。

 すると夫のお母さんからどーんと贈り物が届いた。お母さんが家庭菜園で作ったナス、ゴーヤー、それにスイカ!

 「たくさん届きました、ありがとうございます。」、「スイカ割れてなかった? 私が初めて作ったのよ。」、「えっ? そうなんですか、大丈夫割れてませんよ。」、「甘かったかしらねぇ。」、「あっ、まだ食べてないので…」 っというか大きくて冷蔵庫に入らない…。

Suika2  いくつかに分けて冷蔵庫に入れる。翌朝、子供らにだす。「おばーちゃんが作ったスイカだよぉ!」、「おーっ、うまい!」、「ちょっと甘みが少ないかな。」、「ん、ちょっとそうかな、でもウマイ。」

 いつも生協で小玉スイカを買うので、こんな大きなスイカは久しぶりだ。夏って感じだな。

| | Comments (0)

August 14, 2009

漏斗胸でペクタスバー抜去術:学資保険使えず…

 3年前の長男シュン、漏斗胸のバーを挿入する時はJAの学資保険から手術給付金と入院給付金で17万円ほど出て助かった。

 ところが今回は6日間の入院なので、8日以上という契約上入院給付金は出ず、おまけにバーを抜く時は手術給付金が出ないと言われてしまった。約款の取り扱い上の注意にそう書いてあるらしいのだが、なんと約款がない!

 夫に聞くと約款なんてみたことないとのこと。長男の誕生祝いに夫のお父さんが1年分の保険料付きで契約してくれたもので、夫もその辺のことは記憶もあいまいなようだ…。

 あーぁ、結局、夫の健保組合で2万5千円を超えた部分(約7万円)は返ってくるが、差額ベッド代の16万円は持ち出しになりそう。

 とはいえ、退院後はまったくフツーに過ごしている長男を見ると、文句は言えないような気もする。退院して2週間は運動禁止だが、その後は水泳でも何でもOKとのこと。がんばれ長男!

 

| | Comments (0)

August 13, 2009

漏斗胸でペクタスバー抜去術:祝退院!

Cake  長男シュンの手術の経過がよくて手術後5日で抜糸して、その日に退院することに。予定より1日早いので、私は仕事がつまっていて迎えにいけない…。夫が休みを取ってくれるというので、おまかせした。(おいしいところを持って行かれた感じが…。)

 限度額認定書を提出したものの、保険適用部分は限度額を超えておらず全額窓口で支払うことになってしまった。

 「会社で2万5千円以上はかからない、っと言われましたが…。」 っと夫。結局、限度額と会社の上限金額は違い、会社での上限金額を超えた部分は会計窓口で支払うが、後からもどってくるとのこと。ややこしいなぁ。

 そんなこんなで1時間くらいロスしてしまったらしいが、その足で、二人で御茶ノ水へ行き、カレーを食べ楽器屋へ行ったらしい。とても退院日の行動とは思えない。

 「退院祝いにケーキ買ってきたよ。またおまけしてもらっちゃた!」、「あざっす!」、「元気そうだね。」、「うぃっす!」 はぁ、夏のビッグイベントが終わった…。

| | Comments (0)

August 12, 2009

限度額適用認定書

Gendogaku  長男シュンが手術して約1週間入院するので、「健康保険限度額適用認定書」というものを初めて使った。

 これは高額な療養費の自己負担を限度額を超えた分は、窓口で払わなくてよくなるもの。前は、一度払ってから後で戻してもらったけれど、事前にこの認定書を見せると立て替えなくていいので助かる。

 確か3年前の入院の時は2週間くらい入院したせいもあるけれど、予納金とあわせると50万円以上払っている。

 限度額は加入している所得や加入している健康保険組合によって違うらしい。保険適用の医療費だけで、食事負担金や差額ベッド代、診断書などは含まれないけれど、随分助かる。いやぁ、サラリーマンってありがたいわぁ。

| | Comments (0)

August 11, 2009

緑のカーテンなるか:チビゴーヤー続々

Goya8_2  ひとつだけだったゴーヤーに仲間が出来た。小さいゴーヤーが3つ。これで全部で4つ生った。ぐんぐん大きくなる姿がとても可愛い。

 「ガクちゃん、ゴーヤーが増えてるよ!」、「うわっ、ホントだ。」、「水をあげないと葉っぱが下向いてるよ。」、「あっ、部活いかなきゃ! おかーさん、水お願いします。」、「…。」

 私、植物育てるのは苦手なんだけどなぁ。枯らしそう…。

| | Comments (0)

August 09, 2009

漏斗胸でペクタスバー抜去術:快復へ

Nyuin4  スイカを持ってお見舞い。病院食がイヤなだけで食欲は出てきた様子。「スイカ持ってきたよぉ。食べる?」、「おーっ、食べる!」

 体を起こすと辛そうだけどスイカは美味しそうに食べる。昼食もカレーライスだったせいか、ほぼ完食。「食欲も出てるじゃない。よかったね。」、「いや、食欲はあるんだよ。ここのメシがまずいんだよ。カレーはうまかった。」

 3時ごろになると「腹減った。カップ麺食べていいかな。」、「何食べてもいいって言ってたから大丈夫だと思うけど…。」 1階の売店まで買出し。これまた完食。

 お昼頃はトイレに立つのも辛そうだったのに、食べるとどんどん元気が出てくる。夕食のサンマの塩焼きとご飯も食べる。「このサンマはうまい。メシも食える。切干大根の煮付けはパス!」 我がままの言い放題だな。

 術後の経過がいいので5日後に抜糸をするという。後は体力を戻して退院だぁ! (写真は病室の窓から見た風景。新宿副都心が見える。)

| | Comments (2)

August 08, 2009

漏斗胸でペクタスバー抜去術:バーを記念に

Nyuin3  「はい、無事に終わりましたよ。」、「あっ、ありがとうございます!」、「これがバーが入っているときの写真で、こっちが抜いた後の写真。」

 「右の方が少しバーにひっかかってましたけど、問題ないですよ。」、「そうですか。」、「これが抜いたバーです。どうぞ、記念に。」、「…。案外、小さいですね。」

 バーを入れた時は ICU に一晩泊まったけど、今回は術後30分ほどしたらもう病室に戻ってくると言う。痛み止めもしないし、随分ちがうな。

 でも帰ってきたシュンは当然ながら憔悴した感じだった。麻酔から覚めても殆ど眠ったまま。夫が見舞いにきた6時くらいになってようやく、元気が出てきた。

 「夕飯は重湯とスープだよ。少しでも食べて体力快復しなきゃ。」、「昨日から殆ど食ってないんだよね、オレ。」、「そうそう、食べて」、「…。でも、まずいんですけど…。ウィーダーインゼリー食っていいかな。」、「いいって言ってたよ。」 ようやくお腹に少しは食べ物が入り、少しずつ快復。

 「んじゃね、また明日くるから!」、「うぃっす。」 よかったなぁ、手術が無事終わって、後は快復を待つのみか?! 明日から食事の差し入れをしようっと!

| | Comments (0)

August 07, 2009

漏斗胸でペクタスバー抜去術:当日

Byouin  朝の8時50分から手術だというので、次男ガクのお弁当を作ってあたふたを出かける。もう、この病院にも通いなれたなぁ。部屋に行くと、シュンが未だ寝ている。

 「シュン、もうそろそろ起きなきゃ!」、「あー、うーん。何度か起きたけど、また寝た。」、「歯磨きした?」、「まだ。」

 5分前に看護士さんが呼びに来る。この病院ではないけれど患者取り違いの事件が新聞をにぎわしたことがあったせいか、本人確認をしつこく行う。

 手術服に着替え一人で手術室へ向かうシュンに、じゃぁね、と手を振る。全身麻酔だもんなぁ。これが見納めにならなきゃいいよなぁ…、っと複雑な思いで病室へ戻る。

 何もしないと気分がめいるので、デイルームで仕事をする。会社のモバイルパソコンを持ってきたので、これでメール仕事は出来る。一通りメールチェックが終わり部屋に戻ると、「手術終わりましたから、手術ルームの方へ言ってください。」 っと言われる。

 一時間半くらい経っている。結果はどうなの? 結論を言ってよね! っと胸の中でつぶやきながら2階の手術ルームへ移動…。果たして…。

| | Comments (0)

August 06, 2009

漏斗胸でペクタスバー抜去術

Nyuin1  いよいよ長男シュンの胸に入れた金属のバーを抜く手術。正式には 「ペクタスバー抜去術」 というらしい。手術の同意書に書いてあった。

 前日に入院。次男ガクも連れて、3人で病院へ。いつもの外来棟とは違う中央病棟。3年ぶりだなぁ。入院の手続きの場所や売店、ナースセンターなどなど、結構、覚えているものだ。

 「ここが差額ベッド代2万4千円の部屋ですよ。」、「そうすね。」 着いて早々に子供らをデイルームに追い出して病室の掃除。シュンはホコリアレルギーがあって、3年前も鼻水が止まらなくなり困った。

Nyuin2  掃除をすると、明日の手術の説明があるまで特にすることがない。部屋に備え付けのイスは簡易ベッドになるので、ちょいと昼寝。ガクはデイルームでゲーム。

 夕食の用意が出来たので取りに行くと案の定、シュンの食欲をそそるようなものがない。「これはヒドイでしょう。福神漬け食べちゃったよ。」、「食べるほうが悪い。見りゃ分かるでしょう。」、「ご飯もまずい。ぐちゃぐちゃ。」、「病院だからね。ウチのご飯は固めなのよ。」、「でもやわらかいのに乾燥してるんですけど…。」

 と言う会話をして結局、殆ど残してしまった。食事制限がないのだから、もう少し、見た目にも美味しそうにしてくれるといいのになぁ…。

|

August 05, 2009

かいじゅうたちのいるところ:モーリス・センダック

Hon_kaiju  映画 「サマーウォーズ」 を見に行ったときに、なにやら気になる予告があった。眠っている男の子が角のある怪物に抱かれている…。

 隣に座っていた長男が何か言いかける。さらに予告が流れて私も気が付いた。モーリス・センダックの絵本「かいじゅうたちのいるところ」 の映画化。しかも実写版だ!

 絵本の中の怪獣たちがスクリーンに現れた。すごい! 私も大好きだが子供たちも大好きな絵本で、何度も読み聞かせたっけ。

 だけど、この話を2時間近くの映画にできるのか。絵本の中にはセリフの全くないページがある。男の子が怪獣たちと遊んでいるシーンだ。ここを思いっきり楽しく映像にして欲しいな。ちょっとした冒険なんかもあったらいいな。

 楽しみだなぁ。監督はスパイク・ジョーンズ。なんと映画 「マルコビッチの穴」 を撮った人。こりゃまた楽しみ…。

| | Comments (0)

August 04, 2009

そんな彼なら捨てちゃえば?:映画

Eiga_heisijustnotnotthatintoyou  映画の日に1000円で見た映画。あまり期待はしていなかったのだけど、大好きなドリュー・バリモアとスカーレット・ヨハンソンが出ているので、それだけでもいいさ、と思い見たのだけど…。

 よかったぁ! すごくいい! ガールズ・トーク映画なので、もう私には関係ないような気もするけど、ひとつひとつのエピソードが面白い。

 常に彼氏を募集中のジジ(ジェニファー・グッドウィン)に、友人として女の勘違いを一刀両断するアレックス(ジャスティン・ロング)がいい。 『ダイハード4』 に出てたのか、イメージ変わったな。

 運命の人にどんどん押し捲るアンナ(スカーレット・ヨハンソン)ちゃんがきれい! 『モンタナの風に抱かれて』 の頃はあんなに子供だったのに、こんなにセクシー女優になったなんて、アタシは嬉しいよ。ファンでいてよかった。

 ドリュー・バリモアがもっといっぱい出番があるとよかったのに。ジジの役をとっちゃってもよかったように思うけど、D・バリモアは製作の方で忙しいということね。これまた残念。まだまだラブストーリーのヒロインでいけると思うよ。もう一度みたい映画。

| | Comments (0)

August 03, 2009

サマーウォーズ:映画

Eiga_summerwars  いやいや面白かった! 子供にせがまれていそいそと出かけた映画だったけど、絵もきれいだし、動きもいいし、ストーリーも面白い。

 オズという仮想世界に人工知能のハッカーが入り、人のアカウントを勝手に盗み、JRの運行、水道の水圧、道路の信号などを自在にあやつりサイバーテロを起こすというもの。そこに、旧家にバイト出かかけた高校生の健二と旧家の一族がハッカーに立ち向かう!

 旧家の親戚一同が集まるシーンが楽しい。夫の実家もそんな感じだ。脇役人も誰もが魅力的に描かれており楽しい。

 特に旧家の当主、陣内栄おばあちゃんが人間味があっていい。ネットやデジタルの時代であっても、肝心なところは人と人とのコミュニケーションが大事なのねぇ…っとほのぼの思う。

 子供らには内緒でもう一度見にいこうかな。

| | Comments (0)

August 01, 2009

緑のカーテンなるか:だんだん大きくなるゴーヤー

Goya7_2  一日経つときっぱり一日分大きくなるゴーヤー。植物ってすごいなぁ。

 小さいプランターなので土が少ないせいか、花はたくさん咲くのに実がならない。

 1個しか生らないのか…、と思った頃に小さいのを3個発見。

 最初のもぐぐっと大きくなってきた。最初はあんなに小さかったんだなぁ。

|

« July 2009 | Main | September 2009 »