« 緑のカーテンなるか:ゴーヤー収穫 | Main | 省エネポスターが届いた »

August 24, 2009

南極料理人:映画

Eiga_nakyoku  おそらく見ないだろうと思っていた映画なのだけど、テレビのCMで流れると夫が、「おーっ、映画化されるのか。面白いよコレ、見に行こうかな。」 っと言う。

 原作をぱらぱらと読むと南極の昭和基地から更に1000km離れた 「ドームふじ基地」 で越冬した本当の話がベースになっている。しかも話しの中心は南極での食事。こりゃ、面白そう!

 原作とはあちこち変わっており、一番変わっているのは原作者の西村氏の役を『ジェネラルルージュの凱旋』や『クライマーズハイ』 の堺雅人さんが演じていることだろう。最近、好きな俳優さんなのだ。

 その他にも生瀬勝久、きたろう などなどチョー個性的な俳優さんがいるのに皆、フツーのおっさんのようでよかった。特に きたろう のラーメンを欲する涙目は必見!

 実際にはこんなに美味しそうだったかどうかは疑問だけれど、映画の中に出てくる料理は本当にどれも美味しそう。南極でこんなものが食べられるのなら一年くらい寒いのにも耐えて住みたいくらい。

 海に近い昭和基地からさらに20日かけて到着する 「ふじ基地」。 標高は富士山より高く、気温はマイナス70℃にもなるようなところ。フツーでない極地での男たちによるほのぼのしたお話がいい映画になった。

|

« 緑のカーテンなるか:ゴーヤー収穫 | Main | 省エネポスターが届いた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 緑のカーテンなるか:ゴーヤー収穫 | Main | 省エネポスターが届いた »