« 歌舞伎座でさよなら公演はイヤホンガイドでもっと楽しい | Main | 歌舞伎検定って知ってる? »

September 30, 2009

歌舞伎座でさよなら公演は着物を着られて楽しい

Kabuki_2  3つ目は「お祭り」。豪華な顔ぶれがそろって舞台で踊る。若い衆がジャニーズ張りにくるくる回転し、思わず拍手! これまたよかった。

 最後は「河内山」。嫁入り前の腰元を妾にしたがる出雲守。娘を取り返すために送られてきた河内山。最後は高笑いして帰って行く。河内山を松本幸四郎が演じた。

 11時に始まって休憩を入れて終わったのは4時。朝から着物を着付けて出かけたので、これだけで一日が終わってしまった。

 着物を着るときはまず、顔と髪を作ってから着付けに入る。口紅だけは着付けが終わってから。着物に負けないようにいつもより濃い目に化粧をして、目元にも赤っぽいシャドーをいれる。

 「あの、目の周りが赤いけど。」っと長男。「それに顔の表面がいつもより濃いというか厚いというか・・・。」、「ミュージシャンにいるよね、そういうメイクの人。デーモン小暮だっけ?」、「…。」

 でもいい一日だったな。やっぱり、また行きたい!

|

« 歌舞伎座でさよなら公演はイヤホンガイドでもっと楽しい | Main | 歌舞伎検定って知ってる? »

Comments

楽しかったようですね。今度ぜひご一緒しましょう。私も着物を着ていこうかな。ふささんみたいに一人で着られるといいのだけど。

Posted by: けめ | October 06, 2009 at 09:20 PM

けめさん、こんにちは。以前にも増して忙しそうですねぇ…。体調気をつけてね。
歌舞伎は楽しかったなぁ。やっぱり知ってる話しだといいですね、寝なくて…。ホント、一緒にいきたいですね。
着付けは私の場合、一生美容院で着付けてもらってもお釣りが来るくらいにお金かけましたので! でもその割にはお太鼓と二重太鼓しかもうできないの…。トホホ。

Posted by: ふさ | October 07, 2009 at 08:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 歌舞伎座でさよなら公演はイヤホンガイドでもっと楽しい | Main | 歌舞伎検定って知ってる? »