« あなたは私の婿になる:映画 | Main | レゴブロックで遊ぶとなんとなく楽しい »

October 29, 2009

お兄ちゃんはツライよ

Koujicyuu  大雨の日。次男ガクはいつものように朝の6時半に家を出て部活へ。すると、玄関に脱ぎ捨ててあった上着のポケットに電車の通学定期券があった。

 「ガクちゃん、また定期忘れたよ!」、「オレが持っていったほうがいいのかなぁ。」 っと言って長男シュンも急いで雨の中 駅へ…。私と夫は会社に遅れないように支度に忙しい。

 無事、定期券を渡せたかなぁ、っと思っているとシュンがずぶぬれになって帰ってきた。「そのまま学校に行ったんじゃないの? こんな雨の中帰ってきて…。」 っとびっくりして言う。

 「そうだよ、オレの考えが足りないんだよ。びしょびしょだよ!」 っと言って濡れた靴下を床に叩きつけた。「あの、えと、雨の中、かわいそうに、って思って言っただけだよ…。」、「…。」

 ガクに定期を渡さなくちゃっと思い、自分の支度を後回しにして駅へ向かったらしい。「オレ、歯も磨いてないし…。」 そうだったのか…。てっきりそのまま学校へ行ったのかと思っていた…。すまぬ、すまぬ…。

 ガクが夜帰宅した。「お兄ちゃんにありがとうって言った?」 っと言うと 「ちゃんといったヨ。」 と悪びれた様子もない。そこへシュンがやってきて、「おまえいいかげんにしろよな。お前のせいでお母さんに八つ当たりしちゃったじゃないか。」、「そうそう、八つ当たりされちゃったよ。」、「ごめんなさい…。」 まぁ、とにかく仲のいい兄弟でよかった。

|

« あなたは私の婿になる:映画 | Main | レゴブロックで遊ぶとなんとなく楽しい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« あなたは私の婿になる:映画 | Main | レゴブロックで遊ぶとなんとなく楽しい »