« フジテレビの地下で六フッ化硫黄と遭遇? | Main | エコプロダクツ2009に行こう! »

November 18, 2009

ゼロの焦点:映画 松本清張生誕100年記念作品

Eiga_zero  この頃気になる女優さん、木村多江が出ている。この地味に綺麗で幸薄そうな彼女がどうもこの頃気になる。 「沈まぬ太陽」 にも未亡人役ででていた。

 映画を見る前に原作を読んで予習しておいた。面白いのだけど、何しろ推理小説の古典だ。時代も昭和30年くらいだし、これを今どうやって映画として見せるのかが気になった。

 しかし杞憂だった。やっぱり原作と脚本がいいので時代を超えて面白い。しかも原作をなぞるだけでなく、日本初の女性市長候補の話しを映画用に加えることで、室田佐知子(中谷美紀)の人柄を表すことができたと思う。それに原作同様に犯人が分かってからも面白いのだ。

 中谷美紀はあまり好きな女優さんではなかったのだけど、この映画を見て好きになった。きれいなだけでなくこういう演技もできる人だったんだ! って…。

 しかしやっぱり木村多江がいいので、これからはもっと嫌な女の役や美貌の奥様役なんかで映画に出て欲しいなぁ。

|

« フジテレビの地下で六フッ化硫黄と遭遇? | Main | エコプロダクツ2009に行こう! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フジテレビの地下で六フッ化硫黄と遭遇? | Main | エコプロダクツ2009に行こう! »