« ユーキャンの広告継続 | Main | 私の中のあなた 下:書籍 »

January 26, 2010

AVATAR アバター:映画3D

Eiga_avatar   好きな俳優さんが出ていないので見ないつもりだったのだけど、「よかったよぉ。」 っという人もいて結局3Dで見てしまった。

 好きな俳優さんが出ていない映画はそれだけで面白さが半減してしまうのだ、私の場合。でもシガニー・ウィバーが出ていた。彼女は好きだ。しかも、ナント、セミヌードシーンまであった! 驚いたのなんのって…。

 で、映画は結局、予告のとおりだった。時は西暦2154年。地球から5光年離れた星の巨大なエネルギー資源を求める地球人。大気は高濃度の二酸化炭素を含むことや、自然を愛する種族に取り入るためにアバターを使って接触を図るが…。

 衛星パンドラの様子がどうしても 「ナウシカ」 に出てくる腐海に見える。聖なる木の精が 「もののけ姫」 の木霊とかぶる。飛行生物バンシーに乗って空をかける首長の娘は、顔は似てないけれどナウシカの設定だし、空中に浮くハレルヤ・マウンテンは、「天空の城ラピュタ」 を連想する。

 オリジナルの映画というが、どうも日本のアニメを連想してしまって、だんだんと可笑しくなる。宮崎駿さんの影響はスゴイ…。

 もっと、未来の地球では資源、自然のない状況を背景に持ってくるとかすると良かったのかもしれない。150年後の話の割には飛行技術が進んでいるだけで、戦争も相変わらずだし、ものの価値観が変わっていないように思ったのだが…。

|

« ユーキャンの広告継続 | Main | 私の中のあなた 下:書籍 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ユーキャンの広告継続 | Main | 私の中のあなた 下:書籍 »