« 失踪事件のその後は… | Main | 食べものはみんな生きていた:書籍 山下惣一 »

February 17, 2010

今年もバレンタインが終わった…

Koujicyuu  毎年バレンタインというと長男シュンは荒れている。背も高く、結構イケメン(?)なんじゃないか…っと親ばかな私は思うのだけど、もてない。中身がアキバ系だからだというだけの理由ではないと思う。

 毎年、母ちゃんチョコ一つなのだ。いいじゃないか、母ちゃんチョコ。誰よりも愛情いっぱいなのだ。だけど、子供たちが愛読している週刊 「少年ジャンプ」 を読むと、母ちゃんチョコをネタにした話題がいっぱいだ。いいじゃないか。

 そのシュンがにこにことしてバンドの練習から帰ってきた。手にはチョコを持って。「バンドのボーカルが女の子でさぁ、その子がみんなにくれたんだよ。」 かわいくラッピングしてあるものの中身はキットカットとチロルチョコ。

 「どうみても義理チョコじゃん!」 っと言いたいところだけど、あんまり嬉しそうな顔をしているので言うのを止めた。そんなに嬉しそうに美味しそうにチョコを食べる男子も珍しい。男の子にとってバレンタインは大変な日なのねぇ…。 

|

« 失踪事件のその後は… | Main | 食べものはみんな生きていた:書籍 山下惣一 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 失踪事件のその後は… | Main | 食べものはみんな生きていた:書籍 山下惣一 »