« カードのポイント交換って面倒! | Main | 殺人課刑事:本 アーサー・ヘイリー »

March 28, 2010

NINE:映画 ニコール・キッドマンに惹かれてみたけど

Eiga_nine  割引券をもらったし、『コールド・マウンテン』 、『ザ・インタープリター』 、『奥様は魔女』、『ライラの冒険』 などなどの人間離れした美しさのニコール・キッドマン目当てだった。

 イタリアの有名映画監督が、9作目(NINE)の映画をとるのだけど、タイトル以外は全く決まっておらず、アイデアも浮かばず、苦悩しながら子供時代を思い出したり、愛人に逃げたり…っというお話し。

 唄と踊りがいっぱいなのだけど、たぶん私は一度もニコリともしなかったと思う。同じロブ・マーシャル監督の 『シカゴ』 は見終わった後でも興奮で目も顔をニカニカ、ギラギラしていた。

 でも『NINE』は途中で眠くなった…。なぜか?! ストーリーがないからでしょう。 映画はストーリだけじゃないことは分かっているけど、基本線のストーリーなくして唄と踊りだけあったって全然面白くない。美女のカラオケ大会じゃないんだからさぁ…。

 だけど監督のママ役のソフィア・ローレンはよかった。そこにいるだけでオーラがある。キッドマンもきれいだし、ペネロペ・クルスもお色気たっぷりに踊っているのに眠い。許せん!

|

« カードのポイント交換って面倒! | Main | 殺人課刑事:本 アーサー・ヘイリー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« カードのポイント交換って面倒! | Main | 殺人課刑事:本 アーサー・ヘイリー »